FC2ブログ

つかつく砂吐き推進委員です。ヨロシクお願いいたします。

リベンジ 6

「つくしちゃんっ!ただいまっ!」
「おねーさんっ!!おかえりなさいっっ!」
がっちり抱き合うねーちゃんと牧野。
「大丈夫だった?つくしちゃん。司が何かしなかった?」
「ぐ・・・ぐぇ・・・くる・・・」
「ねーちゃん牧野オチそうだぜ」
「あっ!ごめ~ん!大丈夫?」
慌てて牧野を放したねーちゃんが、こっちをジロリと睨んできた。
「つくしちゃんを苛めてないでしょうね!」
「しねーよ!」
なんでどいつもこいつも同じこと言うんだよ。
ね―ちゃんは自分で振っときながら、牧野にもう夢中で
「つくしちゃん、お土産あるのよ。私の部屋に来て?」
「あのでも」
すごくかわいいワンピース見つけたの。
似合うと思うわ~、とか言いながら。
あっという間に連れて行っちまった。
なんだよっ!
2週間ぶりに会ったのに弟より牧野なのかよ!
どんなVIPだよ!
ってか牧野は俺の補佐なんだから、勝手に連れてってんじゃねーよ!

追いかけようとしたらタマが入って来て
「三条様がお見えです」
と言った。
「三条?」
何の用だ?
「リビングでお待ちですよ」

部屋に入ると三条が居て。
人形みてえな顔でにっこり笑った。
「こんにちは、道明寺さん」
「おう」
「牧野先輩は?」
「ねーちゃんの部屋」
「ちょうどいいですね」
「は?ってか珍しいな、お前一人で俺んち来んの。何か用かよ」
「用ですよ。・・・・・・・先輩・・・どうですか?あれから」
「あれから?あれからって何だよ」
「この前、花沢さんと一緒に帰ってからですけど」
「どうってフツー」
三条は、少しの間視線を落として何か考えているようだったが、ゆっくりと顔を上げて話し始めた。



牧野先輩の事なんですけど。
先輩、高2の時、すごい大恋愛したんです。
その相手の人、道明寺さんに良く似てる人で。
いろいろあって結局1年前にお別れしたんですけど。
まあ、10対0で彼の方が悪かったんですけどね。
先輩、彼と離れてから一時期ひどい状態だったんですけど、やっと元気になってきたんです。
でも・・・・・・・まだふっきれないみたいで。
この間、道明寺さん、他の女性とベタベタしてたじゃないですか。
多分先輩、道明寺さんと彼を重ねてしまったんだと思うんです。
だから、勝手なお願いなのは承知なんですけど

「先輩と居る時、他の女性とああいう事はしないでほしいんです。お知り合いですか?あの女の人は」
「あ~、知らねぇつーか・・・顔は見る、くれぇ」
「この間も、別に道明寺さんからあんなことしたわけじゃないですよね」
「ああ、めんどくせーから好きにさせといただけ。つーかベタベタって
何だよ。キモチ悪りぃ事言ってんじゃねぇよ」
いつにない三条の硬い表情。
「っつーか、何でお前がそんな事言いに来んの?」
「私しか言えないから。他の人たちだと気を遣いすぎてダメって言うか・・・
・・・それに、先輩には恩があるんです。先輩は、私を光の中に連れ出してくれた人だから」

あの人が苦しい時はなんとかしたいんです。
と、三条は笑った。

何かひっかかる。
『光の中に連れ出してくれた』
俺も誰かの事をそんな風に思った事がなかったか?
胸の中がモヤモヤする。
「牧野とつき合ってた男って誰だよ。どんな奴?」
「それは言えません。先輩の問題だから・・・でも、いい男でしたよ。
先輩の事、誰よりも大事にしてて、優しくて」
「俺に似てんのか」
「・・・・・・・・・・・とっても」
三条の目が何とも言えない光を浮かべる。
憐れむような、何かを願うような。
その意味がわからなくて眉をひそめると、造りもんみてぇに表情のなくなった顔が軽く歪んだ。
「本当に・・・・2人が一緒にいると、まるであの頃に戻ったみたいです」
そして三条は帰って行った。
殴られる覚悟で来たんですけど、怒られなくて良かったと笑って。


「・・・・・。・・・・・・!」
・・・・・・・・・・
「道明寺?・・・道明寺ってば!」
「うおっ!!」
ボーっとした焦点を合わせると、牧野のでかい目があってビビった。
「アホ面してどーしたの?」
俺の目の前で、手を振って覗き込んでくる、色気のカケラもねー女。
無防備なその表情を見たら、ハラの底から塊りみてぇな何かが競り上がってきた。

