FC2ブログ

つかつく砂吐き推進委員です。ヨロシクお願いいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専務と私~大迷惑・後~

あてもねぇのに、ただ気持ちだけ焦って社内を歩き回る。
目についた奴らに、牧野見なかったか聞きながら。
しかしウチの社員ども・・・・・・・
俺が話しかけるとビビるかキョドるか半ベソかくか。
失神すんじゃねぇ!オンナ!うぜぇ!
どいつもこいつも今日はおかしくねぇか。
訝しく思って、考えて、気がついた。

牧野だ。

普通なら、社員と口きく機会なんてねぇ。
用件は全部西田を通って来るし、移動の時すれ違ったとしてもこいつら頭下げっぱなしで、喋るどころか顔だって見えねぇし。

ただ牧野と社内歩いてると、よく社員と喋りだして。
俺なんかは、んな奴らと喋るより俺のコト見てろよって、つまんねぇけど。
ああ、そうだ。
牧野と居る時には、こいつら笑ってる。
あいつがいるから、笑ってたんだ。


5人目でようやく牧野の情報を手に入れた。
「社食でお昼食べてました~~~~」
意味わかんねぇホールドアップしてるのを無視してエレベーターに向かう。
マジかよと思う気持ちと、納得する気持ちと半分ずつ。
苛められて泣いてたくせに、速攻メシ喰いに行ってんのかよ、が半分。
牧野だからな・・・・・・・が、あと半分。
打たれ強いとか言うレベルじゃねぇ。
打たれても踏まれても、何倍もの力で立ち上がってくる雑草根性。
ほらな。
さっき泣いた事なんてなかったみてぇに、どんぶり飯かっ喰らってるし。

社食に入って行くと、中の全員がこっちを向く。
社員どもがポカンと口開けて静まった中を、真っ直ぐ牧野に向かって行く。
チラリと回りを見渡すと慌てて全員が目を逸らし、今日のドラマがどうだとか天気がどうとかわざとらしくざわめき出した。
その中で、一人動じずメシ喰ってる女。
真っ直ぐ正面に立っても顔も上げやしねぇ。
社員どもの『全然そちらなど気にしておりませんよ~』っつー空気が却って腹立つ。
遠くから専務が・・・牧野さんが・・・と微かに聞こえてくる中を、牧野の向かいに座った。

「おい」
「・・・・・・・」
もぐもぐもぐもぐ
「牧野」
「・・・・・・・」
バリバリバリバリ

完全無視かよ

「・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・」

「ま、牧野さん牧野さん・・・・せ、専務が・・・」
牧野の隣りに座ってた男がキョドキョドと牧野の注意を引く。
ズズズ・・・
俺のコトまる無視で茶ぁ啜ってた牧野はそっちを向くと
「ありがとうございます」
なんて、にっこり笑ってやがる。
そして回りの異様な雰囲気なんかにちっとも気づいてないみたいに、パンと手を合わせると
「ごちそうさまでした」
と、頭を下げた。

・・・・・・・・・・・・・。
あったまくる。
あったまくるこの女。
腹立ったんなら、いっつもみてぇに殴る蹴るすりゃいいじゃねぇかよ。
なんだよこの態度。
俺が視界に入ったって、まるで見えてないようなその目。
勝手に別れるとか言い逃げして、言われた俺がどんだけ痛てぇかとか、全く考えてねぇんだろ。
お前の大っ嫌いの一言で、どんだけ俺が凹むか、なあ、わかってんのかよ。

牧野が悪い。
お前が悪い。
元はと言えばお前が悪いくせに。

考えてるうちに、牧野は席を立つ。
反射的に
「牧野っ!」
大声で呼び止めると、社員どもが一斉にビクッと動きを止め。
スプーンやコップなんかを取り落とす音がガシャガシャと響き。
そしてシーンとなった。

「・・・・・・・・・・・・・・・」
立ち上がったまま、牧野はようやく視線を合わせる。
眉毛んとこにシワ寄せて。
睫毛を伏せて半眼になった、すっげぇ機嫌の悪い顔で。
そんなのすらカワイク見えちまう俺は、多分頭が湧きっぱなしなんだと思う。
湧きっぱなし。
イカレっぱなし。
こいつと出会った17の頃から。



