FC2ブログ

つかつく砂吐き推進委員です。ヨロシクお願いいたします。

専務と私~女子社員の思うところ・後編~


私と先輩と5課の人たちも、営業一課を出て、喋りながら一番奥にあるPC室へと向かう。
「すいません、勉強会だったんでしょ。手伝ってもらう事になっちゃって」
「あ、大丈夫ですよー、って言うか、これから清書30枚して冊子300部作ろうとしてるって聞いた時、何かの冗談かと思った。しかも2人でって牧野さんに聞いて、思わず全員でのけ反っちゃったよねー」
「うん」
「あはははは」
「本当に、スイマセン」
「みんなでやればすぐですよ。それに、専務をあんな近くで見られるなんて却ってラッキーだったかも」
「そうよね~!」

前を歩く先輩たちについていきながら、私はさっきの光景をドキドキと反芻し、そして立ち止まった。
「あっ!」
「どうしたの?」
「さっきの、牧野さんに渡した残業申請書、一枚足りないです。牧野さん含め11名だから」
「ああ、そうよね」
「私、専務室まで届けてきます」




  ***



結局その日の残業は、それから2時間もかからずに終わった。
みんなでやるって、本当に凄いことだ。
私と先輩だけなら、朝までかかるんじゃないかと思われた仕事も、11人でやったらあっと言う間に済んでしまった。

「・・・・す・・・すごい・・・」

ドーンと大机に載った冊子300部を、口を開けて眺める私を、先輩と5課の皆さんが笑う。
「当然よ、私たちが本気出したらこんなの一瞬だわよ」
「私たちを誰だと思ってるの?道明寺本社OLの精鋭部隊よ」
「はい、本当に・・・」
「あらやだ、冗談だってば」
本気で感動して、もう一度笑われた。


「あははは。どうも、お疲れ様でした。それじゃあ、これ、お渡ししておきます。残業申請書。こっちが1課さんの分で、こっちが5課さんの分です。明日、それぞれ課長さんに渡して下さい」
牧野さんの声がして、先輩と、5課の人がそれぞれ書類を受け取っている。
私は多分、牧野さんをじーっと見ていて・・・すると、牧野さんはそれに気づいて不思議そうな顔をして。
それから笑った。
「それじゃ、あたしはこれで失礼します。皆さんお疲れ様でした」
そしてぺこりと頭を下げて、PC室を出て行った。


「お疲れさまでした~」
「ありがとうございました~」
と、牧野さんを見送って、PC室に残った営業部女子10名。
その、全員に残業申請書が配られた。

途端にその場は大騒ぎとなる。
「ねぇ、これ!これって、専務の直筆だよね!」
「直筆だよ~~っ!」
「うっわ、やだ勿体ない。明日課長に出したくないよ~。見て。専務のハンコも押してある~~!『道明寺』だって~~~!」
「『道明寺』~~~!」
「感動っ!」
「あたし、残業代出なくてもいいから、これ、この申請書欲しいっ!」
「わたしも!これこのまま私物化したらマズイかな~」
「それはマズイわ~」
「だよね~・・・はぁ・・・写真撮っとこうかしら」
「それよりこれさ、明日受け取った時の課長の顔、想像すると可笑しいかも」
「うん、きっとめっちゃビビるよね。うわ、ちょっと楽しみ」
「『ききききき君たち一体、何をしたんだ~~~!』って感じ?」
「『ななななぜ専務が残業命令を~~~っ!』って?引っくり返るんじゃない?」
「あはははは」



キャーキャーと、女学生のように、華やぐ先輩がた。
そのうち誰かが
「でもほんっと、今日も素敵だったわよねぇ…専務」
と、溜め息をついた。
「本当よねぇ」
今度は溜め息の嵐。

