FC2ブログ

つかつく砂吐き推進委員です。ヨロシクお願いいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベンジ 12

必死だった。
この女を手に入れたくて。
俺が悪いのはわかってる。
もう、コイビト、なんつー関係じゃねー事もわかってる。
でも、どうしてもどうしても欲しくて。
自分勝手な論理で牧野を言いくるめた。

「ごめん・・・」
小さく囁くと、肩がピクリと震えた。
肩口に顔をうずめると、シーツから香ったのと同じ甘い香り。
ちくしょう。
ムラムラきやがる。
軽い身体を抱き直す。
「ちいせーな。お前」
なんかもごもご言ってる声がするが、強く抱きこんだせいでよく聞こえない。
多分やめろとか離せとか言ってんだろ。
残念、聞こえねぇ。
顎に手をかけて、無理矢理みたいに上を向かせた。
「牧野、キスしていい?」
「絶対ダメ」
相変わらずの即答に、小さく笑って顔を傾ける。
「こえーよ、睨むな」
「ダメ、やめなさいっ!そんな事したら舌噛んでやるから!」
「古風だな」
「あんたのよっ!」
ギリッ・・・と睨んでくる目にちょっと考えたが。
衝動は抑えられなくて。
「・・・・っや!」
そのまま唇をくっつけた。
ぷに、みてぇなふわ、みてぇな。
毒ばっかり吐くくせに、やわらかくてあったかい、優しい感触。
やっぱすっげ気持ちいい。
ゾクリと、背筋を伝って脳にぶち込まれる快感。
同時に、胸のとこに溢れる泣きたくなるほどの幸福感。
なんだろうな、こりゃ。
記憶はなくても身体は覚えてるとかってやつなのか?

「んんんんんんんっ!んんんんっ!!」
クソ、しっかし、色気ねぇ。
「目、つぶれよ」
くちびるを触れさせながら言ってやったら、もっと派手にんーんー言い出した。
キスしてるっつーのに、でかい目でギリギリ睨んできやがって。
果たし合いかっつーの。
固くこわばった身体。
逃れようと必死に突っ張る腕。
バカ女。
そんなにイヤなのかよ。
「なあ、牧野」
くちびるを、甘噛みしながら眼を合わせた。
「抵抗されると、余計興奮すんだけど」
低く笑って、更にでかくなった目にくちづけた。

反射で目がぎゅっと閉じる。
くすぐったい睫毛を感じて頬を辿り
また唇に戻る。
ずっとくっついていたいこのまま。
何度も何度も、舌でなぞった。あまいくちびる。
熱をもつほど弄って、軽く噛みつくと細い身体が身じろぐ。
たまんねぇ。
「ど・・・・」
文句を言いかけた隙間から、するりと中に入り込んだ。
「噛みつくなよ?」


1分後、ヒリつく舌を押さえてうずくまる。
多分大丈夫だろう、なんたって恋人同士っつー事がわかったんだし、と、賭ける気持で舌を押しこんだら、あっさり負けた。
闘犬女は、キスされながらも終始ごもごも文句を言い、ムードのない事この上なく、終いには宣言通り舌に噛みつきやがった。
っつーか、殺す気かよ!
「勝手にキスしないでって何回言ったらわかるの!!あたしはね」
「『あんたが遊んでるような女の人とは違うんだから』?・・・・・遊んでなんかねーよ」
舌がヒリヒリして喋りづれぇ。
「へー、じゃあ本気なんだ。ずいぶん親密そうでしたもんねー」
「ぁあ?てめ、気持ち悪りぃ事言ってんじゃねぇよ」
「だってホントだもん」
牧野はプイと目をそらした。
「あんたが誰と何しようが知らないけどね、あたしに勝手な事すんなバカ」
「キスしていいか聞いたじゃねーか」
「ダメって言ったでしょ!しかも舌まで入れてきやがって!このドアホ!」
真っ赤になって怒る牧野はスゲーかわいい。
「んだよ。カマトトぶんなよな。してたろ?俺と、そーゆーの」
「そんな事してない!」
横を向いたままの顔を覗きこんだ。
「マジで?」
答えねぇし。
「いったい俺たちどんな付き合いっつーのしてた訳?」
答えろよ、これ一番重要なんだから。
じっと答えを待ってたら、牧野はあちこち目を泳がせてから
「て、手も握ってません」
とか言いやがった。
「ウソつくなっつーの」
笑いながら牧野をもっかい腕の中に閉じ込める。
「なあ」
牧野とくっついてるとヘンな気分になる。
このまま押し倒しちまいてー気持ちと、そっと大切に守っていたい気持ちと。
半分ずつ。
「お前も教えろよ、俺らの事」
「ヤダよ。皆に聞いたならいいじゃん」
「聞いた。スゲーな、俺ら。よく次から次へとあんだけあるな」
「ほんと、嵐の中にいたみたいだったよ、あの頃。・・・・全部信じるの?」
「実感わかねーけどな。ウソだとは思わねぇ」