「・・・・・・・・・ごめん」


低く、言うと空気が大きく動く。
息をのんだ社員どもが、もう見ないフリなんてやめて一斉にこっちを見る。
ごくりと、喉を鳴らす音があちこちから聞こえてくる。
・・・つーか、そろそろ周り、ウザってぇ。
ケンカショーやってる訳じゃねぇぞと牧野の隣りのオトコを睨み。
そいつが慌てて目を逸らして、いきなり猛然とメシ喰いだした時。
牧野は何にもなかったように出て行っちまった。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・くそ」

小さく漏らして、追いかけようと戸口へ向かうと
「せ、専務」
どっからか女の声がした。
振り向くが、どこにいるかわかんねぇ。
無視して行こうと思ったら、また声かけられた。
「ま、牧野さん、2階の研修室の隣りの談話室だと思います」
訝しく眺めまわすと、また違う声。
「お昼の後は、いつもそこなんです」
「牧野さんの好きな自販機、あそこにしかないんです」
「仲直りしてください」
「が、頑張ってください」
あちこちから。
発信源を探そうと目を凝らすが無駄。
っつーか、見つかんねぇよーに、がっちり隠れて言ってやがる。
「・・・・・・・・・・・・・」
その場に居る全員の緊張で、ビリビリするような感覚の中、社食を出た。
どこの誰にだかわかんねぇけど
「サンキュ」
つって。

廊下に出た途端
「「「頑張れ。専務」」」
とか多重音声で聞こえてきて、思わずクッ・・と笑みが浮かんだ。
俺は何だと思われてるんだと、自嘲したいような。
お節介な奴らばっかりだと呆れたいような。
よくわかんねぇ気分でエレベーターに乗り込む。



     ***



研修室や物品庫ばっかで、普段はほとんど使われてない2階に下りると、真っ直ぐに教えられた
その場所へと向かった。
ドアのない入り口をくぐって、狭い室内に入ると。
居た。
自販機に向かって立つ小せぇ女。
俺が追っかけて来たの気づいてるクセに、振り返りもしない女。
「牧野」
呼んでみたら、意外にも牧野はこっちを向いて、下からじっと見上げてきた。
そしてひとつ溜め息をつくと、不機嫌な視線を緩め
「・・・・・・・なんて顔してんのよ」
と言った。
「牧野」
抱きしめようと腕を伸ばすと牧野が一歩後ずさる。
「牧野」
一歩踏み出すと牧野が一歩下がる。
「触んないでよ、あたしたちもう別れたんだから」
「なんで。どうして。いつまで」
ガキみてぇにぐずりながら追いつめる。
今はもう、俺を映してる瞳を。

「あんたが反省して、もうあんな事しないって誓うまで」
「反省した、もうしない、誓う」
「早いって。口ばっかり・・・・・・ん・・・・・」
とん、と牧野の背中が当たる。

ボタンだらけの壁に押し付けてキスをした。
こいつの一番好きなキス。
もう幼すぎると言ってもいい、触れて、ぬくもりを伝えるだけの。
甘く鳴かせることもできない、ただ安心するだけのこれが、こいつは一番好きで、そして

一番カワイイ顔になる


「牧野・・・・・」
その表情に、許されたのかと顔の両脇で支えた手をずらすと

ピッ

「・・・・・・・・・ん?」
「・・・・え?・・・・・あ・・・・あ・・・・・あああぁぁぁああああぁぁぁぁぁっ!!!!」

カコン ジャー・・・・・

機械の中からなんか音がして、最後にマヌケにピーとかいった。
「ちょっとおおおぉぉぉぉぉぉぉぉっ!」
牧野がすげぇ勢いで振り向き奇声を上げる。
「ギャーッ!おしるこのボタン押してる~~~~っ!!」
「ん?」
後ろから覗きこむと牧野はギッと振り返り、
ガツンッ
「いってぇ!」
頭突きかましてきた。
「バカバカバカ!うわーん!あたしのロイヤルミルクティーっ!スリランカ産、高級茶葉使用~~~~っ!!」
「・・・・・・・買ってやるよ」
「あったり前だよ」
そして牧野は自販機の小せぇ扉を開けると、不吉に濁ったその液体をこっちに差し出した。
「これはあんたが飲むんだよ」
「飲むわけねーだろ」
「飲むに決まってるでしょ。あんたがボタン押したんだから」
「ぜってーヤダね」



