FC2ブログ

つかつく砂吐き推進委員です。ヨロシクお願いいたします。

ハニィハント 34

高く晴れた空の下。
長く伸びた滑走路の脇に、西田が到着した。
少し先には整備を終えたジェット機が、乗員が乗り込むのを待っている。

朝の電話。不機嫌な司の様子。
牧野様の説得に失敗したのだろうと、苦笑したいような気持で空を見る。
あんなに彼の思い通りにならない女性も、2人とはいないだろう。
彼女の意志が強すぎるのが問題なのか、それとも彼が甘すぎるのか。
司を迎えるために、機体に向かって歩きながら西田は考える。
目的の場所に到着した時、静かなエンジン音と共に2台の車が姿を現した。

停止した車からこちらに向かってくるのは、彼の上司とその親友たち。
旅行支度をしたタマも、同行している。

「おはようございます」
きっちり60度に腰を折って司を迎える。
予想では不機嫌最高潮だろうと思われた司は、だが意外と穏やかな表情でつくしと並んで歩いて来た。

「ああ」
軽く頷き、後ろを振り返る。
「じゃあな」
あっさりとした別れの言葉に、彼の親友たちも慣れたもので
「気ぃつけてな」
「俺、来月そっちに出張だから、呑もうぜ」
次々に言葉をかけていく。

つくしも何か言おうと思った。
電話するとか会いに行くとかなるべく早くこっちを片付けるとか、そういう事。
でも胸が詰まる。
すぐ追いかけるからとか、ちょっとの間だけだからとか言って笑った自分は一体どこに行っちゃったんだろう。
実際ジェットを目にすると、すごく淋しくなって思いがけずに目が潤んでしまった。
「・・・・・・・・!」
慌てて下を向くと、大きな手が髪をくしゃりと掻き混ぜる。
「牧野」
うんと優しい声が上から降って来て、つくしはあたたかい胸の中に閉じ込められた。
「道明寺・・・・・・」
思わず身体を預け、目を閉じた・・・・・
瞬間。

「・・・・・っと待ったっ!」
はっと、状況に気づいたつくしが暴れ出す。
「みんな見てる、みんな見てる、みんな見てる」
「だから?」
「離して~~~~~っ!」
「いやだね」
「ひ~~~~~っ」
一方的に熱烈なラブシーンを繰り広げ出した2人を、数歩離れた所から親友たちは笑って眺める。

「おー。相変わらず情緒ねぇな」
「お約束だよね」
「牧野、気にすんな。誰も気にしてねーから」
「ははははは」
笑いながらからかう声も聞こえないくらいに、つくしはバタバタと暴れている。
「ちょっと・・・・・離して、道明・・・・むごむごむご」
抵抗の甲斐なく、すっぽりと胸の中に取り込まれたつくしの耳に、西田の声が聞こえてくる。
「そろそろお時間ですが」
「ちょっと待て、まだ来てねぇ」
何が?誰が?
司の声はなぜか楽しげに響く。
頭の中が疑問符になって、見上げようとしたが、力に強い手は緩むことなく身動きが取れない。

「お~~~~~~い!」
遠くからバタンと車のドアが閉まる音が聞こえてきた。

「つくし~~~っ!つかさ~~~~っ!」
お馴染みの楽しげな声は滋だ。
後ろから桜子も、優雅に歩いてきた。
司は2人を見るなり口元を緩めた。
「よお」
「ごめんごめん、遅くなって。意外に手間取っちゃった、あはははは」
「中のヤツに渡して」
「わかったよ~。はい、ヨロシク」
「はい」
何かが、起こっている。
それなのに、司の胸に埋め込まれたつくしには何にも見えず、会話からも状況が掴めない。
「もごもごもごもご」

「・・・・・道明寺さん、先輩死んじゃいますよ・・・・」
一瞬、桜子の声で腕の力が緩んだ。
その機に乗じて、つくしが思いきり司の胸を押して顔を出す。
その目の前には、桜子から司に手渡されようとしている