PC室に、ピンクの空気が充満する。
私はつい我慢ができなくなって、さっきからずっと聞きたかった事を口に出してしまった。
「あのう・・・専務と牧野さんって、とても親しいように見えるんですけど、一体お二人はどういう・・・」
ご関係なんでしょうか。
と、最後まで言う事は出来なかった。
言いかけたところで、先輩方が一斉にこっちを見て、キュピーンと目を光らせ。
そして一斉に私を囲んだのだ。
ザザッ・・・と、音がするほどの勢いで。
「なになに、この子、何言ってるの」
「あ、もしかして、あなた新人?新人なの?」
「いやでもそれにしても、もう勤めて3カ月は経ってる訳だからさあ」
「1課って、あんまりそういう話しないの?ちゃんと牧野さんとか専務とか来てくれてる?」
「あわわわわわわ!」
囲まれた私は、四方八方から声を掛けられて目を白黒させた。
「す、すいません!私なにか変な事言ったんでしょうか~~!」
「変な事は言ってないけど、知らないのね」
「そっか、新人ってそうなんだ~」
「駄目よ、ちゃんと先輩たちに聞いておかないと」
「あのね、牧野さんは専務の高校の後輩なんだって」
「それで、本当は他の会社の人なんだけど、出向してきてるのね」
「何で出向社員が、専務づきなんて重要ポストについてるかって不思議に思うでしょ?それはね~、誰もわからないの。牧野さんに聞いても『あたしもわからないんです』って言うし」
「でも、社長の意向じゃないかって、牧野さんが来た時、噂になったよね」
「あれ、結局どうなったの?」
「わかんない」
「けど、どんな理由にせよ、専務づきは牧野さん以外には無理だよねー」
「そうだねー」
「牧野さん以外には無理・・・・あの・・・あのう・・・もしかして専務と牧野さんは、恋人同士なんでしょうか?」



「ううん。専務の片想い」

きっぱり。
周りも、腕組みなんかしちゃって、うんうんと頷いている。

「か、片想い!」
なんて、あの専務に似合わない単語なんでしょうか。
「そうなのよ。あんな超絶いい男なのに、なぜか絶賛片想い中なのよ」
「と言うか、気づいてもらえてないよね~」
「もらえてないよね~。さっきも専務、すっごい好き好きビーム出してなかった?」
「出してたっ!見た?牧野さん見た途端の、あの嬉しそうな顔!」
「もう、よしよしって頭撫で始めそうな勢いだったよね」
「牧野さんの事、じーっと見ててねー、専務いじらしいよね、ほんとに」
「カワイイよね」
「可愛いよ」
「牧野さん、何で気づかないかなあ」
「いや、そこで気付いたら、それは牧野さんじゃないのよ」
「でも、気づかせてあげたいよねぇ。専務のもっと幸せな顔見たいわ~」
「そうよね~」

口を開けて話を聞いている私を、先輩方が
「どうしたの?」
と、覗き込んだ。
「あ、いえ。なんだか意外で・・・その・・・応援?・・・されてるんですねぇ」
溜め息と一緒に出した言葉に、先輩方が顔を見合わせた。
そして笑って言った。


「『道明寺グループは、全社を挙げて専務の片想いを応援します』」

「あははは、ちょっとやだ、なんかのキャッチコピーみたいに言わないでよ」
「しかも、全社巻き込んでるわ」
「ぷぷぷぷぷっ」
「でも、応援したくなるのよ、なぜか」
「そうよ、応援しちゃうのよ。去年、専務と牧野さんが社食で喧嘩した時、牧野さんの居場所を専務にお教えしたのはこの私よ!」
「あああ~!社食で専務が謝ったっていうあの時の?」
「そうよ!見ちゃったもの。凄かったよ~。凄い雰囲気だった。一触即発って言うの?もう、そこに居る全員、息潜めちゃって」
「わたし、係長から聞いたのよ。『今、社食、凄い事になってたよ』って。それで慌てて駆けつけたんだけど、もう終わった後でさ~」
「係長、じいだから動きが遅いのよ」
「私も、社食から帰って来た同期に聞いて、思わず牧野さんにメールしちゃった。『喧嘩したんですか?』って」
「喧嘩って言うか、牧野さんが凄く怒ってたって聞いたけど」
「そうよ。専務がね~。あのクールな専務が、まるで捨てられた子犬みたいな目をしちゃってね~。私、なんだかキュンキュンきちゃって、『牧野さんは2階の談話室だと思います』って、教えて差し上げたの。そしたら専務、鋭い目で周りを見回してね、それからフッと笑って『サンキュ』って言って牧野さんを追いかけて行ったのよ~。もう映画見てるみたいだった」
「私も見たかった~!」
「見たかった~」