「・・・・・・・・・・・・・あめ」
3分後。
自販機に2人で並んで寄っかかって、牧野はスリランカ産高級茶葉使用ロイヤルミルクティーをチビチビと啜り、俺はなぜか紙コップに入った、ただ甘いだけの濁った液体を喉に流し込んでいた。
「道明寺」
前を向いたまま、牧野が呼ぶ。
「なに」
促すと、牧野は言いづらそうに
「あたしも悪かった・・・・・ごめんね」
と俯いた。
「・・・・・・・・・・・・ああ」
「でもあんたの方が10倍くらい悪いんだからね」
上げた顔は、まるで風邪ひいたアヒルみたいで。
笑えるくらいブサイクで。
笑ってやろうかと思ったが、でも牧野はそのアヒル顔のまま
「顔が見えなかったら・・・・・顔が見えなくてあんな事されたら・・・怖いよ・・・・・」
困ったように言った。
ぎゅ・・・と胸が痛くなる。
後悔したけど取り返しはつかなくて、ただクソ甘い液体を喉に流し込んだ。

「・・・・・・・・ああ」

もう、どうだっていいんだ。
どっちが悪くても、お互い傷ついても、誰が謝っても謝んなくても。
ただ大事なのは、こうして牧野と2人で並んでて、俺がどうしようもねーくらい、この空気読めねぇ女が好きだって事。
それから
「なあ、もっかいキスしていい?」
って聞くと
「ダメに決まってる」
とか言いながら、上向いて背伸びしてじっとしてるって事。
ゆっくりと顔を傾けて、牧野の目の中に居る甘い顔した自分を眺めながら、沈んでいく。
極上の、場所。



に、触れる瞬間。

ちん

遠くから聞こえてきた、エレベーターの到着音に
「わわわわわわわっっ!!」
ドンッ!
「痛てぇっ!」
牧野は一気に茹であがり、俺を突き飛ばした。
「お前、突き飛ばしてもいいけどもうちょっと上狙え!胃に入るんだよ!その高さ。チビめ」
「ななななによ我慢しなさいよ、あんたがデカイから悪いんじゃないのよ」
「お前が凶暴なのが悪りぃんだろ。ったく何年たっても全く大人しくなんねぇ。泣かすぞ、ボケ女」
「うるさいバカ。静かにしろっ!誰か来るっ!」
小声で言い合い、牧野がジリジリと距離を空けていく。
廊下から
「あ~・・さて、専務と牧野様はどちらにいらっしゃるものか・・・」
棒読みのセリフが聞こえてくる。

「西田・・・・・・・」
「西田さん・・・」
俺が眉間を押さえ、牧野がホッと息をついた10秒後。
西田が入ってきた。
「専務、お時間です」
「お前、何だよ。あのわざとらしい登場の仕方」
言ってやると、西田はしれっと
「予告が必要かと思いまして」
と言い、
「お互いのために」
と、付け加えた。
牧野が更に赤くなる。
・・・・・・・・・意味ありげな視線よこすな、西田のくせに。



「昼食は、すませましたか」
「いや、喰ってねぇ」
なんか言われるかと思ったが、西田はそうですかと後ろを向いて歩き出した。
仕方なく俺もついて歩き出し、牧野も後からついてくる。
その牧野のポケットから小さな振動音。
「・・・・・・ん?ん?ん?」
と言って、携帯をいじってた牧野が急に吹き出す。
「・・・・・・なんだよ」
言って振り返ると、牧野はゲラゲラ笑いながら携帯をこっちに差し出してきた。
訝しく思って見ると画面には

