FC2ブログ

つかつく砂吐き推進委員です。ヨロシクお願いいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専務と私~魔女来襲~ 14

ヌルイですがRです。清らかな方は続きを読むと、やらしい事になっていてゲンナリするかと思われます。
何があっても気にしない方のみお進みくださいませ。
未成年の方も、ごめんなさい。大人になったら続きをポチしてくださいませね。












「・・・ずるい」

「牧野?」

うっすらと意地悪気な笑みを浮かべて見下ろしてくるこのオトコ。

「・・・・ずるいよ」

「ああ」

どうされたいかなんて、言わなくてもわかってるくせに。
イヤだなんて言う訳ないって知ってるくせに。
あんたが、そうしたくせに。

「サイアクだよ。こんな・・・・ダメだって言ってんじゃん。・・・絶対、ダメなのに」

「牧野」

「やだ、名前呼ばないで。笑わないで、こっち見ないで、腹立つ」

「背中上げて」

「皆が・・・みんな待ってて、そんな場合じゃないんだから・・・笑わないでって!」

「背中。脱がせらんねぇだろ」

ちっとも言う事を聞かない、頑なに強張った肢体。
途方に暮れて見上げてくる大きな瞳。




くつくつと忍び笑いを漏らす唇が、柔らかな喉元を甘噛みする。
ん・・・と、のけ反った身体とシーツの隙間に大きな手が入りこみ、難なくファスナーを引き下ろす。
チ・・・・・と鳴る微かな音を払うようにつくしが首を振った。

「・・・・・・・・あ」

喉元を大きく噛んだあと。
鎖骨を伝いデコルテへ、それからふるりと隆起した白いふくらみへと唇が辿っていく。
同時に、身体を覆う布がゆるゆると剥がされていく。
つくしの身体を軽々と扱う男の力にかかっては、抵抗も意味を持たない。
あっという間に彼が望む姿にされていく。

パサ・・・
ベッドの下に落とされたドレスが軽い音を立てた。

「なあ牧野」
「・・・っ」

きゅ・・・と、きつく吸って白いふくらみに一点の紅斑を散らし、司が身を起こした。
その下で組み敷かれる女は、どうしたらいいのかわからない顔をして、それでも気丈に睨み上げてくる。
10センチの距離で、困惑した瞳と愉悦にゆるんだ瞳が視線を交わす。

「言ってなかったかもしんねーけど」
「・・・・え?」
「そうやってダメとかイヤとか言って、目ぇ潤ませて困った顔してるお前って、すげぇそそる」
「バ・・・っ!・・・んっ・・・んんっ!」

飛び出してくるはずの可愛らしくない言葉は封じてしまえ、とばかりに、司の唇がつくしのそれを塞ぐ。
司の口腔に、声にならない抗議の声が響き、そのくすぐったさに口元を緩めると凶暴女は笑うなと唇に噛みついてきた。
「痛って」
「バカ!変態!恥知らず!もうっ、もうヤダっ!サイアク!あんたみたいに意地が悪い男、見たことないっ!」
「俺だって、お前みたいに手のかかる女見たことねーよ」
ぺろ、と、紅い舌を出し噛まれた上唇を舐める姿はまるで肉食獣だ。
けものが、瀕死の獲物を前にして、どこから喰らおうかと舌なめずりしているみたいだ。

美しくて忌わしく・・・・そして危険。
危ないよ?
食べられちゃうよ?

頭の中では警鐘がガンガンと響くけれど。

だけどもう囚われてしまった。









「・・・・っん・・・・・んっ・・・ん・・・んっ」

ぴったり塞がれた唇の隙間から、声が漏れ出る。
いつもの優しいキスではなく。
感情に任せた貪るようなキスでもない。
唇と舌が、明確な意志をもってつくしの口腔を犯してくる。
ず・・・・ず・・・・ず・・・・
舌を硬くして、単調に抜き差しする動作はただ一つの事を連想させ、それに気づいたつくしが真っ赤になって身を捩り、顔を背けようとするが、顎のところでがっちりと固定されて顔が動かせない。
・・・・・・このっ・・・ヘンタイッ!