先輩方は、またピンクの溜め息をつき、そして私に言った。
「そのうち、あなたにも私たちの気持ち、わかるわよ」
「応援したくなるわよ」

その空気の優しさ。
それにちょっと圧倒されていると、突然誰かが言った。
「ね、もう、呑みに行っちゃおうか」
「お」
「いいね~」
「作戦会議よ。どうやって専務の片想いを実らせるか」
「あははははは」
「行きたーい。駄目な人います?いないわね、じゃあ、全員参加で」
「きゃー」




その日、大いに盛り上がった『専務の片想いを実らせる作戦会議』の間中。
私は、ずーっと言うべきか言わざるべきか悩んでいた。



ねえ、皆さん。
私、さっき、専務室に残業申請書を持って行ったじゃないですか。
その時の事なんですけどね。


私、エレベーターで52階まで上がったんですよ。
で、上がったはいいんですけど、専務室ってどこにあるかわからなくて。
それで、廊下をウロウロしていたら、ドアが少し開いて灯りが漏れているのが見えて。
そこが専務室なのかなーと思って、そーっとドアの隙間から覗いたらですね。



その・・・


専務と牧野さんが、ちゅーしてたんです。


いや、ちゅーしてたって言うか、はっきり見た訳じゃないんですけど。
でも、専務が上から覆い被さっていて、顔が重なっていて、それからなんだか口を塞がれているような、くぐもった声が聞こえて。
それって、してますよね。
してる確定でいいですよね。
だけど、牧野さんは多分嫌がってたと思うんですよ。
足バタバタさせて、もう、全力で抵抗していた感じなので。
それを専務が壁に押しつけて、結構、無理矢理?
なのに、その割に専務は余裕っぽくて、ゆっくり何回も顔の角度を変えて、まるで味わうみたいに、してて。
とっても(専務だけ)ムードありありで。

私、『えええぇぇぇぇっ?』って、思わずドアの陰に隠れちゃったんです。
牧野さんが襲われてるぅぅぅっ!って、すっごくびっくりしちゃって。
それで、壁に貼りついたまま、真っ白になっちゃって。
でも、そのうち牧野さんの苦しそうな声が聞こえてきたから、私、怖かったけど、助けに入ろうとしたんですよ。
で、ドアに手を伸ばしたら、その瞬間、中から

  ドフ

って、音が聞こえて。
その後牧野さんが飛び出してきて、あっという間にエレベーターに乗って行っちゃったんです。
それで、私も慌てて帰って来たんですけど・・・




「おーい」
「はっ、はいぃ?」
「どうしたの?もう酔った?」
「い、いいえっ、大丈夫です」
考えに沈んでいた私を、先輩が覗き込んで、私は慌てて笑顔をつくった。


言うか言わないか、本当に悩む。
専務室での衝撃シーンを目撃してしまった後、PC室に戻った。
そしたら牧野さんも、もう戻っていて、先輩方と喋って笑うその姿は全然普通で。
普通に笑っていて。