『Sb・許してあげて下さい』
『Sb・仲直りしてあげて』
『Sb・ケンカしたんですか?』
『Sb・凹んでましたよ』

「いっや~っ!あんた愛されてるね~っ!はははははは!」
うるせえなとジロッと睨むと、前を行く西田までが振り返り、能面顔をこっちに向けた。
「そう言えば、社内が混乱しておりますが」
「あ?なにが」
「専務の謝罪と礼を見てしまったと、社員が仕事も手につかない状態です」
「ぶはぁっ!!!」
後ろでもっかい派手に吹き出す牧野。
すっげぇ楽しそうに笑いやがって、誰が原因だかわかってんのかアホ!と。
憎ったらしいから、不意打ちでハナかじってやったら牧野はぎゃっと飛び上がり。
西田は溜め息をついて
「・・・・・・・社内ではお控えください」
と言った。


         ***



ざわめくエントランスに下り立って牧野を見下ろす。
「行ってくっから」
っつーと、キレイに頭を下げて
「行ってらっしゃいませ、専務」
と笑う。
めちゃくちゃカワイイ顔で。
「おう」
嬉しくなって、頭でも撫でようかと手を伸ばしたら、鈍感オンナのくせに何かを察知したらしく
ピョンっと引っ込んだ。
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「行って、らっしゃい、ませ」
今度は軽く脅しが入った笑顔に、仕方なく歩き出した。
するとそこには、ずらっと並んだ社員ども。
いつもなら下げっぱなしの頭を上げて、すっげぇ笑顔でこっち見てる。
そこには
『良かったですね!専務!』
みてぇな空気が充満してて、不意に思い出す。
さっきの牧野の言葉

『いっや~っ!あんた愛されてるね~っ!』

「違うだろ。バーカ」
ずっと後ろの、牧野の気配に向かって、口の中で呟く。
こいつらが、心配すんのも、大事にしてんのも、震えながら俺に助け舟出すのも、今笑ってんのだって。

お前のためだろ。



空を映して、自動ドアが開く。

最後に振り返ってみると、笑う社員どもの一番奥で笑う牧野は




  光そのもの







                    Fin




0574.gif


コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/22(火) 09:11 | | #[ 編集]
サイコー
はじめまして。いつも楽しく読ませていただいています。中でも専務と私シリーズ大好きなのでとってもうれしかったです。う~ん♪やっぱりサイコー♡
これからも頑張って下さい。ずいぶん過ぎてしまいましたが、司の誕生日の話もサイコーです。
2010/06/22(火) 09:41 | URL | tuki #-[ 編集]
ひなつゆかさま
おはようございます
ね!後ろからずっしり体重かけて乗っかる坊ちゃん、萌えますよね!!
良かった~e-420おんなじ~e-420
こっち、今とてもいいですよ。
寒からず、暑すぎず。花は咲き、イカが安い(スイマセン、イカの街なんです)。
ここ北の国は私も大好きなんですけど、海で泳げるのが1カ月くらいなのがイヤかなぁ。
お盆過ぎると、とたんに水が冷たくなるんですよね~。
世間話(笑)
早々のコメント、ありがとうございましたv-344
2010/06/22(火) 09:42 | URL | とば #-[ 編集]
tukiさま
おはようございます
初めまして~。わ~、ありがとうございますe-415
久しぶりに書いたらすごい楽しかったですv-343
一番好き、と言っていただく事が多い専務シリーズですが、回を追うごとに大っぴら(?)に社員の前でイチャイチャしやがって、全然秘密でもなんでもねーじゃんよ(爆笑)。←自分で突っ込んでおきました(笑)
嬉しくなるコメントをありがとうございましたv-344
頑張りますe-271
2010/06/22(火) 09:59 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/22(火) 15:16 | | #[ 編集]
いろはさま
こんにちは
コメントいただいて、すぐさまお返事してスイマセンe-455
今日暇なんだもん。ウチの小学生は修学旅行に行っちゃったしさe-259
お久しぶりの専務と牧野さん(笑)でした。
いや~わたしも、あの凹みっぷりが好きでついつい精神的に坊ちゃん苛めてしまうんですけれど(笑)。つくしちゃんが、すぐ許すからおいたが止まないんですよねぇ(笑)。
西田さんも相変わらずの(?)千里眼(笑)。
e-77実は社食の一番隅っこで焼き魚定食でも食べていたって言うのはどうでしょう。
あとスイマセン。わたし実はおしるこドリンクは飲んだ事がありません。
だって見るからに甘そうじゃないですか~~~っ!!イヤーッe-260
はあはあ、取り乱してスイマセン。
今日もありがとうございましたv-343
2010/06/22(火) 15:35 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/22(火) 17:08 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/22(火) 17:34 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/22(火) 19:10 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/22(火) 22:39 | | #[ 編集]
愛されてる専務
愛されてますねぇ 専務
「牧野」を好きになってよかったですね