頭が変になりそうだ。
このいやらしいキスに煽られて。

顎を掴んだ手を引き剥がそうと、両手を使って抵抗したが全く固定は緩まず、好きなように弄られる。
もう片方の手は、ふるふると震えるふくらみを覆っている。
柔らかなその質量を指で、手の平で堪能し、立ち上がってきた頂きの硬さにそっと触れる。
「・・う・・・あっ・・・ん」
ふくらみを絞り上げるように掴み、桃色の先端を人差し指の腹で撫でてやると、司の中に甘い喘ぎを響かせて全身がビクビクと跳ねる。
可愛くて仕方ないその反応を、何度も楽しんだ後、司の手はようやく胸から離れていった。
そしてそのまま、下へと滑り下りていく。
つくしの足に力が入った。
片方の膝を割り入れられて、完全に閉じる事は出来なくされている下肢が、それでも閉じようと力を込め司の太腿を挟みこむ。
ぎゅっと目を閉じて、んーんーと抗議の声を上げるその意味は明白。
けど聞いてなんてやんねぇよと、膝を進めた。
まだ着衣のままの司の下肢。
それが剥き出しのつくしの中心にあたる。
「・・・・・・・・・っ!!」
のけ反る身体は逃げようとしているのかもしれないが、却って押し付けるかたちになった。
ぐっしょりと膝が濡れていく。
唇を離してそう言ってやると、身も世もない様な表情になってカッと全身を熱くした。
「まだ言わねぇの?」
「やだ、キライ、離せ変態」
「お前、そんなカワイクねー事言ったら、もっとやられるんだぜ。わかってんの?」

ニヤリと笑って言ってやると睨みつけてくる反抗的な目。
「ふーん」
濡れた膝を僅かにずらして、その隙間から指を差し入れる。
「やだだめ・・あっ・・・・・・ん!」
トロリと指に纏わりつくようなぬるみを掻き分け、一番長い指をつくしの中に入れると、壁がきゅんと震えて纏わりついてきた。
くちゅり、と音が鳴る。
感じている音。
物欲しげな音。

「・・・・熱くなってる」
「・・・・~~~!・・・・・や」
「喰われそう、指」
「や・・・だっ・・・あ・・あっ・・・んっ・・んっ・・・んっ・・・」
「や、じゃねぇだろ?気持ちイイ、だろ?」

必死に背ける顔を捉えてこちらを向かせ、もう一度その唇に割り入る。
舌と指とが同時に奏でる音が耳にきて、たまらなく煽られる。
上気して、色香を放ちだしたつくしの表情にも。



舌が絡み合う音が聞こえる。
それは頭蓋にも響き渡り、甘い欲で脳を痺れさせていく。
身体の中では指に犯される音が。
どうしようもなく中枢に響いて疼かせていく。
2本に増えた指が奥を探り、反応するポイントを見つけ出すと執拗に攻めたてる。
喘ぐ事も許されないのは責め苦にも似ていて、塞がれた唇が辛そうな声を出し
「ああぁぁぁん・・・っ!」
司がそれを解放するとつくしは泣き声にも似た声を上げた。
その下では、次はここだと言わんばかりに胸が大きく食まれ形を変えている。
口の中に隠された敏感な頂きが舌と歯でもって転がされ、潰され、引っ掻かれ、吸いつかれ。
ダイレクトな快感に、更に恥ずかしい声を上げさせられた。

着衣の男に一方的に弄られ、追い上げられ、そんな悔しい状況も気にする余裕がなくなって。
気持ちイイしか考える事が出来なくなって飛びそうになった、その時。
突然、司が動きを止めた。