『日本国旅券』

「パッ・・・・・」
「やべ」
「なによそれぇ~~~~~っ!!!!!」
裏側にマジックで、でっかく記された『まきのつくし』は、去年滋が酔っぱらって書いたものだ。
「ちょっと、どういう事!なんであたしのパスポート・・・道明寺!手を離せ~~~っ!」
バタバタと大暴れしだしたつくしを、がっちりと捕獲しながら司は笑う。
「言ってもわかんねーみてーだから、実力行使だ」
「やだっ!あんた一緒に連れてく気っ?い、行かないって言ったじゃん!あんただって、諦めたって・・・・・」
「んなこと言ってねぇ」
「・・・・!は、離せ~!離せ~っ!ヤダってば~っ!ちょっと、あんたたち、何黙って見てんのよ!助けて~っ!」
離れたところで見ている仲間たちに、必死で手を伸ばして救いを求めるが、全員揃ってひらひらと手を振り笑っている。
「つくし、元気でね。遊びに行くからね」
「取りあえず要りそうなもの、バッグに入ってますから」
「暴れるな、牧野。無駄だから」
「電気ガス水道止めといてやるからな」
笑って見ている総二郎にあきらに滋に桜子に、花沢類まで。
つくしはワナワナ震えると、全力で叫んだ。

「あんたら全員グルかあああぁぁぁぁぁぁっ!!!」

はははは、と笑った司が、ひょいとつくしを持ち上げる。
ギャーギャーと騒いでるつくしを、目の高さまで持って来て、あり得ない程甘い眼差しで、愛しい女を覗き込んだ。
「愛してるぜ、牧野」
「・・・・・・・・うっ」

ボンッ

音が聞こえそうなほど赤くなり、声も出さなくなったつくしを、司は目を細めて眺めるとそのままジェットへと進んで行った。

西田も後から続く。
まあ、想定内。
これぐらいの事は、予想していたと、有能秘書はあちらへ着いてからの段取りを頭の中で組み始めた。
前を行く司は、してやったりと上機嫌だ。
固まったつくしを腕に抱いてタラップを昇る。
そして機内に入る直前、くるりと後ろを振り向き
「西田」
「はい」
後ろに続いて来た西田に向かってニヤリと笑うと

ドカッ

「・・・・・・・・・・・・っ!」

蹴り落とした。

ザザッ・・・
「・・・・・・・・・・・・・・・」
なんとか転倒は逃れたものの、膝をつき、不測の事態に目を僅かに見開いた西田と司の視線が交差する。
「2、3日休暇やる、西田」
「・・・・・・・・・は?」
タラップが、機体から離れていく。
西田を残して。
「お前の女に会って来い」
少年のように笑う司をただ見上げて、西田は既視感に考えを取られる。
この笑顔をどこかで見た事がある、と。


ああ

報告書の写真だ。
高校の時の、2人が並んで歩いている写真の。

この人は取り戻したのだと考えている間に、搭乗口は閉じられていく。
隙間から、正気を取り戻したらしいつくしの叫び声が聞こえる。
「人さらいっ!誘拐なんだから、こんな事して。絶対許さないっ、あんたなんかもう口きいてやんない、バカーッ!」
「るせっ!もう観念しろ、往生際悪りぃんだよっ!おいタマっ!アレ寄こせ、牧野が素直になる薬」
「はははははっ」
「センパイッ!センパイまで・・・・・・・」

ガチャン

ロックされて、喧騒を中に閉じ込められたジェットが、ゆっくりと離陸帯に向かって行く。
西田は立ち上がると、パン・・・とスーツの埃を払った。

後ろからは、賑やかな笑い声。

「3日」
「え~?早い。1週間は大丈夫じゃないの」
「ちょっと待てよ~?あのジェットが着くのが半日後だろ~?それからとんぼ返りしたら、明日か?明後日か?」
「道明寺さんもやる気でしたから、1か月は大丈夫じゃありません?」
「気が緩んだところが危ねーよな」
「ははは、っつーか、牧野が観念してずっとあっちに居るっつー可能性は?」

「「「「「ない!」」」」」

声を揃えてキッパリ言って、爆笑している。

「・・・・・・・2か月半」
西田は振り返ると言った。
「お!秘書も参加だ」
「西田さん・・・ですよね。そんなに保つと思います~?」
「年が明けたら、司様は日本に赴任されます」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・え」