社員も幸せ、このお話を読んでる私も幸せv-238

ところで、「公私混同」で「こうし?」「ドナドナか」の突っ込みはなかったですねv-8

2010/06/22(火) 23:05 | URL | megu #mQop/nM.[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/22(火) 23:19 | | #[ 編集]
(≧∀≦)きゃあ♪
こんばんは♪
とば様、大好きな専務シリーズの新しいお話をアップしてくださりありがとうございますv-344
もうたっぷり満喫させていただきましたv-411

私もぜひ、エロ専務に「サンキュ」って言ってもらって、つくしにメールを送れる社員になりたい程ですv-356
そして、今回、棒読み西田の登場の仕方にも笑わせていただきました。

とば様のお話はどれもこれも大好きですが、中でも専務シリーズはお気に入りv-10
正直、専務シリーズで射貫かれて、とば様のサイトに堕ちた私ですからv-402

これからも素敵なお話楽しみにしていますねv-421
2010/06/22(火) 23:38 | URL | くりん #sCj5cBmo[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/23(水) 00:20 | | #[ 編集]
あやのさま
こんばんは
遠くからありがとうございます。電波はすごいなぁe-332
専務シリーズがお好きなんですねe-420
わたしも大好きですe-415オフィスラブ~e-415
わたし、オフィスというところで働いた事がないので、ヘンなところがあったらスイマセン(笑)。
今回すごく楽しかったので、また書きたいな~専務e-420
ありがとうございましたv-344
2010/06/23(水) 00:42 | URL | とば #-[ 編集]
usausaさま
こんばんは
ウチの小学生は修学旅行です。淋しい~~~e-259
お小遣いを落としていないか、先生に怒られていないか、そしてちゃんと恋バナはしているのか!
・・・心配です←アホです
萌え萌えありがとうございますe-420
わたしも、いいち子さまのところで『後ろからずっしり体重かけて乗っかる坊ちゃん』を見たときは、もう萌えて萌えてどうしようもありませんでしたe-449←なんか思い出してる
ありがとうございましたv-344
2010/06/23(水) 00:57 | URL | とば #-[ 編集]
    こんばんは!!

 久しぶりぶりの“専務と私”堪能させて頂きましたe-454


司が「ごめん」と謝ったところで社員が振り返った時、ザって
音が聞こえた気がする・・・のは、年寄りのe-318空耳だろうかーーーーー。

デビ西田氏の心のない(?)気遣いの棒読みにプププ・・ぶわっはは・・
ヘソで茶ぁ沸いちゃったわよv-365

分かっちゃいるのに学習しないこの2人にエールを送りたい。。。なんの???


