FC2ブログ

つかつく砂吐き推進委員です。ヨロシクお願いいたします。

遠恋時代~後編~




『司さま、ここでチェーンを外して参りますので』
分かったと返事をして牧野を見ると、何かあったのかと首を傾げて見上げている。
襲いかかりたくなるその可愛さは、最近どんどんエスカレートしていて、会う度に綺麗になっていくコイツを見ると遠恋なんかを選んじまった自分を呪いたくなる。
っつーか、女がこんな、数カ月単位で変わっていくなんて知らねぇぞ、聞いてねぇ。
知ってりゃ、置いてなんか行かなかったっつーんだよ。
「一旦降りるぞ。車からチェーン外すんだと」
「うん」
人の気も知らねぇで呑気な顔しやがって。
鈍感女は運転手がドアを開けるのも待たず、自分でさっさと車を降りて行った。



「寒み」
「寒いね」
シン・・・と、音がしそうな寒さ。
吐く息が真っ白に夜の闇に吸い込まれて行く。
「中、入ろーぜ」
車から降りたその場所から動かない牧野の頭に、ポコンと手を載せて言うと、
「えっ!ヤダッ!」
と、焦った反応が返ってきた。
「なんで。寒みーだろ」
「だって、あたし凄い格好なんだもんっ。旅館からそのまま来たから、浴衣なんだよ。おかしいよ、おかしい人みたいだよ、あたし」
「大丈夫、お前はいっつもそんなもんだ」
「桜子と同じ事言うな」
笑って軽くパンチをくれた後、白い息を吐きながら、牧野はゆっくり歩き出した。
「どこ行くんだよ」
「人目につかないところ。10分くらいでしょ、大丈夫、外でも」
「風邪ひくだろ」
「道明寺は中に入ってなよ」
牧野は振り返ると面白そうに言った。
「あんた温室育ちなんだから」
「るせぇ」
ったくしょーがねーなと、コートを開いて小さい身体をくるみこむ。
そのまま抱きこむと、胸のあたりから、あったかい、と声がした。


「ちょっと実感湧いてきた」
「何の」
「本物だって実感。なんかね、いっつもTVとか雑誌で見てるから、ちょっと変な感じがしてたんだよね」
「雑誌?そんなのに出てんのか」
「うん、先週は金髪の美人と並んでる写真。その前は中国の人。あのチャイナ服、凄く可愛かったね。それからその前は」
「妬いてんの?牧野」
ニヤリと笑って顔を覗き込むと、牧野はずるい顔して
「妬いてないよ」
と言った。
「妬け、アホ。愛する彼氏が他の女と並んで写ってて、何とも思わねーの?」
「だって、あんた、死んだ魚みたいな目で写ってるんだもん」
そして吹き出した。
「・・・・でも妬くって言うか、どっちかって言うと西田さんの方が羨ましい。あたしは」
ぽそ・・・と、小さい声。
「は?」
聞き逃して欲しかったのかもしんねーけど、西田っつーのがどうにも不可解で、マジマジ顔見て聞き返した。
「いっつも一緒にいるから」
「牧野」
「・・・・・・・ん?」
「お前、サイコーに可愛い」

どうしようもなく愛しさがあふれてきて、柔らかい身体を、ただ力一杯に抱きしめる。
「道明寺、苦しいよ」
「このままNY、連れて行っちまいてー」
クスクスと、腕の中から笑う声がする。
「もうちょっとじゃん」
牧野は顔を上げるとスーツの胸に、すり、と頬を寄せた。
「もうちょっとだよ」
だから頑張りな、と細い腕がコートの中、俺の背中に回り、きゅうっと抱きしめた。


逆じゃねぇの?
と、口から出そうになった。
勝手に渡米決めて、お前を置いてって、待たせて。
会えなくて淋しい思いさせて。
頑張れっつーのは、俺が言う言葉じゃねーの?