「「「「「えええぇぇぇぇぇぇ~~~~っ!!!」」」」」

落とされた爆弾に、5人が一斉にどよめく。
「うっわ、マジかよ!」
「帰ってくんのか、司ぁ!」
「うわ~!すごい~~!」

「そんな事、ここで言っていいの?」
大騒ぎを尻目に、冷静に声をかける類に西田は向き直って言った。
「今日、あちらでも発表になる予定です。構いませんでしょう」
もともと、この時期にわざわざ日本まで視察に来るなんて、頭のあるものが考えればその意味がわかるようなものなのだから。
「それでは私はこれで」
頭を下げた西田に、滋が声をかける。
「これからどうするんですか?」
「次の民間機でNYへ向かいます」
「え~!せっかく休暇貰ったのに?・・・ぷぷぷ。西田さん彼女いるんですね。司もああ言ってたし、ありがたく受け取ったらどうですか?」
「いいえ、お気遣いはありがたいのですが」
「そうそう、人に気なんて遣った事のない司が、せっかく気ぃ回したんだから・・・ははは、なぁ」
「気ぃ回したっつーか、牧野と一緒のとこ邪魔されたくないからじゃねーの」
「はははっ!そーか!それだ!」
笑う総二郎とあきらを横目に、滋は西田に向かってずるい顔をして言った。

「取れませんよ、席」
「・・・・・・・・・・・・は?」
「頼まれたの。司に。西田さんが追いかけようとしたら阻止するように。2日間、NYへの空席は全部大河原が押さえます。キャンセル待ち狙っても無駄ですよ。ぬかりなしです!」
ビシッ!とVサインをして
ふーふーふーふーふー。
まるで悪役みたいに笑う滋はイキイキと楽しそうだ。
「・・・・・・・・・・・・司様・・・・・・・」
思わず溜め息を漏らすと、滋が覗き込んで来た。
「貰ってやって下さいよ、休暇。多分、司から西田さんへのお礼なんですよ」
「余計な事です」
ポツリと、無表情な唇から一言漏らすと、西田は深く頭を下げ、そこから立ち去った。
全く、あの考えなしの御曹司ときたら。
自分が居なければ、たちまち立ち行かなくなるくせに。
こんな事なら恋人の話なんてするんじゃなかった。
心の中でブツブツ言いながらも、後先考えない不器用な気遣いが、どうしてか胸をあたためる。

西田はポケットから携帯電話を取り出して、NYへと発信する。
第2秘書に指示を与えるため。
彼は2日間、上手くやれるだろうか。
休暇をもらっても、ここから遠隔操作する事になりそうだと考える。
それから、コール音を聞きながら思いを巡らす。
今ごろジェットの中で大騒ぎしているだろう2人へ。
「私が帰る頃には収まっていると楽なんですが」
それもこれも彼女次第。
「諦めて下さいよ、牧野様」
頭に浮かぶ彼女は、頭から湯気を出してカンカンに怒っていて、脳面秘書から思わず苦笑が漏れる。
『諦められるか~~~っ!』
どこからともなく叫び声も聞こえてきたが。








「あ~~・・・・・・・」
「どうした、総二郎」
「やっと静かになったな~・・・っつーか気ぃ抜けた」

   真っ直ぐな 恋だった


「嵐みたいでしたね~」
「行っちゃうと、あっという間だったよねぇ」


  不器用で 純粋で
   上手くなんか できなくて
  守りたくて 大切で 傷ついて 傷つけて


「すぐ帰ってくるよ」
「はははは、また騒々しくなるなぁ」
「楽しみだねぇ!」
「滋、それはお前だけ」


   幸せに なればいい


「・・・・・・行っちまったよなぁ」
「なんか俺、あのへんの空にあいつらの顔が見える」
「マンガかよ」
「死んだみたいだね」
「ぷ」
「ははははっ」


  うんと 幸せになればいい


「帰るか~」
「帰ろうか~」
「ニッシーさぁ、つくしの家の電気ガス水道止めてやるって言ってたけど、出来んの?」
「知らねーけど、金払わなきゃ止まるって前に牧野が言ってた」
「へー」


   溺れるほど 幸せになればいい


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ねえ、良かったよね」
「ああ」
「良かったよな」
「うん」
「ホント良かった」