・・・わからない・・・。

私が見てしまったのは、専務が牧野さんに無理矢理ちゅーしているところで、でも牧野さんは専務を殴って飛び出してきて、セクハラされているのかと思えば、残業が終わった後、その専務が待つ専務室に笑顔で戻る。
その専務を思い出してみれば、確かに、他の人と牧野さんに対する態度が全然違って、専務が牧野さんを好きなのは確かなんだろう。
じゃあ、2人はつき合っているのかと思って先輩方に聞けば、専務は牧野さんに片想い中で、牧野さんが全然気づいてないから専務がいじらしいって話をされる。
一体どうなっているのか、いっやもう、全然わかんないわ~。
私は混乱して、ぐるぐるしてきた。
そしてもう考えるのに疲れて、

えい、いいや、もう言っちゃえ。

目の前にあった水を一口飲んで、話しだそうとした時、突然向かい側に座っている5課の人が言った。
「そう言えば前にさ、専務が非常階段で誰かと抱きあってたって噂流して、アラスカに飛ばされたヤツがいたよね~」
「ゴフッ!!!」
「あら、ちょっと、大丈夫?」
「むせたの?」
「だっ・・大丈・・・ごふごふ・・」
「どうしたの、急に」
「だ・・・大丈夫です」
ゴッフンゴッフンむせた後、やっと落ち着いて周りに謝ると、先輩方は話の続きを始めた。
「あったよねー、そんな噂。相手の女は誰だかわからなかったんだよね、確か」
「噂でしょ?」
「えー?本当だから、噂流した人が飛ばされたんじゃないの?」
「そんな、噂話したくらいで転勤になる訳ないじゃん」
「専務って結構ストイックっぽいから、そんな噂流されたのが許せなかったんじゃないの?」
「まさか、あはははは」
「ちょ、ちょっと待って下さいっ!」
私は焦って聞いた。
「専務と女性の噂を流して、アラスカに飛ばされた?」
「あははは、ほら新人さん信じちゃうじゃない」
「ごめん冗談」
「確かに、『専務が非常階段で、誰かと抱き合ってるのを見た』って言ってた人はいたの。でも、その人が噂を流したって言うか、酔った拍子にポロっと言っちゃった事があっと言う間に社内に広まっちゃったんだけど」
「で、その人がアラスカに赴任することになったのも本当だけど、その噂と関係があるかなんてわからないしね」
「まあ、普通無いよね」
「あはははは」
「・・・・」


あ・・・
危っぶねぇ!
私、そのアラスカの人と同じ事をするところでしたよ!
『私、専務と牧野さんがちゅーしてるとこ、見ちゃったんですよねー』って、言うとこだったんだもん、今。
い、言わなくて良かった~~~っ!
だって先輩方は冗談って言ったけど、わかんないじゃないですか。
それ本当だったら、私もアラスカ行きになっちゃうかもしれないじゃないですか。

私は急にゾクゾクきた寒気に震えると、胸の前で手を組み、ぎゅうっと目を閉じて祈った。


神様、嘘です!
さっき、言っちゃえって思ったの、ウソ。取り消し。
絶対、誰にも言いません!
冗談じゃない、アラスカなんてクソ寒いじゃないか。
ブリザードの吹き荒れる雪原で、クマに襲われて喰われちゃうじゃないか。
私は何も見てない、何も知らない。
口を裂かれても言いません。
永遠に秘密にして、お墓まで持って行きますから、だからどうか。

専務室での出来事を私が見ていたって、どうぞ専務にばれませんように!
っていうか、できれば無かった事にして!





                Fin





0574.gif
いつもありがとうございます










コメント
No title
初めまして
いつも読ませていただいてキュンキュンしてます
原作に一番近いですよね(^o^)

今回のお話もステキ
これからも愛読させていただきます
いつもありがとうございます
2012/01/21(土) 18:55 | URL | 葵 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/21(土) 21:31 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/21(土) 21:57 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/21(土) 23:23 | | #[ 編集]
待ってた待ってた(*^^*)

もーたのしすぎます

専務室バージョンよみたーい

てか、つくしちゃん学芸会演技なのにバレてないのかぁ
坊っちゃんは、隠してないよねぇ(^^)
2012/01/21(土) 23:34 | URL | すぎすぎ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/21(土) 23:37 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/22(日) 00:20 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/22(日) 01:00 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/22(日) 01:03 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/22(日) 01:12 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/22(日) 02:03 | | #[ 編集]
ぷぷぷ
つくしちゃんの居場所教えてあげた人が出た~(笑)

そして「もう忘れましたっ!」って必死だったたまたまタバコ休憩中だった社員さん、やっぱりアラスカに飛ばされたのね(笑)
大殺界年だったんでしょうか。

ドフがどこに入ったのか気になる~!

