FC2ブログ

つかつく砂吐き推進委員です。ヨロシクお願いいたします。

しあわせのかたち 7







窓から見える空は明るく、一色に塗ったように青い。
その下に緑の芝生と、遥か向こうに高い木立。
それを背景に2つの点。
『遊びに行ってきま~す』『あ~す』とか言って飛び出して行った、俺の大事な小せぇのと、もっと小せぇの。
しばらく見ていても動かないその影に、なんとなく心配になってPCの電源を切る。


テラスから外に出て、2人に向かって歩いていく。
まだ動かない2つの影。
あの鉄砲玉小僧がじっとしてるなんて、激レアな光景。
もう少しで声が聞こえる筈、と思った時、座っている妻がグラグラと揺れているのに気づいた。

「おい」
駆け寄ると、目の前で妻がパタンと倒れる。
「おい、大丈夫か?」
焦って覗き込むと、妻はうつろな目をして言った。
「あ~、ちょうどいい所に~」
「どうした?具合悪りぃのか?」
「違う~・・・眠い・・・」
「は?眠い?」
「だって、あの子さっきから全然動かないんだもん。ずーっとアリ見てるの。ずーっとずーっと見てるの。あたしも最初は一緒に見てたんだけど、流石に飽きちゃって」
「・・・ふーん」
「それで、座って待ってたんだけど、待ってるうちに眠気が・・・」
そう言って、目を閉じる。
おい、もう半分寝息になってんぞ。

「と言う訳で、あとヨロシク」



ヨロシクじゃねーよ。

言ってやろうと思ったのに、その気持ち良さそうな寝顔に思わず吹き出す。
ガキか。
両手投げ出して、口開けて、安心しきったみてぇな顔して。


「・・・ったく」
しょーがねーな。
「こんな陽の当たるとこで寝てんじゃねーよ。日焼け厳禁なんだろ。またエステルームのヤツらにガンガン怒られても知らねーぞ」
言いながら髪をくしゃっと掻き混ぜる。
前髪全開の顔はひどく幼く見えて、思わず口元が緩む。
どうせなら、じっくり堪能してやろうと覗き込んだ時、それまで置き物みてぇにじっとしてた2歳児が急に立ち上がり、こっちに来た。


「よお、終わったのか。アリの観察」
「あい」
「面白かったか?」
「まんまんまんまんまん」
「ああ、大丈夫だ。寝てるだけだから、そのままにしとけ」

そう言うと2歳児が、妻の顔の横にしゃがみこんで頭を撫で始める。
不器用なその手つきは、撫でているっつーより引っ張ってる感じだが、んなのモノともせずに眠り続ける平和な姿。

笑えるんだよな。
こいつら見てると、自分でも気づかないうちに口が勝手に笑ってる。
なんか知んねーけど。

2歳児は急に立ち上がり、植えてある花の方に走って行く。
そして何本かブチブチと千切って帰ってくると、妻の周りに花を並べだした。

「なあ」

気持ち良さそうな寝息。投げ出された細く白い腕。笑ってるみたいに少し開いた唇。
頬をぷに、と摘むと睫毛が微かに震える。
そんなのをぼんやりと眺めながら聞いてみる。

「喰っちまいてぇとか、思わねぇ?」

小僧が顔を上げて俺を見た。
「まんまんまん、あってあってあめよ!」
「ん?どした?・・・って、痛て!こら、何すんだよっ!」
「あめあめあめ、んむんむんむん~~!!」
「痛てぇって!噛みつくな!違うだろ、喰っちまいてぇっつーのは例えの話で、ほんとに喰う訳ねぇだろ!大体、喰っちまったら無くなるじゃねーか。噛~む~なっ!てめ」
「ぎゃああんんんんっ!!」

大暴れする2歳児を、首根っこ引っ掴んで引っぺがす。
小僧は俺の手の甲に歯型を残し、両脇掴まれて持ち上げられた空中でバタバタしている。


「大体な」
睨みをきかせて言ってやると、負けじとギリギリ睨んでくる。
小っせーくせして気が強い、これはぜって―母親ゆずり。
「こいつは俺のもんなんだから、喰っちまおうとどうしようとお前に文句言われる筋合いねーんだよ」
「ぱぱぱぱぱぱじゃる!!あめあめぎゃるどぢっ!!」
「は?俺のなんだよ!決まってんじゃねーか。今はお前が小せーから貸してやってるけど、でかくなったらすぐ返せ。なるべく早く返せ。んでお前は自分の女見つけて、そいつと仲良く暮らせ。わかったな」
「ぎゃーじゅえるばめってって!!」
「嫌でもそーゆー事になってんだよ!とにかく俺のなんだからな。大事に扱え!困らせたり泣かせたりすんなよ。タマに聞くからな」