理由なんて知らねぇ。
ただ、イラついて、ムカついて、暴力的な衝動が満ちる。

目の前でひらひらと、小せぇ手が揺れる。
    『先輩、高2の時、すごい大恋愛したんですよ』

デカイ目が、パチパチとしばたきながら覗き込んでくる。
    『彼と離れてから酷い状態で・・・』

桜子来てたんだって?もう帰っちゃったの?
唇が、言葉を紡ぐ。
    『いい男でしたよ。先輩の事、誰よりも大事にして、優しくて・・・・』


ぶち壊したい。

何もかもめちゃくちゃにしてやりてぇ。
いきなりの衝動に訳もわからなく、目の前に揺れる手を掴んで強く握った。
「痛っったい!痛い、痛いってば!」

なんでかなんて知らねぇ。
ただ牧野がその男と何したか、とか考えたらムカついてしかたねぇ。
牧野がでっかい目を更に見開いて
「道明寺!骨が折れちゃうっ!」
と、喚きだす。
この口が甘い言葉を吐くところなんて想像もできねーが。

何かきっかけが欲しい。
牧野が、イカるんでもテンパるんでも驚くんでも何でも。
俺に強烈な反応を返してくるような、なんか、きっかけ。
苛めてやりたい。
こんな、イラついた時に目の前に現れたお前が悪い。

「ちょっとアンタ離しなさいよ!何なのよ朝といい今といい・・・」
「なあ牧野」
捕らえた手を軽く引いた。
牧野のでけぇ目が至近距離に迫ってくる。
やわらかそうな唇まであと少し。


「キスしてやろうか?」


・・・・・・・・・・・。
聞かなきゃ良かった。
聞く前にやっちまえば良かった。
この女・・・手が使えねーからって、フツー足捻じ込んでくるか?
ヒトのハラに。
しかも靴履いてんじゃねーか!
「ふざけんなっ!ダメに決まってるでしょ!どアホ!!何考えてんのよ。頭に虫でもわいてんじゃないの!あたしはあんたが遊んでるよーな女の人とは違うの!
好きな男と以外そんな事しないんだから!そんなにキスしたいんだったら、どっか行って誰かとしてくりゃいーじゃん!このエロ男!!」

言うなり俺のハラに蹴りいれて走って逃げやがった。



             7へ



0574.gif


コメント
パンチ…ホントこればっかり!

こんちはー!!e-320

椿さん、司にv-217パンチは……これからかな?

て言うか、司過去の自分にヤキモチ妬いてどうすんだ。
つくしの傷を抉るようなことばっかりして
つくしの蹴りだけじゃ足らん!
やっぱ、ツバキお姉様の蹴りとパンチがなくては……

でも司、つくしにグイグイ惹かれてきてるね
つくしバカになるのは、もうじき…だね。

桜子、いい仕事してますねぇ。坊ちゃんをギュウギュウ
追いつめて、思い出させろ!!

椿さん、活躍期待してますよ~。

    では、また・・・。e-463
2009/09/30(水) 16:40 | URL | magenta #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/30(水) 21:22 | | #[ 編集]
おいおいおい・・・・
司くん、発言がゼンブ「上から目線」
ま・・・そうじゃないと、司じゃないけど?

記憶もどったら、「捨てられた子犬」の「不安げな」
「守ってあげたくなるような」目で甘えた口調になるんだろうか・・・

う~ん、光を早く取り戻すんだぁ~!
桜子ちゃん、グッジョブ!

司!
がんばれ!
光は目の前だ。

トンネルを抜けたら 雪国ならぬ 光と愛が待ってるぞぉ!
2009/09/30(水) 21:52 | URL | ちふゆ #-[ 編集]
magentaさま
こんばんは。
いつもながらのmagentaさまの、いいツボついたコメントの中にも
未だ坊ちゃんへの怒り冷めやらぬ様子が・・・っていうか司まだブラックなので仕方ないですね。
ははは←はははじゃねぇ。
桜子e-51いっそ桜子にネチネチと坊ちゃんを苛めさせたかった。
殴られるのでやめましたが。
2009/09/30(水) 22:21 | URL | とば #-[ 編集]
yosiyosiさま
こんばんは。
こちらこそありがとうございます。
とても嬉しい。励みになりますv-238
リベンジでイチャイチャ…リベンジでイチャイチャ…
いつになるんでしょう、っつーか、あんのかv-40
2009/09/30(水) 22:24 | URL | とば #-[ 編集]
ちふゆさま
まだ悪いですね司。
なのに桜子の話で自覚なしのヤキモチ妬いて、つくしに絡もうなんて。
まったくもう。
最近、アニメの花男(すっげぇ古い)を、見たりしてるんですけど。
坊ちゃんのつくしへのアプローチが涙ぐましいです。
一生懸命でホントかわいい。ホロリ。
2009/09/30(水) 22:39 | URL | とば #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する