   では、また・・・e-463
2010/06/23(水) 01:07 | URL | magenta #-[ 編集]
anneさま
こんばんは
遠くからありがとうございます。
わ~、バルコニー。紅茶。気持ちの良い戸外。
そして液晶の中では坊ちゃんが『好きでもないオトコにいじられて以下略』とか言ってるわけですね!
ぎゃはははは!!←すげぇ失礼
暴走OKですか(笑)。
今回はつくしちゃんに『何とも思ってない』とか言われて傷ついてしまった坊ちゃんでしたが、その後の行動がアレなもので皆さんから『エロい』『エロ専務』て言われてました(笑)。
ふふふふ。楽しかったです。
ありがとうございましたv-344
2010/06/23(水) 01:08 | URL | とば #-[ 編集]
煌々さま
こんばんは
待って頂いてたんですか、いやぁスイマセン~。
悪い坊ちゃんにはシカトが有効だと思います。きっぱり。
凹んでましたね~(笑)←笑ってるよ~
わたしも社員の群れの中に入って『頑張れ専務!』って言いたかったです。
でも高確率で『・・・ぁあ?(んだこのババァ、うぜぇ)』と凄まれそうなので、やっぱやめようかな(笑)e-456
専務シリーズにお褒めの言葉をありがとうございますe-420
またいつかe-415
今日も、ありがとうございましたv-344
2010/06/23(水) 01:20 | URL | とば #-[ 編集]
meguさま
こんばんは~
『会社なんだから、ちゃんとモラルっていうものを念頭に置いて・・・』
『ばっ!お前、か、会社で悶えるとか言ってんじゃねーよ!』
『・・・・・・・・・』
『は、はしたない女だな』
『いちいちエロい方に聞き間違えんなぁぁぁぁぁっ!!』
   e-281ボグゥe-281
そんな訳でドナドナは忘れちゃったんですけど(笑)。
サブタイトル大迷惑は、実は社員の気持ちなんじゃないかという(笑)。
疑惑を残し、ありがとうございましたv-344

2010/06/23(水) 01:30 | URL | とば #-[ 編集]
Cさま
こんばんは
え!顔が見えるところでもう一回ですか!
・・・・・・・・e-449←妄想してる
・・・・・・・・v-15←まだしてる
・・・・・・・・e-272←射ぬかれたみたいです
おしるこ飲む坊ちゃんにも萌えていただきありがとうございます(笑)。
結局おしるこドリンクが昼食になってしまったんですね(笑)。
可哀想~~←思ってないくせに
今日もありがとうございましたv-344
2010/06/23(水) 01:38 | URL | とば #-[ 編集]
くりんさま
こんばんは
専務シリーズがお好きなんですねe-446ありがとうございます。
正直、初期の頃より専務ヘタレてきてますが大丈夫ですか(笑)?
わたしも坊ちゃん視点で書くたびに、『何でこんなにつくしちゃんにメロメロなんだあんたは』と思ってしまうんですが、専務は特に際立ってメロメロなので好きなんですe-415
社員も好きだ!
つかつくの事を書いていると、周りのみんなまで、それこそ名もなき社員たちですら愛おしくなってくるのはどうしてなんでしょう。
こんだけ社員の前でドタバタしていて、まだ交際がバレていないと言い張るつもりかと言われそうですが(笑)。
でも、最後まで秘密です。きっぱりe-442
今日もありがとうございましたv-344
2010/06/23(水) 01:56 | URL | とば #USanPCEI[ 編集]
紫紺さま
こんばんは
そうなんですよ~。
前のを真面目に更新していたので(そうだねって言って下さい・笑)1カ月くらい休もうかな~、どうしようかな~って思ってました。
休んで、つかつくサイト巡りするの~e-266キャーッe-266←ウキウキしてる
まだどこかに、読んでいないステキなお話がありそうでe-266
ただ、ステキなお話を読んでいるとムラムラと自分も書きたくなってしまうのが難点です(難点なの?)。
今回も誉めていただきありがとうございましたe-420
リクエストも時々頂くんですけど、わたしにリクエストなんかしたら全部少女マンガテイストの砂吐き話にされちゃいますよ(笑)。
久しぶりに腹黒くない西田さんを出せて嬉しいですe-455
ありがとうございましたv-344
2010/06/23(水) 02:10 | URL | とば #-[ 編集]
magentaさま
こんばんは
絶対『ザッ』って音がしたと思います(笑)。
そんで坊ちゃん謝った時には『謝ってるよ~~~~~』社員の心の中の叫び(笑)。
午後、社内その話で持ちきり。←シゴトしろよ(笑)
久しぶりのこのノリ、楽しかったですe-420
やっぱりオフィスラブはいいですね~←したことないくせに
今日もありがとうございましたe-266
magentaさま、夜更かしですか?
え?わたしは一回寝て起きたところです。また寝ます←聞かれてないよ~(笑)
おやすみなさいe-261