胸の中で牧野の頬が、緩むのを感じた。
耳元に唇を滑らせて、大きく息を吸い込むと甘い匂いにくらくらする。

「好きだ」

低く呟くと、肩がピクリと揺れた。

「お前が好きだ」

くちびるを落としていく。
髪に
頬に
まぶたに
ちゅ
ちゅ
と小さく音が鳴って小さく笑った。

「なあ、どうすればまた俺を好きになる?」
「・・・・ならないって言ったじゃん」
かわいくねぇ。
生意気な口を、もう一度塞いでやろうかと思ったが、ヒリつく舌の痛みに思いとどまった。
「ほんとかわいくねぇな」
代わりに耳の裏の柔らかいところにキツく吸いついてやった。
ビクンと跳ねて暴れようとする牧野を押さえこんで。
「・・っ・・・やだ、痛い!何してんのよ!」
「マーキング」
ちょっとだけ腕を緩めて、紅く咲いた所有印を指でなぞる。

ドフッ!

「・・・・ぐえふ・・・」
胃に・・・胃に入った。
ちくしょう、油断ならねぇこの女。
ちょっとでも隙がありゃあ反撃してきやがって。
カワイクねぇカワイクねぇカワイクねぇ。
カワイクねぇ…で
ふ・・・・・と思いだした。
こないだの夜の、俺に抱かれながら、『前の彼氏』に向かって笑った
溶けちまいそうな表情と甘い声。

もっかい、アレ見れんのか?

コイツがもっかい俺のモンになったら、そしたら。

多分俺はめちゃくちゃ物欲しげで。
したら牧野の携帯が鳴りだした。
「もしもし、あ、花沢類?」
う?・・・笑ってんじゃねーよ!
・・・・・あったまくんなぁ

うん、うん、と話してる表情が気にくわねー。
俺の前でそんな顔見たことねー。
あいつらの話だと、牧野は最初、類を好きだったらしいし。
ここ一年もべったりだったらしいし。
気にくわねーな。
ムカムカする。

牧野がちらっとこっち見た。
「うん、じゃあいっしょに帰る。え?うん。何にも。じゃあね、うん」
パタンと携帯を折って肩をすくめる。
「もう飲み始めてるって。早く帰って来いって、皆が言ってるって」
「あいつら人んちで勝手しやがって」
立ち上がって牧野に手を出した。
「ほら、いつまで地べた座ってんだよ。行くぞ」
「あんたのせいで動けなかったんでしょーが」
文句を言いながらも掴まってくる牧野の手を、ぎゅっと握って。
すぐに払われた。

くそ。



            13へ



0574.gif


コメント
坊ちゃん、ムチュ~~♪
つくしちゃんも、そろそろ いいんじゃない?
もう、意地張らなくても・・・
こ~~んなに、坊ちゃん頑張ってるのに。
ん?まだそんなに頑張ってないか。
う~ん、そうだなぁ。
熱海くらい?の頑張り??
ってことは、まだまだ先は長いなぁ・・・