「・・・・・・?」

つぶっていた目を開くと、司は上に乗ったまま、つくしの顔の両脇に手を置いて見下ろしている。
・・・・・・・どうしてやめちゃったんだろう。
とても気持ち良かったのに、やめないで欲しかったのに。
見下ろす司の目には、はっきりと欲望が見えるのに。

もぞ、とつくしが身じろぎをした。
からだが、熱い。

「・・・・道明寺?」
「ん?」
「・・・・・・・・」
「・・・・・・・・」
「・・・・・道明寺」
「なに」

なにって。
本当に、こんなに意地が悪い男は見たことがない。
なにって。
全部わかっていて、涼しい顔して聞いてきやがって。

沈黙のまま放っておかれる身体は熱くて苦しくてどうしようもない。
その中では心臓が狂おしく鼓動を打っている。
それなのに何もしてくれない。






「・・・道明寺ぃ」

長い間の後、細い声が呼ぶ。
こんな風にされた自分も情けないし、意地悪い司にも腹が立つ。
その男が熱っぽい瞳をしたまま唇を落としてきた。
唇を啄ばんで、すぐに離れていくキス。
恨みがましく見上げていると、もう一回。
もう一回。
 もう一回。

何度目かわからないキスが落ちて来た時、焦れたように身を捩ったつくしが司の頭を抱え込んだ。
そして離れていかないように抱き込んで、熱を持ってたまらない身体を司に擦りつけた。
「お願い、道明寺」
お願いだからなんとかして。
すると意地悪男がニヤリと笑った気配がした。
「どうされたいか言ってみろよ」
わざとらしく繰り返す。


「ちゃんと・・・・して」
小さな声で言って、死にそうな顔をした。
そのつくしの腕から抜けだし、司が身を起こす。
満足げに。
そして着ている物を手早く脱ぎ捨て、もう一度つくしに覆い被さった。
「ああ、ちゃんとな」

焦れて疼いて脈打つくらいだった、どうしようもなくぬかるむ場所に、熱の塊が押しあてられる。
つくしはその熱さに身を震わせる。
ジン、と痺れるようだ。
「お前があんまり可愛い声出してねだるから、すごい事になってるぞ」
「え・・・・あ!あ、あ、ああああ!」

押し開かれるその淫らな感触に、頭が真っ白になっていく。
中がいっぱいになって、苦しいくらいで。
その苦しささえ甘美に思える、圧倒的な官能。
ようやく望むものを与えられた身体が、喜んで纏わりつき奥へ引き込もうと蠕動を始める。

「あっ・・あ・・あ・・あ・・あ・・あっ・・」
「・・・っ・・・・すっげ・・・熱い・・・」
「~~~っ!ああんっ・・・」
「牧野、もっと足開いて」
「でき・・・な・・」
「できる」
「っあぁ・・・!~~~~っ!」



熱を帯びた呼吸の合間に、お互いの名前を呼びキスをした。
非常識な事だとか、不埒な行為だとか、そんなの頭の隅に追いやられて、本能のままに互いを求めていく。
濡れた音と、気持ち良さそうな喘ぎが、更に司を煽り加速させていく。
「お・・・っ前、あんまヤラシイ声出すな・・・やばい」
「そっ・・・そんな・・・・んっ!」
ウソ。ほんとはもっと聞きたい。
もっとヤラシイ声出させて、死にそう、とか、もっと、とか言うのも聞きたい。
その濡れた声で。
つくしを掻き回している熱情が、その最奥まで愛させろとノックを繰り返す。
柔らかく綻んだ身体が、それを従順に受けとめるのを、優しいキスで褒めてやって、必死に背中にしがみつく手が、爪で小さな傷をつくる感触にも嬉しくなって。
きてる自分に苦笑いしたが、そのうちそんな余裕もなくなった。

ただ二人で同じ世界を見たいと願う。



息もせずに小さな身体に熱を送りこみながら、導いていく。
ちゃんと一緒に来いと指を絡めて。
愛していると繰り返して。
ふたりがひとつになったから行ける場所。




   天国へ







15へ




0574.gif




コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/08(火) 23:51 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/09(水) 00:06 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/09(水) 00:07 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/09(水) 06:30 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/09(水) 08:50 | | #[ 編集]
菊一文字さま
おはようございます
早々にありがとうございますe-415
相変わらずつくしちゃんに無理をさせている坊っちゃんって、すごいウケました!吹きました!
あ、夜中だったんですけどね。
坊っちゃん5段活用もありがとうございました!
お気持ち、伝わりました!ゲラゲラ!

