FC2ブログ

つかつく砂吐き推進委員です。ヨロシクお願いいたします。

専務と私~ケア・ディア~

バン!
と、ドアを開けて入ってくるのはわが上司。
世界の道明寺司様(自分で言ってる)。
「ドアが壊れる!」
抗議したあたしをギロッと睨んだ専務の機嫌はサイアク。
乱暴にネクタイを緩めて、ぶつかるように椅子に座る。
あたしはパソコンの前から立ち上がり、ちょうど入ったコーヒーを持って来て、険しい瞳を覗きこんだ。

「あんたは悪くない」
視線を合わせて言うと、一瞬目を見開いて、すっと細めた。

「・・・・何を知ってる?」
「何でも」

更衣室・社食・女子トイレ。あらゆる所で展開される女子ネットをなめんじゃないわよ?
総務部長の造反は、女子ネットでもいろいろ囁かれていて、
今朝聞いた最新情報は、今日にでも処分を受けるんじゃないかって。
部長クラスなら、引導を渡すのはあんたしかできないよね。

ビリビリした空気が、乱暴な仕草が、彼の傷の深さを表している。
「なあ牧野」
椅子ごとくるっとこっちを向いて、両膝の間にあたしを入れる。
そのまま抱きついてくるのを、受け止める。
こんな大男が、ちっちゃいあたしに頼るなんて。
傍から見たら、おかしいかもしれないけど。

癒してあげたいの

「あんたは悪くない」
頭を抱き込んで、ゆるく撫でる。
「ちゃんとやってる」
何度でも言ってあげる。
「みんな知ってる」


お金持ちなんて楽じゃない。
どんなにお金があったって、別荘やクルーザーを持ってたって、使う暇なんかありゃしない。
世界中に展開するグループに関わる人々の生活を守るため、寝る時間も削って仕事してる。
この肩に、一体どれだけのものを背負っているんだろう。
秘書として働く前は、知らなかった。
社内では、こんなビリビリした空気を纏っているとか。
このヒトがどんなに真剣に社の事を考えているかとか。
そばにいる今は、もう好きってだけじゃない。
この人を、尊敬している。

だから癒してあげたいの

顔を上げさせてビシッとデコピン。いつもと逆。
「ほら元気だしな」
「痛ぇな」
ちょっと赤くなってる顔に、キスの雨を降らせた。
「俺には文句言うくせにお前、自分はいーのかよ」
「あったり前じゃん、ほら立って」
ネクタイ結んであげる。
「じっとしててよ」
大人しく言う事を聞く野獣に、笑いそうになりながら
「何かあったら胸貸すよ。小さいあたしだけど」
って言ったら
「おう、お前の小さい胸で我慢してやるわ」
「ちょっと!文法違う!小さいのはあたし!胸じゃなくてあたし!わかる?」
「どっちだっていーんだよ。どっちみちお前も小せーし、胸も小せーんだから」

あたしの髪をかき混ぜて二ヤッと嗤った顔は、すっかり世界の道明寺司様で・・・。
その、自信にあふれた表情にちょっと見惚れてしまった。
「会議行ってくっから」
「おう」
「ウロウロしねーで待ってろよ」
「待ってるよ」

今日だけだからね。




               Fin



0574.gif





コメント
運命共同体!
いいですねぇ~

やっぱり、運命共同体でなんでもわかってあげられて
でもって、良質の栄養補給剤で、充電器!

つくしちゃんさえいれば、司は大丈夫!
いつまでも「世界の道明寺司様」でいられる。

小さいつくしちゃんだからこそ、いいのかな?
すっぽり 司の中に包まれちゃえるからこそ
司も安心だし、ホッとするんでしょうね?
2009/09/07(月) 06:44 | URL | ちふゆ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/07(月) 08:33 | | #[ 編集]
ちふゆさま
度々のコメント、ありがとうございます。
甘え坊ちゃん。
珍しく甘やかすつくし。
実は、この話が専務シリーズで最初に書いたものなので、ちょっと雰囲気が違います…つーか、求めていたのはこの路線なのに、いつの間にかドタバタに…泣・・
2009/09/07(月) 10:23 | URL | とば #-[ 編集]
ややままさま
コメントありがとうございます。
嬉しくて跳びました。ぴょん。
口が悪くて何をやってもコメディなうちのつかつくですが、どうぞヨロシクお願いいたします。
2009/09/07(月) 10:28 | URL | とば #-[ 編集]
こんばんは!v-222

『俺様』の司もへこむときがあるのね
それを癒してあげられるのは
つくしだけ

いつもはドタバタしてる二人だけど
こんな時間もなきゃね
深~いとこでつながってるって

でもやっぱ
ドタバタ、イチャコラが似合ってるかな?

では、また・・・。e-463
2009/09/07(月) 17:09 | URL | magenta #-[ 編集]
magentaさま
こんばんは。
度々のコメント、ありがとうございます。
次からまたドタバタ…ああ・・・
2009/09/08(火) 01:42 | URL | とば #-[ 編集]
何回目?
また読んでしまいました。このお話大大だーい好き
なんです。
2011/07/22(金) 10:46 | URL | miyo #-[ 編集]
miyoさま
こんにちは
大変遅くなってしまいました~!
すいません、そしてありがとうございます。
わー、懐かしい、そして恥ずかしい/////
初期のころのを見ると、真夜中に書いた手紙を朝になって読み返すような恥ずかしさでいっぱいです////
でも、コメント欄を見ると専務シリーズはこの路線を目指していたようですね。
・・・・・
・・・・・
いやもう曖昧に笑うしかないのですが。
2011/07/28(木) 09:41 | URL | とば #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する