相変わらず類には素直だしねぇ・・・

それにしても・・・キスする時に舌に噛み付くのはヤメよう。
いくら、抵抗あっても・・・
話途中で、坊ちゃんの舌が噛み切られて残念でした FINみたいな終わり方になっちゃったら困るもん ヾ(>ε<。ヾ)゚゜・
た・・・たしかに、チュゥ~chu~チュッチュと あまりやられるのも
嫌なときにはウザいかもしれないけど・・・
2009/10/07(水) 15:00 | URL | ちふゆ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/10/07(水) 16:31 | | #[ 編集]
気になって…
つくしちゃんの事が気になって仕方がない坊っちゃんのように、このお話の続きが気になってストーカーのように毎日更新チェックしています(笑)
坊っちゃんの記憶はいつになったら戻るのか?
戻らなくても司は全然平気そうですが。

記憶がない方が大胆だったりして。
2009/10/07(水) 17:01 | URL | shu #-[ 編集]
ちふゆさま
熱海っ!
クルーザー、船上パーティー、初ちゅーv-238
そうですね、熱海の時の坊ちゃんの頑張りって…ストパー?
イカ釣り?(笑)
わ~懐かしい。
2009/10/07(水) 17:02 | URL | とば #-[ 編集]
細胞
細胞がおぼえてる、司君何があってもつくしちゃんなんですねなにがあってもどこにいっても、お前だけってか...そんなふうに惚れられたい。 毎日更新ありがとうございますスゴク楽しみにしています。
2009/10/07(水) 21:26 | URL | yoshiyoshi #-[ 編集]
いろはさま
コメントありがとうございます。
坊ちゃんの怒涛のストーキングが始まりました。
つくし大迷惑。
2009/10/08(木) 06:15 | URL | とば #-[ 編集]
shuさま
コメントありがとうございます。
ホントだ。記憶がないほうが大胆ですね。
嫌われる心配がないから?←もう嫌われてるし。
2009/10/08(木) 06:19 | URL | とば #-[ 編集]
yoshiyoshiさま
コメントありがとうございます。
なかなか進まない展開にじれったいのでは…・ははは。
もう少し、続くのでヨロシクお願いします。
2009/10/08(木) 06:25 | URL | とば #-[ 編集]
fight!
こんにちは!

司坊ちゃん、fight!って感じです。

つくし、過去にこだわり過ぎるな…思い出も大事だが
今、これからだろう
どちらにも気持ちがなのならしょうがないけど
そうじゃないんだから、頑なになり過ぎると後悔するぞ

坊ちゃんがF3がT3が、つくしの心をどう解きほぐすのか楽しみじゃ。
このまま、ゴリゴリ押し捲り?司坊ちゃん!

ところでこの「リベンジ」で記憶は戻るの?
そのような兆しが見えないので……
二度惚れしたままhappy end?(happyじゃないend?)
それはやっぱ、創作上の企業秘密?

いずれにしろ、続き楽しみにしています。

    では、また・・・。e-463
2009/10/08(木) 11:33 | URL | magenta #-[ 編集]
こんにちわ
読んでいて、笑ったり、切なくなったり
とばさんワールド好きです。v-10

司くん、少しつくしのこと考えてやってと思ってしまった。
つくしちゃんも、頑固だからな・・・
素直になったら面白いのに・・・
続きのUPがすごく楽しみです。
2009/10/08(木) 14:56 | URL | つゆかノエル #STO9711o[ 編集]
magentaさま
magentaさん!忘れちゃいけない!
坊ちゃんはつくしの目の前で他の女と、ち・ちゅーしたんですよ!
簡単に許すものか~!
はぁはぁ、興奮しすぎ。
先が見えなくてスイマセン。
もうしばらくお付き合いください。
2009/10/09(金) 10:44 | URL | とば #-[ 編集]
つゆかノエルさま
ありがとうございます。
ホロリ。
元気でます。
坊ちゃんホントにね!
やりたいほーだいなんだから。
リベンジ12なんてずっとつくしに触ってるか、ちゅーしてるかですよ!
もう!
2009/10/09(金) 10:53 | URL | とば #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。