突然、後ろでぶーっと吹き出す音がした。
暴れていた2歳児が、ぱっと反応し俺の肩越しに首を伸ばす。
振り返ると、芝生の上、まだ寝転がったままの妻が両手で口を押さえ、身を捩って笑っている。


思わず小僧と顔を合わせる。
正気づくと、2歳児と本気でケンカしてた自分がアホみたいに思え・・・。
「・・・ま、そーゆー事だ」
そう言って下に降ろしてやると、小僧は甘えた声を出して妻に駆け寄っていく。

自分の顔の横を見て、
「わ!なんか花、供えられてる!」
笑った妻も起き上り、両手を広げて息子を迎える。

そんなの見てると、また自分が笑ってるのに気づく。


「全く、何を騒いでるのかと思ったら」
妻が息子を抱いたまま、こっちを見上げる。
髪ぐしゃぐしゃだぞ。花も刺さってるし。

「いつから起きてたんだよ」
「『なるべく早く返せ』?何言ってんのかと思ったら」
妻は口を押さえ、もう一度吹き出し、下向いて笑い出した。
「に・・・2歳の子に・・・自分の子にヤキモチ・・・ぷっ・・くっくっくっ・・・」
ちくしょー聞かれたと、バツが悪くそっぽ向く。
2歳児に不思議そうに眺められながらも笑い続ける妻が、なんでもないよと返事をして立ち上がった。
「さ、そろそろおやつの時間だから帰ろっか」
「あっこあっこあっこ」
「歩かないと足が強くなんないよ~」
小僧に言った後、妻がこっちを振り返る。
ずるい顔して。
くそ、コイツすっげ面白がってんな。


「さて行くよ~」
「なあ」
小僧と並んで歩き出した妻に声をかける。
「なあに?」
「その前は起きてなかったのか?」
「ん?なにその前って」
立ち止まり、振り返った妻と目を合わせる。
デカイ目を更に丸くして見上げてくるその表情。
あー、マジで喰っちまいてぇ。無くなるからやんねーけど。
「さっき、あんまり良く寝てるからチャンスと思って」
桃色の唇を親指で押さえて、ニヤリと笑って言ってやると妻の目が更に丸くなる。
「うんと濃いヤツしといたんだけどな」
「ばっ・・・!こっ・・・コドモの前で?」
「まあな」
「や、やだ、あああああああんた何てこと」
「ぷっ・・・はははははは!」
「え?なに・・・ちょっと・・・え・・・あ・・・だ、騙したのっ?」

真っ赤になって、バタバタして、目を泳がせて。
そしてやっと、からかわれたと気づいて。
「バカっ!」
と吐き捨てて、カンカンに怒って邸に向かって歩いていく妻。
空気を読まず
「きょーそー!」
とか言って、妻を追い越し走って行く2歳児。


ホント面白しれーよな、あの2人。
けど、それより面白いのは。
2歳児と本気でケンカして、妻を怒らせて置き去りにされて、それでもずっと笑ってる自分だったりすんだよな。




                  Fin




0574.gif

いつもありがとうございます。

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/17(木) 09:05 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/17(木) 09:13 | | #[ 編集]
とばさま 復活ですね。
この あまあまの ぽよ~んとした感じ 好きです。
司君 おっきくなったなぁ~よしよしe-278

司は どんなつくしでも大好きでたまらない。ヤキモチ焼くのも 司のほう。。。そこをなんとか ひっくり返してみたくなりますね。・・・でもたぶん最後は お決まりの司がつくしにメロメロパターンになるとは思いますけど。
2011/11/17(木) 09:18 | URL | まり〜ん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/17(木) 11:40 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/17(木) 12:07 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/17(木) 16:48 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/17(木) 19:32 | | #[ 編集]
はぁ~、なんかこっちまで幸せになれる♪

とばさんの書くお話は、幸せが伝わってきますね~♪

すごくキュンキュンします。

司クンとつくしちゃんが幸せなのが想像出来る~★

特に司クンですが(笑
2011/11/18(金) 00:10 | URL | まな #-[ 編集]
ほわーん
ああ、幸せ。
こんな日常、うらやましい。

司くんは、ことあるごとに「返せ、返せ、すぐ返せ!」と言いまくるのでしょーか。

こんな親だとこどもが大人になるのも逆に早そう。
育児も俺様流。
さすが司くん!