・・・・・・・・ああ。

ずっと前に、牧野に言われた言葉を思い出す。
『待ってる、つもりはないからね、あたしは』
あぁ?とケンカ腰になった俺に、凛とした表情を見せて、この気の強い女は言ったんだ。
『あたしとあんたと、お互い選んだ場所で頑張ってるだけで、たまたまその選んだ場所が遠かったってだけで、どっちが待ってるとか待たせてるとか、置いて行ったとか置いて行かれたとか思ってないから、あたしは』
だから絶対謝るなと。

何にも言えずに黙ってると、牧野が不意に身体を離して笑って見上げた。

「あのね、好きだからね」





・・・・・・信じられねぇ、この女。
まさかの不意打ちに、口開けたまま固まる俺に吹き出して、ゲラゲラ笑うボケ女。
いつだって陽気で元気で生意気で。
ケロッとした顔で、俺を天国に連れてく女。
あー、ホント俺、コイツの事すげぇ好き。

「何の日だ?今日。俺の誕生日だっけ」
ようやく絞り出した台詞に、牧野がもっと笑う。
「・・・・・2回目」
「何が?」
「お前が俺に好きって言ったの、2回目」
「か・・・数えてんの?」
「バカ、数えなくてもわかんだろ。最初は4年前・・・・っつーかオリンピックかよ」
「あはははは!」
「笑うな!反省しろ!もっと言え、情緒欠落女」
「あはは、まあ、ゆっくりね。・・・ねぇ、死ぬまでにはどれくらい好きって言うんだろうね」
「さあな。てめーの事だから3回くらいじゃねーの?」
「好き好き好き」
「今、使い切んなっ!」
「あははははは」

笑って、じゃれて、腕の中から逃げ出そうとする牧野をもっかい抱き直す。
「言ってなかった」
「ん?」
「誕生日、おめでとう」
「うん」
「会えて良かった」
「うん」
「なあ、好き」
「うん」
「お前も言え」
「まだ4年経ってないよ」
「るせぇ、早く言え」
「・・す・・・・好き・・・・・っ・・・て、苦しいよ道明寺」
「あ、悪り」
「ねぇ」
「ん?」
「すっごく嬉しそう」
「すっげー嬉しい」

笑う息が、白くゆっくりと流れて行く。





 

  ***





「東京、戻ったら何か買わせろよ」
車内に戻って、暖房の効いた空気の中、まだ寒いと俺のコートも奪って巻き付け、もふもふの塊みたいになった牧野がブンブン首を振る。
「ダメ、もう要らないっ!あんたからはもう貰った!昨日どっさり届いたっ!あ、そう言えばお礼言ってなかった、ありがとう。でも送り過ぎ」
「お前が誕生日くらいしか素直に受け取んねーからだろ」
「ウチは狭いんだってば!置くところがないの!何回言ったらいいのかなぁ、もう」
「あ、じゃあマンション買ってやろうか」
「バカ」
いい考えだと思った俺の提案を、一言でバッサリ切り捨てやがって。
「何か欲しいものねーの?」
「ない。何にもないっ!」
カワイクねぇ。
「・・・・・東京で一番でかいダイヤ買ってきてやる」
「げっ!やだ、要らない!ちょっと何の嫌がらせよ!大体もうお店とか開いてないし」
「開けさせりゃいーんだよ」
「出たっ!お金持ちのバカ理論!」
「ぁあ?イヤなら何か言えよ。買ってほしいもの」
「ないってば。あっ!ちょっと!どこに電話しようとしてんのよ!」
牧野は俺が開いた携帯を、何か恐ろしいモノみたいに見て、取り上げようと手を伸ばしてきた。
「届くか、チビ。手も短いくせに」
「なんだとぉ!」
せせら笑って電話を高く掲げる俺の、膝に乗り上げる勢いで手を伸ばす牧野は全く隙だらけ。
難なく両手を捉えて引き寄せ、唇を合わせる。
そしたら牧野は真っ赤になって、悔しそうに言った。
「ほ、ホントあんたって意地悪。性格悪い。根性曲がり。バカバカバカ」
「まあな、あっちにゃお前がいないから荒んでんだよ、俺」
「じ、自慢すんな!」
プイ、と横向いて目を合わせないようにして。
くち尖らして拗ねる牧野はすげぇ可愛い。
うっとり見ていたら、ちら、とこっちを向いてすぐに視線を戻した。
「・・・?」
「あのね」
「ん?」
「・・・・・・」
「何だよ」
「・・・・・・・あ」
「・・・あ?なに?」
「あ、会えたから!もう充分!何もいらないっ!すごく嬉しかったっ!ありがとうっ!」
「お前・・・」