   幸せに

   愛して 愛されて 愛しあって
       ずっと未来まで 人生の先まで その最後まで




空を見る
どこまでも清冽な青色の中に 吸い込まれた機体を探す
大切な 2人を探す


心配だって迷惑だって、かけられるのは多分一生
既に覚悟はできている
だけどしょうがない
あの2人が好きなんだからしょうがない

暴走オトコと鈍感オンナ
今度は何をして周囲を巻き込んでくれるのか


ああ


ワクワクする


類が、総二郎が、あきらが、滋が、桜子が
視線を見かわす。
「帰ろっか」
「ああ」

ゆっくりと歩き出した
空を見ながら、喋りながら
幸せそうな司の顔を思い出しながら
真っ赤に怒ったつくしの顔を思い出しながら




         笑いながら






           *


・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「わ~!見えてきた~、日本だぁぁぁ!ちょっと、道明寺、日本だよ~!」
「ぷ、興奮しすぎお前」
「うわぁぁぁぁぁ!どこだろ、コレ。ああ、雲入っちゃった」
「揺れるから座ってろよ」
「うん。う~、もうすぐだね。皆、来てくれるんだって。昨日、シゲルさんから電話きてたよ」
「へぇ」
「ああああああ早く帰りたいぃぃぃぃぃっ!一体あたしの部屋、どうなってるんだろう~。うわ~、、怖いよ~怖いよ~」
「どーもなってねぇよ。あいつらがちゃんとやってくれてんだろ?」
「甘・い・よ、道明寺。悪いけどあんたたち、坊ちゃん嬢ちゃんの『ちゃんと』って全然信用できない。だって、桜子が詰めてくれた旅行バック、何が入ってたと思う?着替えとかはまあいいとして、目覚まし時計と家計簿とタイガーバームだよ?それ一体どうしろって言うのよ」
「・・・・・・・?・・・・・・・タイガー・・・?」
「ああ、いいから。気にしなくて。あああぁぁぁぁぁ・・・・・何か、目に見えるようだ・・・きっと郵便受けに新聞、取れないくらいぎゅうぎゅうに押し込まれてて、冷蔵庫の中でキュウリが水になってて牛乳がヨーグルトになってて・・・・ああぁぁ・・・今思い出したけど、メロンパン・・・・・うあああぁぁぁぁぁ・・・・・絶対でっかいマリモみたいになってる~~~~」
「睨むなって。俺が悪りぃみてぇじゃねぇか」
「みたいじゃなくて、あんたが悪いんだよ」
「あ~。わかったわかった」
「軽く流すな、バカ・・・・・・あ、見えてきた。アレじゃない?あれ滑走路だよね。うわ~、うわ~」
「ぷ」
「なによ」
「ガキかお前、どんだけ興奮してんの」
「何よ、なんか文句・・・・」
「可愛い、牧野」
「かっ////////////・・・・ま・・・・真顔で言うなっ・・・・あ・・・・あああぁぁぁ!みんなだぁぁぁぁっ!!!あ、やだぁ、手ぇ振ってる~~あはははははは!」


ィィィィィィィイイイイイイィィィィィィィィ・・・・・・ンンンン・・・・・・・

・・・ォォォォオオォォォォ・・・・・・・・

「来るよ!来たよ!」

ガシャ

「キャーッ!ただいまぁぁぁぁっ!!」
「おかえりぃっ!!」
「よ!司!牧野!・・・・・牧野でいいのか?もう道明寺つくしになっちゃってたりして~」
「なるかっ!」
「先輩おかえりなさい。道明寺さん、ご帰国おめでとうございます」
「おう」
「桜子~~、久しぶり~~~!ねぇ、最近あたしのアパート見に行ってくれた?2か月以上も放りっぱなしだったからさ~。どうなってるのかと思うともう、心配で心配で・・・・」
「・・・・・・あ」
「ああ~、それがですね・・・・・先輩」
「へ?」
「アパート・・・さぁ・・・・もうない・・・・かも」
「・・・・・・・・・・は?」
「あ~、俺らの気持ちっつーの?親友の幸せを祈る俺らとしては、早くお前らにまとまって欲しいからよ」
「お前の荷物、全部司んちに運んどいたから」
「んで、アパートは取り壊しておいたから」
「・・・・・・・・・・・・・はい?」
「へー、お前らなかなか気が利くじゃん」
「まあな。なんつーか、まあ、司が帰ってきたからには、牧野を逃がしちゃいけねぇっつーの?」
「調教師の確保が第一優先っつーの?」
「いっやぁ~!あたしたち一応止めたんだけどねぇ~!」
「ウソつけ滋!お前クレーン乗っ取ってアパート破壊してただろーが」
「なななななに言ってんのよ。あんたたちだって、近所の奥さんたちに愛想よく引っ越しソバ配っちゃったりして張り切っちゃってたじゃないの~!」
「・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・牧野?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・つ、つくし?や・・・やっぱ怒ってる?」
「・・・・・・・・・・・・あんたたち・・・・・・・・・・・」
「おい、ヤバい、逃げろ!」
「・・・・・・・・・・・引っ越しソバは・・・・越して来た時だろ・・・・」
「うわっ!危ねっ!」
「人のウチ勝手に・・・・・・・・・」
「キャーッ!逃げろー!」