そこで私もとば様に。
「書いて、書いて、すぐ書いて!」

とば様の小説中毒だからこそのとば様の都合を全く無視したリクエスト~!
2011/11/18(金) 00:55 | URL | ひだまり #5UAmR4Sg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/18(金) 04:02 | | #[ 編集]
mi**さま
こんにちは
こちらこそ、いつもありがとうございます~!
出発~もありがとうございます。
実はこのしあわせ~から出発~に続くつもりで考えておりました。
なので、つくしちゃん、頑張ってあと2人男の子産まないとね!
坊っちゃんが、つくしちゃんを返してもらうのも十数年後になるけどね(笑)!
気にせずどうぞ。
2011/11/18(金) 14:07 | URL | とば #-[ 編集]
栞さま
こんにちは
先日は、拍手の方にもありがとうございました。
一覧を作ってみたところ、携帯でご覧になっている方々に好評で、なるほど、携帯だと昔の記事を探すのが大変なんですね。
わたし普段携帯で見ないもので、全然気づきませんでした。
教えて頂いてありがとうございました~!
そうですね~。幼児語で話す坊っちゃんは確かに想像できませんわ~(笑)。
でも、自分含めなんですけど職場とかで無意識に出る事ありませんか?
「ポイしといて」とか。わたしだけでしょうか。
「西田、それポイしとけ」←やっぱりヘンですね(笑)。
2011/11/18(金) 14:15 | URL | とば #-[ 編集]
まり~んさま
こんにちは
よしよしありがとうございます(笑)。
e-420メロメロパターンe-420←素敵な響きです。このタイトルで妄想を始めてしまった私はもう末期でしょうか、大丈夫でしょうか。
つくしちゃんが妬くパターンって難しいですよね~。わたしも玉砕した経験があります(泣)。
つくしちゃんってヤキモチ妬くと殻に籠りそうな気がします。く・・・暗い(笑)。
2011/11/18(金) 14:25 | URL | とば #-[ 編集]
よいこさま
こんにちは
ありがとうございます~!
山も谷もない、ただ3人で喋っているだけ(しかも一人は宇宙語で)の話なんですけど、好きと言って頂けて嬉しい!嬉しいです~!
また今度ぜひ!
2011/11/18(金) 14:27 | URL | とば #-[ 編集]
らんらんさま
こんにちは
そうなんですよー、普通のしあわせ(泣)。
わたしも昨日、うちの中学生を叱りつけ号泣させました。
荒んでいます(笑)。
そんな家庭の事情は置いておいて、こちらこそいつもありがとうございます。
わー、専務~再読頂けるんですか//////恥ずかしいです//////
すごい前に書いたのもあるので、時々破綻しているのです/////
ああ恥ずかしい。
2011/11/18(金) 14:41 | URL | とば #-[ 編集]
Cさま
こんにちは
西田さん!ベストタイミング!
実はこの前、ふと考えた事があるんです!
このしあわせ~のファミリーは至って呑気にしあわせに暮らしているんですけど、その裏で実は大変な思いをしている人がいるんじゃないかと!
例えば、坊っちゃんが早く帰りたいからって無理矢理スケジュールの調整をさせられる西田さん。
あと、使用人の皆さんも何か苦労をしていそうだ。
そんな周りの皆さまの心情を綴った『しわよせのかたち』!次回より連載開始!
どうですか?(やりませんが 笑)
2011/11/18(金) 14:48 | URL | とば #-[ 編集]
チルっ子さま
こんにちは
なんと言う事もない話なんですけど、誉めて頂き嬉しいです。
ああ、そういえばずーっとF3もT3も出てきてないなーと。
コメントを頂き気づく自分って・・・(笑)。
ありがとうございました。
2011/11/18(金) 14:59 | URL | とば #-[ 編集]
まなさま
こんにちは
特に司クンですが、に爆笑してしまいました。
2人が(あ、このシリーズでは3人ですが)ずっと笑って暮らしていけたらいいなあと思います。
ありがとうございました。
2011/11/18(金) 15:07 | URL | とば #-[ 編集]
ひだまりさま
こんにちは
返せ、返せって!
2歳児にそう言って、つくしちゃんに後ろから殴られている坊っちゃんの姿が目に浮かびます(笑)。
そして、わたしにもリクエストありがとうございます!
ありがたい事でございます。
わたしに他のマスターさまのような発想力・筆力・キーボード早打ち力(←ちょっと変ですね)があればっ!
あ、でも嬉しいです。
ヘンな話ばっかりなのに、求めて頂きありがとうございます。
すごくやる気が出ました!
すぐはアレなんですけど、頑張ります~!
2011/11/18(金) 15:15 | URL | とば #-[ 編集]
ゆかさま
こんにちは
お久しぶりです~。
あたたかいコメントをありがとうございました。
そうですよ~、そうですよ~、わたしもそう思う~!
と、激しく同意。ずっと幸せ。