2010/06/23(水) 02:21 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/23(水) 04:39 | | #[ 編集]
Rietjeさま
おはようございます
いいですよね~オフィスラブe-272
ベスト付きの制服でスカートは普通に膝上5cmで後ろにスリット入ってて、タイはどうしようかな。タイなしでもいいけどパチンと止めるリボンのがいいかな・・・って違うとこに行っちゃってますけど(笑)。
坊ちゃん、仕事もしないでヘンな事ばっかりしてますけど、それは単にわたしが『会社のお仕事』って何をするのかよくわからないからです(笑)。ごめん、坊ちゃん(笑)。
今日も遠くから、嬉しくなるお言葉をありがとうございましたe-415
2010/06/23(水) 09:14 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/23(水) 12:25 | | #[ 編集]
ひーさま
きゃー!
びびびびびびびびびっくりしました!!
こちらこそ、初めまして、こんにちはe-451e-449e-350e-452e-447(『とばはこんらんした』)
某所で、なんか、あのご一緒・・・?させて頂いておりますが、こちらからのご挨拶もなく申し訳ありません。
お邪魔いたしました時に、わー!趣味おんなじだー!と一人ニヤニヤしておりました。
花O、天O、銀Oe-415ウチに揃っておりますe-420
ほほほほほほ本日はどうもありがとうございました←いい加減落ち着けや(笑)
ビビりでスイマセンe-259でもホントに、なんか感激・・・e-420
2010/06/23(水) 13:12 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/23(水) 23:33 | | #[ 編集]
LUCAさま
こんにちは
あ、秘書でした。
いつもながら全く仕事をしていなくてスイマセン(笑)。
わたしも専務と秘書と、熱く見守る社員の皆さまが大好きですe-415
しつこく書いているうちに会社の間取りも決まってまいりました(笑)。
専務室は52階。そう言えば、つくしちゃんって高所恐怖症って設定じゃなかったですね。
ほら、坊ちゃんがビルから飛び降りた時に(夢だっつーの)自分で言ってましたよね。
大丈夫でしょうか、高所勤務e-351
また、ムダにラブラブしたくなったら専務が出てくると思います(笑)。
その時はヨロシクお願いいたしますe-420
2010/06/25(金) 11:24 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/25(金) 16:30 | | #[ 編集]
みかんさま
こんばんは
ね!『後ろからずっしり体重かけて以下略』萌えますよね!
どうして、いいち子さまにはわからないのか~~~っ!←陰口ではありません(笑)
今回も賛成票ありがとうございますe-440ニヤリ
それでは西田さんは、食堂の隅っこで焼サバ定食を食べていた事に決まりましたv-308ゲフ。
『くっつきたがり』の坊ちゃんに、またまたe-272です。
カワイイ。くっつきたがりって・・・(笑)!その通り!
社内ではお控えください(笑)
ホント気の毒西田さん。なんかそのうち胃をやられそうです(笑)←笑うな
今日も、ありがとうございましたv-343

2010/06/26(土) 02:45 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/12/09(金) 22:17 | | #[ 編集]
ゆかりんさま
こんにちは
初めまして、とばと申します。
嬉しいです//////褒めて頂きました///////
わたしも専務シリーズの社員の皆さんが好きなんです。
社を挙げて、専務の片思い(社員の捉え)を応援している感じですね(笑)。
e-420あと西田さんe-420
わたし、実は普通の会社で働いた事がないので、専務シリーズはとても憧れる気持ちで書いているんです。
その割に、つい最近まで専務と常務とどっちが偉いのかわからなかったくらいのアレなんですけど、これからもどうぞ宜しくお願い致します~。
2011/12/12(月) 11:24 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/11/24(火) 21:21 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。