2011/02/09(水) 08:58 | URL | とば #-[ 編集]
めだかさま
おはようございます
初めまして、とばと申します。
夜中にありがとうございます~!
わたし、普段はついつい5歳児と一緒に寝ちゃうもので9:30消灯なんですよ~。
気力のある時は後から起きてゴソゴソしてるんですけど~・・・なかなか。
今日、早起きされてお弁当作られたんでしょうか(笑)。
話の内容に特に触れずに終わろうとしているのは、一晩明けてかなり恥ずかしくなってきているからです(笑)。坊っちゃんが変態じみているよ~~e-350
叱られないか、わたしもドキドキです(笑)。
2011/02/09(水) 09:07 | URL | とば #-[ 編集]
けいたかさま
おはようございます
初めまして、とばと申します。
わー!続きを待っていて頂いたんですか!スイマセン、お待たせしたのに品のないエロでe-351
誉めて頂きありがとうございます。
e-420エロを含むe-420←なんかウケたので(笑)
復讐懐かしいっe-449
すっごい前のやつです~~e-449
読み返すたび文章の稚拙さに全部書き直したくなるんですけど(笑)、あの頃の、寝ても覚めてもつかつくの事を考えていて、夢にまで見ていた頃の勢いがあってわたしも好きです←自分で言うな
あたたかいコメント、嬉しかったです。
ありがとうございましたe-415
2011/02/09(水) 09:21 | URL | とば #-[ 編集]
Cさま
おはようございます
うちの坊っちゃんが朝からスイマセン(ぎゃはは)。
『ヌルイですが』の文を久しぶりに書いたので、いっつもなんて書いてたっけ???って、すごい悩んでしまって、アレに30分くらいかかってしまいました(笑)。
『ヌルイですが』のところ、皆さん読んでいるのかなあ。
因みにわたしは、よそ様のところのご注意文、あんまり読まずに
『あ!もういいトシだから大丈夫で~すe-420』 即ポチなんですけど(笑)
つくしちゃんへの応援もありがとうございますe-455
意地悪な坊ちゃんに困らせられるつくしちゃんはかなりツボなんですけど(笑)。
v-353わたしからも、頑張れつくしちゃんv-353
2011/02/09(水) 09:34 | URL | とば #-[ 編集]
チルっ子さま
おはようございます
お陰さまで、体調戻りました。
お気遣いありがとうございました・・・と、言いますか、そちらも大丈夫でしたか?
3日間、辛かった事と思います。大変でしたね。
わたしも一カ月も咳してた割に全然痩せてなくて(咳は一回3Kcalだそうです)、不謹慎にもちぇー、っと思ったりしてるんですけど、そう言えばすごい食べてました。一人ラーメンとか行ってた(笑)。
坊っちゃんのエロ光線(爆笑)。
はた迷惑な光線です。エロビーム。
やられてしまったつくしちゃんはもうしょうがない事にして(え)、続き頑張ります。
春になるまでには終わらせたいな~e-343←しつこいようですが、こちら北の国は3月もバリバリ冬仕様です(笑)。ああ寒い。
2011/02/09(水) 09:47 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/09(水) 10:11 | | #[ 編集]
わーーい
ご無沙汰してます。
南米のどんぐりです。
こちらは毎日暑くて大変です。紫外線が強くてサングラスが手放せません。日本の冬が懐かしい・・・・