キャッチコピー、具体的にどうすればうまくいくのか全社をあげて真剣に会議してほしい。
一番効果絶大な案をプレゼンして実際うまいこといけば出世の道が開けるよね(笑)


2012/01/22(日) 02:24 | URL | ひだまり #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/22(日) 09:55 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/22(日) 20:58 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/22(日) 23:20 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/23(月) 15:19 | | #[ 編集]
No title
ぶはははははっ!!!

相変わらずとばさまわーるど全開ーーVV
これでなくっちゃっ!!
私、数あるシリーズの中でこの「専務と私」が一番好きかも(笑)。
つくしちゃんが誤解して慌てふためいて、司が暴れて大人になって最後はえーいっ、いっちゃえーーーっ!!!っていうのもチョー好きですけどーvv
勝手に二人でぐるぐるしてるより、そのぐるぐるに巻き込まれてくらくらしてる人たちを見るのが好きvv

また是非書いてくださいねーーー♪



2012/01/23(月) 15:46 | URL | (ゆ) #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/23(月) 18:11 | | #[ 編集]
はじめまして。10日ほど前にこちらを知ってから、一気に全部読みほし、頭ん中つかつくで酔ってる感じになってます。
今は順にプリントアウトしてて、もうコピー用紙500枚以上使いました!
これからは、更新を楽しみにしていきますね(*^_^*)
2012/01/23(月) 21:50 | URL | まみ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/23(月) 22:07 | | #[ 編集]
葵さま
こんにちは
初めまして、とばと申します。
褒めて頂きまして//////嬉しいです、ありがとうございます//////
原作が大好きなので、近いと言って頂けると本当に嬉しくて嬉しくて。
ありがとうございました。頑張ります!
2012/01/24(火) 15:13 | URL | とば #-[ 編集]
チルっ子さま
こんにちは
女子社員視点なので、特にメロメロしているような気がいたします(笑)。
専務、好き好きビーム出しすぎですが、懲りずに今年も宜しくお願い致します。
2012/01/24(火) 15:16 | URL | とば #-[ 編集]
はなはなさま
こんにちは
アラスカに飛ばされた人(笑)。
しゃべっちゃったからショーガナイ、と言って頂き・・・爆笑!
しかし、公私混同しまくりの人事ですね(笑)。
わたしだったら、そんな会社ヤダ・・・。
新人ちゃんにもお言葉ありがとうございます。
天下の道明寺グループに採用された割に、ちょっぴりガラが悪い新人ですが気にせずどうぞ。
ありがとうございました。
2012/01/24(火) 15:22 | URL | とば #-[ 編集]
k**さま
こんにちは
久々の専務ですー。
これは、もう終わったシリーズなんですが、時々わたしが
『オ・・・オフィスラブ・・・オフィスラブ~!!』
となった時に、出てきますので、スイマセン、宜しくお願い致します~。
ちなみに次も専務です。←オフィスラブの大波が来ているみたいです(笑)。
「司ぁ!ちゃんとカギはかけろよ?」
って!ははははは!
懐かしい。でもホントですよね~!
ありがとうございました。こちらこそ、今年も宜しくお願い致します。
2012/01/24(火) 15:29 | URL | とば #-[ 編集]
すぎすぎさま
こんにちは
そうそう、この後寿退職でしたね。
ああ~、発表される時!
社食のTVで、社員みんなで見てるんでしょうか。そしてひっくり返って驚くんでしょうか。
それで、終業後には女子社員があちこちで勝手にお祝い会(という名の吞み会)するの。
もちろん主役の二人は不在ですが、みんな泣きながら喜ぶと思います。
いや~、道明寺グループ社員、いい人ばっかりですね(笑)!
楽しい。
ありがとうございました。
2012/01/24(火) 15:39 | URL | とば #-[ 編集]
栞さま
こんにちは
うどんの人の事も気に掛けて下さり、ありがとうございます(笑)。
あの人は専務にビビったあまり、翌月に退職いたしました(どうでもいい設定)。
実は道明寺の社員の皆さんも好きなので、とうとう女子社員視点なんてやっちまってスイマセン。
でも、不思議と第3者目線だと、つかつくが普通の人みたいに見えますね。
え?そうでもないですか(笑)?
たくさんのコメントありがとうございます~。
次も専務なので、無駄にメロメロすると思うんですけど宜しくお願い致します。
2012/01/24(火) 15:47 | URL | とば #-[ 編集]
らんらんさま
こんにちは
今年も宜しくお願い致します~。
わたしも坊っちゃんの幸せな顔が見たいですe-415
なのに気がつくと、ドフ とか ガン とか、濁音の効果音が響くのはどうしてなんだろう・・・不思議です(笑)。
こんなことで、坊ちゃんを幸せにできるかどうかわかりませんが、取りあえず次も専務で・・・相変わらずガンッとかゴンッとかいっていたような気がしますが(笑)宜しくお願い致します。
2012/01/24(火) 15:55 | URL | とば #-[ 編集]
mkcママ さま
こんにちは
あははははは。絶賛片思い中です!
専務室でドフ、ですね(笑)。
多分、つくしちゃんが早く行かなきゃって言ってるのに、坊っちゃんが意地悪く仕掛けたせいで殴られたんじゃないかと・・・推測。←推測かよ
忙しい時に限って絡んでくるという、全く大人気なしの坊っちゃんなんですが、今年もこんな調子でいきますので宜しくお願い致します~。
応援して頂きありがとうございます。頑張ります。
2012/01/24(火) 16:02 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/25(水) 00:30 | | #[ 編集]
No title
待ってました!!