どんだけケンカ腰だよ。
怒鳴るように言って、そのまま抱きついてきた牧野を抱き返す。
何でこうなんだろうな。
いつでも俺ばっかり、こいつからいろんなもん貰って、幸せで。
喜ばせてやろうと思えば3倍返しでやり返される。
コイツの誕生日までこのザマかよ。
思わずくつくつと笑いを零すと、耳の横で牧野が
「笑うな」
と威嚇する。

それを引き剥がして見つめる真っ黒な瞳。
腕の中の奇跡。

「いつかやり返してやっからな」
宣言して溺れていく。
「なななな何をっ!ちょっといきなり怖い事っん・・ん」
大騒ぎの天国へ。


じりじり熱い胸の中も、幸せな苦しさも、全部伝わればいいと。
ゆっくり目を閉じて、最愛の女にキスをする。










                            

      12月28日   Happy birthday


                          Fin




0574.gif



コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/28(火) 17:06 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/28(火) 22:01 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/28(火) 22:34 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/28(火) 22:44 | | #[ 編集]
Happy Birthday!
とば様、こんばんは。ご無沙汰しています。(耳鼻科と脳神経外科に通い薬漬けの私v-400

つくしちゃんの誕生日v-385v-315だから、もしかして・・ってお邪魔してから、即効でお話読んできましたが、お誕生日が過ぎてしまった・・。(ちょっと司気分v-406

久々にお邪魔したので、いろいろコメントしたいことはあるのですが、一言だけ。
年の瀬お忙しいところに素敵なお話が読めて良かったです。やっぱり、つかつく、最高v-344 今晩良い夢が見られそうです・・v-484
また来年もとば様ワールド堪能にし参ります。

何とはともあれ、Happy Birthday Tsukoshi(あえてスペルミスv-397
きっと、つかつくはあの後、素敵な時を過ごしのだろうなあ。いつか、SSでその続きが読めたら嬉しい(≧∀≦)です

どうぞ、良いお年をお迎えくださいねv-353
2010/12/29(水) 00:09 | URL | くりん #sCj5cBmo[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/29(水) 00:26 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/29(水) 00:33 | | #[ 編集]
もう最高
最高です!!
最高に幸せデス!!
つくし~~~おめでとう♪
つくしも司も二人にとって大事なのは「お互い」という存在がこの世に生まれてくれた・・・という軌跡だと思います。

いてくれれば何もいらない・・・
高価なモノなんていらない・・・その存在がいれば・・・
言葉で「好き」と言ってくれれば・・・それが何よりのプレゼントですね。
2010/12/29(水) 12:26 | URL | rann #sowQq82.[ 編集]
けいさ☆さま
v-315つくしちゃんの誕生日おめでとうございますv-315
過ぎたけど(笑)。
唐突ですが、そちらにワープ致しますv-104e-282って、バスで?
2010/12/29(水) 14:07 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/31(金) 11:05 | | #[ 編集]
チルっ子さま
年を越してしまいました~!
げふげふげふ。
風邪をひいてしまいました。げふげふげふ。
坊っちゃんを雪の中に突っ込んだバチでしょうか(笑)。全然治りませんe-448
新年から何とも情けない事ですが、今年も宜しくお願いいたしますv-457
2011/01/09(日) 01:36 | URL | とば #-[ 編集]
Cさま
つくしちゃんの誕生日、終わっちゃいましたね~。
って、いつの話をしているのか(笑)。
この話が終わらなくて終わらなくて、間に合わないかと思いました。
最初T4だけだったのに、坊っちゃん無理矢理出てきちゃって、誕生日は刻々と迫ってくるし熱は出るし雪は降るしタイトル思いつかないし全くもう。←愚痴言うな
すきすきすきをありがとうございますe-272キャッ
お返事、年越しちゃって申し訳ありませんでした。
今年も宜しくお願いいたしますv-457
2011/01/09(日) 01:48 | URL | とば #-[ 編集]
mizukiさま
きゃー、こちらこそコメントありがとうございました。
初めまして、とばと申します。
今年も宜しくお願いいたします。←なんかヘンですね(笑)まあいいか
わたしも女子トークが大好きなんです~~e-266
できる事なら前・中・後編ぶっ通しで女子トークさせたかったくらい。
坊ちゃんに殴られるので、できませんでしたが(笑)。
エンジェリックありがとうございます。
初期のころのは本当に文章が下手でお恥ずかしいe-449
なんかスイマセン////////