更新楽しみに待ってました。
ひょっとして寸止めかぁー?!という期待もあったのですがv-218、坊ちゃんが楽しそうでよかったです。
風邪治りましたか?お大事になさってくださいねーー
2011/02/09(水) 11:04 | URL | どんぐり #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/09(水) 11:38 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/09(水) 23:45 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/10(木) 23:03 | | #[ 編集]
No title
いや~....毎回おんなじコメントを書いてそうですが
わたくし.....とば様の愛のあるエロが大好きでございます。
こんなに愛されたいもんですなぁ。。(爆笑)

ちなみに、オランダはまだ寒いで~す。
マフラーに帽子で防寒中。。
2011/02/12(土) 07:21 | URL | Rietje #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/12(土) 16:09 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/13(日) 19:40 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/14(月) 18:09 | | #[ 編集]
usausaさま
こちらこそ、今年も宜しくお願いいたします~!
早々にコメント頂いておりましたのに、遅くなって申し訳ありません。
いや~、トシのせいか毎日飛ぶように過ぎていきます。
別に忙しくないんですけど(笑)。
つくしちゃんのことはわたしも心配ですが
v-344愛があるから大丈夫v-344爆笑
ありがとうございました。
2011/02/15(火) 10:30 | URL | とば #-[ 編集]
どんぐりさま
うわー!
夏いいなー!←夏大好き
暑くて大変そうですが羨ましい。
寸止めかぁー?!という期待を裏切ってスイマセン(大爆笑)!
風邪も(やっと)治りましたし、次はご期待に添えるよう頑張ります(笑)。
ありがとうございましたv-344
2011/02/15(火) 10:34 | URL | とば #-[ 編集]
(ゆ)さま
ち・・・ちちち違うもん違うもん。
あれは
『(皆さまにとっては)ヌルイですが(わたくしには精一杯の)Rです』
なんですよっ(笑)!
そういう事で宜しくお願いいたします。←卑怯
ところでこの度はv-308おめでとうございましたv-308
うちも来月卒業式なんです。
泣くかなぁ(自分が)。泣くだろうなぁ(自分が)。
春に向け、何かとお忙しい時期かと存じます。
わたしもですが、つかつく萌えを糧に頑張りましょう~~e-271
2011/02/15(火) 10:52 | URL | とば #-[ 編集]
いろはさま
こんにちは
わたしの体調とリンクしている坊っちゃんのエロ度・・・←爆笑
なるほど。わたしの体調が悪いと寸止めになるわけですね?
・・・くしゃみ一つしたら、坊ちゃんに病院にぶっ込まれそうな設定ですね(笑)。
ありがたいのか迷惑なのか・・・e-455
お陰さまで元気です!
いろはさまも元気であるように、北の国からかなり祈ってますよe-271
2011/02/15(火) 11:00 | URL | とば #-[ 編集]
ひなっちさま
こんにちは
初めまして、とばと申します~。
いいテンションでありがとうございました(笑)。
すごく元気でました!やる気も出ました!
とても伝わりました、本当に嬉しかったです~v-344
つかつくしか出せない偏狭ブログですが、どうぞ宜しくお願いいたします。
あ、それとあの、更新遅いので、夜な夜なは・・・なんかスイマセンe-330
2011/02/15(火) 11:08 | URL | とば #-[ 編集]
わっほい
嬉しい♪
つくし・・・あんまり意地を張っちゃイケナイよ。
心にも体にも悪い(うんうん)
素直になろう・・・
司みたいに・・・
でも、つくしが可愛くない言葉を言えば言うほど
可愛さが増すんだろうな・・・
本心じゃないって分かっているから・・・
司って・・・そう考えると・・・スゲー
2011/02/15(火) 11:29 | URL | rann #sowQq82.[ 編集]