もう、専務シリーズ大好きです!!
ツカツクの作品で、とば様の専務シリーズが1番すき♪
永久に続けて欲しいくらい!!
いい夢みれそう♪
幸せな気分にさせてもらいました~♪
2012/01/25(水) 02:09 | URL | まな☆ #-[ 編集]
No title
専務シリーズ本当に大好きですー☆
5531沢山沢山いろんなシチュみたいです♪
必ずみたいのが婚約発表とか結婚式とかで、社員の皆様が
驚くやつ!!
司くんの独占欲やつくしちゃん特別オーラ大好物です!!
=とばさまワールド大好物★
読むと仕事も頑張れる!!本当なんですよー。
恋してる人が出てるピンクオーラ、読んだ私も出てると思います。
今年もまた楽しみにしております♪
2012/01/25(水) 02:28 | URL | すけ #-[ 編集]
No title
昨日のコメントの5531は何か最後に文字確認で入力するやつが何故か文の途中に入っちゃったみたいなので意味はないです。
何か暗号みたいですみません(>.<)
2012/01/25(水) 09:24 | URL | すけ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/25(水) 14:56 | | #[ 編集]
No title
いつもたっぷり愛のあるお話で、とても楽しませてもらっています!
本当にありがとうございます!!
実は私、現在アラスカに住んでおります\(^o^)/
道明寺グループ アラスカ支店があったら、マジで働かせてもらいたいです(笑)
こちらはマイナス30℃ オーロラも最近良いですよ~
トバ様のお話、これからも楽しみにしています♫
2012/01/26(木) 21:51 | URL | チャタ #58KFQye.[ 編集]
yumaさま
こんにちは
初めまして、とばと申します。
わたしも好き好きオーラを出す坊っちゃんが大好きですv-344
ぜひ柱の陰からこっそり見たい(近づくと怖いから)。
こちらこそ、コメントありがとうございました!すごく嬉しいです~!
どうぞ宜しくお願い致します。
2012/01/27(金) 10:38 | URL | とば #-[ 編集]
ゆかさま
こんにちは
コメントありがとうございます~!
今年もゆっくりですが頑張りたいです。
宜しくお願い致します。
2012/01/27(金) 10:41 | URL | とば #-[ 編集]
ひだまりさま
こんにちは
会議、開けばいいですよね。
ジジィとかが『わたしはラブレターを出す事を提案いたします』とか言って。
『手紙の時代じゃないでしょう』
『いっそどこかに、お2人を閉じ込めておくのはどうでしょう』
とか真剣に話し合うんです(笑)。み・・・見たい。←そうか?
わたしは、二人で出張に行かせるのがいいと思います・・・って本気で考えちゃったじゃないですか(笑)。
ありがとうございました。