2011/01/09(日) 02:06 | URL | とば #-[ 編集]
くりんさま
Happy Birthday Tsukoshi(笑)
ありがとうございました。
体調は大丈夫ですか?充分御自愛なさってください。
わたしも風邪ひいてました。
お正月は実家で皆で集まるんですけど、それぞれが違う風邪を持ち寄って感染しあい、お正月明けに皆倒れていました(笑)。イヤな一族(笑)。
お返事が遅くなってスイマセンでした。
今年も宜しくお願いいたします。

2011/01/09(日) 02:20 | URL | とば #-[ 編集]
ナンシーさま
こんばんは
初めまして、とばと申します。
嬉しくなるコメントをありがとうございました~e-420
つくしちゃんの誕生日は、去年何にもできなかったので、今年は絶対なんかやりたかったんです。
彼女はどうしてこんな忙しい年の瀬に生まれたのか←あっ
みんな冬生まれですね(あ、類の3月もホッカイドーはバリバリ冬です)。
次は坊っちゃんの誕生日・・・なんかできるかな・・・できるといいな・・・弱気(笑)。
気を取り直して、今年も宜しくお願いいたします。
2011/01/09(日) 02:26 | URL | とば #-[ 編集]
(ゆ)さま
こちらこそですe-452うわーん
いつもかまって下さって、親切にして頂いて、気合と萌えをたくさんくださってありがとうございます!
・・・気合?
v-353とにかくありがとうございますv-353
1666円、どうやって使うのか楽しみにしておりますv-344←ここで言うな
難しそう~~!!
わたしなら、う~ん・・・e-77キャラメルパフェが1000円であと貯金!
ダメですか(笑)?←多分ダメ
2011/01/09(日) 02:35 | URL | とば #-[ 編集]
rannさま
遅くなりまして~~e-330
そうそう「好き」って言ってくれればね、それが一番のね。
『・・・滅多に言わねーし』
あら、坊ちゃん出てきてなんかボヤいてますね(笑)。
今年も幸せつかつく目指して頑張りたいと思っております。
どうぞ宜しくお願いいたしますv-457
2011/01/09(日) 02:50 | URL | とば #-[ 編集]
すぎすぎさま
こちらこそです。
こちらこそ、皆さまからあたたかいお気持ちをたくさんいただいて、それで頑張れています。
本当にありがとうございます。
今年もくだらない話とか痒くなる話とかばっかりだと思うんですけど(宣言?)、宜しくお願いいたします。
2011/01/09(日) 02:56 | URL | とば #-[ 編集]
No title
いつも、いいお話ありがとう^^ 
2011/02/19(土) 15:07 | URL | kenomama #-[ 編集]
kenomamaさま
こんにちは
初めまして、とばと申します。
こちらこそコメントありがとうございましたe-420
つくしちゃんの誕生日の話でしたねー!コレの後、長い風邪をひいてウツウツと過ごしていたので、読み返すとなんか眩しいです(笑)。なんかやたらキラキラしているなぁ(爆笑)!
実は遠恋中の事を考えるのはちょっと苦手で(だって可哀想じゃないですか)あんまり考えた事がなかったんですけど、T4を書くにはうってつけの状況ですね(坊っちゃん不在・笑)。
滋さんと桜子には、もっと坊っちゃんをネチネチ苛めてほしかったです(笑)。
つくしちゃん、ハッピーバースデー!←遅せぇっ

2011/02/21(月) 10:07 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/10/18(火) 22:01 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/02/22(木) 21:19 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する