「壊してんじゃねーよッ!」



「わ~!こっち来んな!あっち行け、あっち」
「ぎゃはははははっ!!」
「あはははは!」
「待てっ!あんたたち、一発ずつ殴ってやんなきゃ気が済まないっ!」
「キャッ!やだ、こっち来た!花沢さん助けて」
「ヤダ」
「待てコラ~~~っ!」
「あぶねっ!ぎゃははは!助けて!司ちゃん!」
「道明寺っ!そこどいてっ!」
だだだだだだだだだだだ
「おい、てめぇら、離せ!」
「離すか!お前のためにやっといたんだから、守れ」
「うっわマジだぜ、アイツ!」
「げ!ちょっと待て、牧野!ちょ・・・」
「くらえっ!」

ドガシッッ!!!!

「あっ!道明寺さんがっ!」
「ど・・・・道明寺っ!ど、どいってって言ったじゃん!!」
「ははははは!すっげぇ久しぶり!飛び蹴り炸裂~~~~っ!!」
「つ、司、大丈夫か・・・・・」
「・・・・・・・・・大丈夫な訳ねぇだろぉぉぉぉぉぉぉっ!」
「やべ、こっちもキレた」
「逃げろっ!」
「あははははは!」
「はははははは!」

「あはははははは!」





                              Fin



0574.gif
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/16(水) 00:57 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/16(水) 01:07 | | #[ 編集]
お疲れ様でした!!
とばさん、長い間お疲れさまでした!!
パチパチパチパチv-222(←拍手音)

楽しくってエロくて切なくって......
今回のお話も最高でした!

何度もいいますが...
ご馳走様でした!!!!!!!!
2010/06/16(水) 01:27 | URL | Rietje #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/16(水) 01:36 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/16(水) 06:23 | | #[ 編集]
菊一文字さま
おはようございます
ハニィハント1の最初のコメも菊一文字さまでしたねe-420
わ~、なんかすごい。
というかいつも夜更かしなんですか?←まったくもって余計なお世話
だらだらと続きましたおバカ話に最初から最後までおつき合いいただきまして、感謝です。
こちらこそ、ありがとうございましたe-415


2010/06/16(水) 08:37 | URL | とば #-[ 編集]
starさま
おはようございます
初めましてe-68
誉めていただきましたe-449嬉しいです~。
終わってみると、なんという事もない(笑)話だったんですが、最後までおつき合いして頂きありがとうございましたe-420
半年くらい、ずっとこの二人の事で頭がいっぱいだったので、今ホッとしています。
愛はもう標準装備で、また頑張りたいです。
ヨロシクお願いいたしますv-344
2010/06/16(水) 08:47 | URL | とば #-[ 編集]
Rietjeさま
おはようございます
お、お粗末さまでした(笑)e-446
前回は励ましてくださり、ありがとうございました。
何回か、ピンクのムードが続いたため、今回最終話をUPした時なんか『アレ?』って感じになっちゃいました(笑)。
ちゅーもしてねーよみたいな(笑)。←しなくていいよv-17
何度もコメントいただいて、本当にやる気が出ました。
ありがとうございましたv-344