2011/11/18(金) 15:23 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/18(金) 18:31 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/19(土) 22:30 | | #[ 編集]
こんにちは
このシリーズ、大好きです。(大好きだらけだなぁ)
つくしちゃんは司君をしっかり幸せにしていますよね。
お子ちゃまの「ぱぱぱぱぱぱじゃる!!あめあめぎゃるどぢっ!!」が翻訳機なしでわかるなんて、司君、さすが父親だ。
昔は日本語が弱かったのに…。(今もかな)
また、ほんわかするお話を書いてください。
楽しみに待っています。
2011/11/20(日) 12:41 | URL | あさみ #-[ 編集]
すぎすぎさま
こんにちは
いや、そんな旦那は厄介だと思います(笑)。
大人げない・・・・。
なんか、『しあわせ~』、久しぶりだったので、ギクシャクしちゃいました。
なのに、あたたかいコメントありがとうございました~!
2011/11/22(火) 10:47 | URL | とば #-[ 編集]
はなはなさま
こんにちは
わたしも最近、2歳児と遊ぶ機会が良くあるんですけれど、眠くなるヒマもなく
『あっこあっこあっこあっこ』(重い)
または
『トラック!バイバーイ!バイバーイ!バイバーイ!』(しつこい)
攻撃に、眠たくなるヒマもございません。
でもなんか2歳児って可愛いんですよね~。
コメントありがとうございます。
次回・・・もう少し(泣)。
2011/11/22(火) 10:55 | URL | とば #-[ 編集]
あさみさま
こんにちは
ありがとうございます~。
全く山も谷もない、しょーもない話なのですが。
でもたまに、しあわせ感じる坊っちゃんを書きたくなるんですよね~って、これっていつもの扱いが酷いってことなのでしょうか・・・e-351
2歳児の言ってる事は全くでたらめなんですけど、坊ちゃんには心で感じ取って頂きたい(笑)。
2011/11/22(火) 11:03 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/24(木) 18:29 | | #[ 編集]
くろうささま
こんばんは
ほんと2歳児くらいって、ずーっとなんか喋ってるんですけど殆ど意味が通じず、よくこんなにでたらめが続けられるものだと感心しておりました。
すごいぞ坊っちゃん!
とうとう歯が抜けたんですね!おめでとうございます!床下に投げられた事も!
(プロレスで噛みつきは反則ではないのか・・・という心配を残し)
いや~でも男の子って・・・うちには男の子がいないので、ドキドキします。
見ているだけでアドレナリンがいっぱい出そうです~。
2011/11/24(木) 21:17 | URL | とば #-[ 編集]
幸せ~~♪♪
朝からずっと盛大に、今までの物語読み返し祭開催中v-10

読めば読むほどとばさん、ホントに素敵です。

今、司誕生日再々再々再々再読?????して、ひと泣きしてこちらに寄りましたv-22

Rも愛に溢れてて、子供が読んでも別にいいし♪と思うほどです、いつもっ。
これから愛を知る世のかわいらしいお嬢さんたちが、みんなこちらのつくしのように幸せな経験ができますよーに・・・祈る乙女ババです、ハイv-238

とばさん、これからも素敵なお話よろしくお願いいたします~v-238
定期購読料お支払いしてもよくってよ、デス♪
2011/11/26(土) 14:08 | URL | 紫紺 #v9aI.q/w[ 編集]
幸せです
いや==ん
もう幸せです!!
2歳児と本気でケンカする司くん。
ステキ。
それだけ、つくしに惚れてるって事ですもんね。
あぁぁぁ・・・司くんが笑っている・・・
それだけでしばらく頑張れます。
2011/11/28(月) 09:48 | URL | rann #sowQq82.[ 編集]
紫紺さま
こんにちは
遅くなってしまいまして~~~e-330
古いのも読み返して頂いたんですか。
大丈夫ですか?ウンザリしませんでしたか?
ここ最近は、長いのが終わって気が抜けたのか、なんだかぼんやりしていました。
原作を読み返しながら、『そうか!西門さんのいちご物語って、一期一会に掛けてるのか!』と気づいてみたり(←みんな100年前から気づいているんだYO!)。
こんな遅れた人間ですが、こちらこそ、これからも宜しくお願いいたします。
頑張ります~!
2011/12/02(金) 15:31 | URL | とば #-[ 編集]
rannさま
こんにちは
ステキありがとうございます~。
大人気ないですが(笑)。
山も谷もない、まったりシリーズですが、これだけは最初っから最後までみんな幸せなので(何の悩みもなさそうですよね 笑)時々書いていきたいです~。
ありがとうございました。
2011/12/02(金) 15:40 | URL | とば #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する