2012/01/27(金) 10:48 | URL | とば #-[ 編集]
こうさま
こんにちは
専務、お久しぶりでございました。
わたしのオフィスラブ血中濃度が上がってくると更新されるこの専務シリーズ(笑)。
前の方とか、すっごい前に書いたやつなので微妙におかしいところ満載なんですが、そこは気にせずお願いたします。
爆弾落とす類に笑いました。
ありがとうございました。
2012/01/27(金) 10:55 | URL | とば #-[ 編集]
チェリーさま
こんにちは
いや~、この視点だと坊っちゃんとつくしちゃんがまるで別人のようです(笑)。
でも、周りからはきっとこう見えるのだと!強引に(笑)。
こちらこそ、コメント頂きありがとうございました!
張り切ります。頑張ります。
2012/01/27(金) 11:01 | URL | とば #-[ 編集]
Cさま
こんにちは
道明寺グループは、全社を挙げて専務の片想いを応援しすぎですか(笑)?
ははははは。
 ドフ で済まされる坊っちゃんんも可哀想だったんですけど、
『しゃしゃしゃ社内でへへへへヘンな事するからっ!』
って、つくしちゃんが言ってました(笑)。モラルの鬼。
周りから愛される2人が好きです。
わたしも入社して見守りたいくらいですが、こんな、指2本でキーボード叩いている女は採用されないと思われます・・・シクシク・・・



2012/01/27(金) 11:17 | URL | とば #-[ 編集]
(ゆ)さま
こんにちは
わ~っ!
今年もよろしくお願いいたします~!って、もう1月も終わりですね(笑)。
(ゆ)さまこそ私の希望の星。
いつ伺ってもメロメロの坊っちゃんと、素直に可愛らしいつくしちゃんに会える事を真剣に感謝しております。
幸せっていいですよね。
わたしも頑張ります~。ありがとうございました!

2012/01/27(金) 11:27 | URL | とば #-[ 編集]
tomoさま
こんにちは
わたしも欲しいです(笑)、専務の直筆の書類。←ばか
頂いたコメントにドキドキいたしました。
『稟議書を上層部に提出する』とか、なんか格好いいです、参った。
わたし会社というところに勤めた事がないので、専務シリーズはとても憧れる気持ちで書いているんですけど、なにせ自分の職場には課長も部長も専務もいないもので、どういうものかわからなくて~。
でも、こうだったらいいなという気持ちを込めつつ、宜しくお願い致します。