Rietjeさま
こんにちは
そうですね~、まだ寒いですよね~!v-276v-276
だいぶ暖かくはなってきたんですけどね。
やっとアスファルトが見えてきてv-448運転が楽ですv-344
全部の雪がなくなるのは5月頃かな~と思うんですが、オランダはもっと早いでしょうか。
あたたかいコメントありがとうございます!
励まされました!元気づきました!
感謝ですv-343
2011/02/15(火) 11:32 | URL | とば #-[ 編集]
紫紺さま
こんにちは
まだ寒いですよねーv-276
多分そちらの方が雪は深いと存じますが・・・こちら南の方は(北の国の南方面?笑)今日はv-278ですv-344でも、晴れりゃ晴れたで道路ジャブジャブになるんですよねー←文句ばっか言うな
v-10満載のコメントありがとうございました////いやいやいやいや/////
ファンタジー賛成ですe-266
坊っちゃんがファンタジェスタな訳ですね!←大爆笑
誉めていただきすぎてとっちらかっておりますが、とにかく感謝を。
ありがとうございましたe-420
2011/02/15(火) 11:46 | URL | とば #-[ 編集]
なつさくさま
こんにちは
初めまして、とばと申します。
わー、読んでくださってありがとうございます~e-420
痒くなるような砂吐き話ばっかりなのに誉めて頂いてありがとうございますe-420
すごく嬉しいです!
わたしもニヤニヤして読んだり書いたりしているんですけど、お互い周囲注意で(笑)。
頑張ります。ありがとうございましたv-344
2011/02/15(火) 11:56 | URL | とば #-[ 編集]
めーちゃんさま
こんにちは
初めまして、とばと申します。
嬉しいお言葉です、ありがとうございましたe-420
もし楽しんで頂けているなら、わたしも嬉しいです~。
くだらない話ばっかりですが、呆れずに宜しくお願いいたします。
2011/02/15(火) 12:06 | URL | とば #-[ 編集]
rannさま
司って・・・そう考えると・・・スゲー
     ↑
大爆笑だったんですがwwwwww!!
そうですよ!彼はすごいんです!いろんな意味で(笑)!
ホントだ、つくしちゃん可愛くない事ばっかり言ってますね(笑)。
でもきっと(きっと?)態度が可愛いので大丈夫です!
え?書いてないですか?あ、スイマセンでした。
2011/02/15(火) 12:11 | URL | とば #-[ 編集]
No title
おはようございます。
ここ数カ月、こちらの虜になっています。
特に好きなのは「専務と私シリーズ」と「復讐の女神」です。 まあ、全部、好きなんですけど。
どの話も明るくて、心がほんわかします。
「ヌルイR」はかわいいつくしが見れるのでうれしいです。 「専務と私シリーズ」のつくしは普段と違って特にかわいい。 司君が手放せないのがわかります。
これからも楽しみに読ませていただきますので、これからも書き続けてください。
では。

2011/02/27(日) 08:44 | URL | tim33 #-[ 編集]
tim33さま
こんにちは。
初めまして、とばと申します。
e-449ありがたいお言葉です、勿体ないですe-449
専務のつくしって普段と違うんだ~!坊っちゃんはメロメロ度がUPしているなあと思ってたんですけど、なるほど、2人してそうなのか!もう、どうしようもないですね(笑)!
アホな話ばっかりなんですけど、明るい事は間違いないので、ええ、まあ頻繁に滑ってるんですけどぬるい目で見てやってください(笑)。←強要
お言葉いただいて本当に嬉しかったです。
ありがとうございましたv-344
2011/02/28(月) 11:30 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/19(土) 22:03 | | #[ 編集]
ぶーたんさま
こんばんは
全部読んでしまったんですね。わー、恥ずかしい。
遅くなって申し訳ありません~。
うち、類くんあんまり出てなくてスイマセン。
坊ちゃんへの応援もありがとうございます!
うーん・・・なぜうちの2人は、坊っちゃんばかり応援されがちなのでしょう。
やるときはやりすぎる司っていうのも、素晴らしい表現です!そうだそうだ!
ありがとうございました!
2011/03/24(木) 23:24 | URL | とば #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。