FC2ブログ

つかつく砂吐き推進委員です。ヨロシクお願いいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWEET

「なんか・・・・」
ノドの調子が悪りぃ。
軽く咳払いしたところに、牧野が喰いついてきた。
「ノド痛いのっ?」
キラキラした目で見上げてバッグをゴソゴソさぐり出す。
なんか嬉しいのかよ。
「あのさ、もらったの、試供品。ノド痛い時にすっっっごく効くんだって。
試したかったんだけど、ほら、あたし丈夫だから」
「しきょうひんって何だよ」
「あ、ほらあった。はい」
・・・人の質問に答えろ。
「はい、あげる」
「いらねぇよ」
「まあ、そー言わず。ね?」
小袋から取り出した飴を摘まんで、人の口元に持ってくる。
そっぽむいてシカトしてたら、痺れを切らしたのか俺の膝の上に乗っかってきた。
「おい」
文句を言おうとした口に放り込まれた甘いモノ。
ギロッと睨んだが効果なく、お構いなしで覗き込んでくる。
「ねぇ、甘い?すーすーする?ノド治ってきた?」
このボケボケ女・・・・。
「自分で味見しろよ」
顎を捕らえてくちづけて、舌と一緒に小さな粒を押しこんでやった。
「いらないよ、だってあたしノド痛くないし」
「じゃあ返せよ」
もう一度唇を塞いで、甘い味がなくなるまであちこち舐めまわした。
「甘い。すごく」
耳に吹き込んでやったら真っ赤になって
「もうあんたにアメあげない!」
と、怒りだした。
「だからいらねっつーの、ははは」




                             Fin





0574.gif






コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。