2012/01/27(金) 11:40 | URL | とば #-[ 編集]
まみさま
こんにちは
初めまして、とばと申します。
たくさん誉めて頂いてありがとうございます~。
頭の中がつかつくで酔っている感じ・・・わかります!
懐かしい。わたしも花男二次を知った時はそうでした。
家族が寝てからPCを開き、何度夜明けを見た事か・・・。
ウチのしょーもない話も全部読んでくださったんですね//////
ありがとうございます//////恥ずかしいです//////
更新はとても遅いんですけど、その際にはどうぞヨロシクお願いいたします~。
2012/01/27(金) 11:48 | URL | とば #-[ 編集]
そらさくさま
こんにちは
こちらこそ、今年もどうぞ宜しくお願い致します。
久しぶりの専務と私だったので緊張しました。
一番好きと言って頂く事が多いシリーズなので、ヘンな事書いて皆さんのイメージを崩したらどうしようと、結構ビビッて更新するんですが、あたたかいコメントを頂きホッと安心しています。
ありがとうございます。
ただ今、v-352オフィスラブ~v-352なので、次も専務でv-344
お言葉に甘え、ゆっくりですが宜しくお願い致します~。
2012/01/27(金) 11:59 | URL | とば #-[ 編集]
LUCAさま
こんにちは
相変わらずイキイキと活動なさっているご様子、わたしも嬉しくなってしまいました。
お元気そうですね!
二次会にありがとうございます(笑)。
そうですねー、長身の人は好きだけど、実際会うと大変かもですね。
威圧感&首が疲れる?
わたしの友人も190あるんですけど、首が疲れるので立って話すときは顔なんて見ません(わたしは160ちょうどです)。
ハッ・・・坊っちゃんとつくしちゃんは・・・←そこは愛で(笑)
ツアー頑張ってください!
ありがとうございました!
2012/01/27(金) 12:07 | URL | とば #-[ 編集]
まな☆さま
こんにちは
/////ほ、誉められすぎました/////
どうしたらいいかわからなくなっております。小心です//////
専務はわたしも好きです~。オフィスラブ~v-347
せっかく会社なのに、専務室と社食と営業部くらいしか出てこなくてスイマセン(笑)。
気にせずどうぞ!←え
ありがとうございました。
2012/01/27(金) 12:13 | URL | とば #-[ 編集]
すけさん
こんにちは
今年も一人だけさん付けでスイマセン。
わたしも専務の好き好きオーラが大好きです(笑)!
坊ちゃん・・・バレバレですよ・・・
しょーもない砂吐き話に、あたたかいお言葉をありがとうございます~。
やる気と元気を頂いております!
ピンクのオーラは妄想中に。ニヤニヤしながら。←いやらしい妄想ではございません
遅くなりましたが、今年も宜しくお願い致します。
2012/01/27(金) 12:24 | URL | とば #-[ 編集]
anzuさま
こんにちは
相変わらずです~。
やっぱりメロメロの坊っちゃんが好きなので、女子社員と一緒に応援していきたいと思います(笑)。
ありがとうございました。
2012/01/27(金) 12:32 | URL | とば #-[ 編集]
チャタさま
いやもう、コメント頂いた瞬間(携帯にも転送されてくるので)『ぶおはっ!!』ってなって、次に大爆笑してしまいました。
初めまして、とばと申します。
興奮しすぎです。
アラスカ~~~っ!
アラスカからありがとうございます~~~っ!
すごいビックリしました!まさかと思った。電波ってすごいですね!
でも、ホントにアラスカって寒いんですね。マイナスの2、3度で寒がっていた自分が恥ずかしいです。
寒いところからありがとうございます!
やー、ほんとびっくりしましたー!
2012/01/27(金) 12:38 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/02/25(土) 17:10 | | #[ 編集]
Wankoさま
こんにちは
初めまして、とばと申します。
専務と私シリーズですね!好きと言って頂きありがとうございます。
わたしも好きなので、また書かせて下さい。
コメントありがとうございました~!
2012/02/29(水) 13:53 | URL | とば #-[ 編集]
一番好き
この、会社の周りの方達が2人のことどう思ってるのかわかるお話一番大好きで月に一回は見に来ちゃってます!笑
ほんとーに大好き!!
2人が結婚とか発表したときの皆さんの反応が脳内で妄想炸裂でいつかとばさまのお話で読むっていうのが私の死ぬまでに叶えたいランキングNo. 1です(=´∀`)人(´∀`=)
2018/01/21(日) 20:59 | URL | みし #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する