2010/06/16(水) 08:57 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/16(水) 08:59 | | #[ 編集]
いろはさま
おはようございます
結構最後まで、つくしちゃんを日本に残そうかどうしようか迷ったんですけど、結局お持ち帰りしちゃいました(笑)。
もし日本に残った場合、飛行機が出発する直前まで、こう・・・つくしちゃんにべったりくっついて、ぎゅうぎゅう抱きしめて、最後の最後まで
『まきの~~まきの~~一緒に来いよ~~~』
と駄々る坊ちゃんを書きたかったんですが(笑)。
それでSPに無理矢理引き剥がされてジェットに乗せられるの。
どうですか(笑)?
西田さんへのお言葉もありがとうございます。
無表情で喜んでおりますe-420
2010/06/16(水) 09:07 | URL | とば #-[ 編集]
anneさま
おはようございます?
こんにちは。こんばんは。
うわ~うわ~!
あの、スイマセン。もう何百回も言われてウンザリしているかもしれないんですけど、どうしても言いたいので聞いてください。
e-343飛んでイスタンブゥゥウル~e-343
スッキリしました、ありがとうございました。
初めまして!←順番バラバラだよ!
誉めていただきましてe-449
嬉しいありがとうございます。これからもいっぱい幸せなつかつくとかバカップルぶりとか飛び蹴りとか(え)を書いていきたいですe-415
その時はヨロシクお願いいたしますv-344
2010/06/16(水) 09:17 | URL | とば #-[ 編集]
edeakさま
おはようございます
初めまして~とばです~←知ってます~
いつも読んで頂いてありがとうございますe-449
私も楽しかった~~!
Finうったら、寂しくなるかなぁとか自分では思っていたんですけど、ううん。
嬉しい(笑)。
こんなに甘え&駄々な坊ちゃんを書いちゃって・・・・・戻れるかしら(笑)。
ちょっと心配です。
コメ、本当にありがとうございましたv-344
2010/06/16(水) 09:25 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/16(水) 10:23 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/16(水) 11:02 | | #[ 編集]
お疲れ様です
とばさん、こんにちは

更新、お疲れ様です。長期連載、完結おめでとう~~
切なさや、エロアリのお話でしたが、楽しく読めました。 ありがとうございますと、お疲れさまでした(拍手)
北海道は梅雨がないから良いですね。うらやましい~
2010/06/16(水) 11:07 | URL | ひなつゆか #STO9711o[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/16(水) 11:47 | | #[ 編集]
バンビさま
こんにちは~
勿体ないようなお言葉を頂き、ニヤニヤしておりますe-446
ありがとうございました。
つかつくへの愛だけしか自慢できるものがないんですけど、ハッピーエンドは標準装備なのでどうぞこれからもヨロシクお願いいたしますe-415
2010/06/16(水) 13:53 | URL | とば #-[ 編集]
Cさま
こんにちは~
やっぱり面白かったって言って頂けると励みになりますe-446
途中、頑固な展開でイライラさせた事も(イライラしたんですね・笑)ありましたね~。
あの時は、坊ちゃん甘やかし隊を除隊になるかと思いました(笑)。
後半、過ぎるほどに甘やかしたのでお許しくださいe-420
いやでも長かった・・・。
最後まで、ありがとうございましたv-344
2010/06/16(水) 14:06 | URL | とば #-[ 編集]
ひなつゆかさま
こんにちは~
ありがとうございますe-266
調子どうですか?お辛くありませんか?
ウチはオットを除く女子3人が(スイマセン、私も女子に入れてください)風邪に倒れ、かわるがわる熱を出して学校や保育園を休みやがり、なんだか景気の悪い毎日を送っていました。
今日は雨なんですよ~。そちらはもう梅雨入りしたんですか?
やっぱり梅雨っていやなんですか?大好きって言う人はいないんですか?
しつこくスイマセン(笑)。
いつもいつも、あたたかいコメントと時々ぷぷぷも頂いて、おかげ様で終われました。
ホント、ありがとうございましたe-420
2010/06/16(水) 14:17 | URL | とば #-[ 編集]
fimiさま
こんにちは~
初めまして、とばです~。
私も好きですエンジェリック。嬉しいな~。
もっともっと坊ちゃんを看護するつくしちゃんを書きたいけれど、坊ちゃん怪我か病気する事前提になってしまうため断念(笑)。
今回も、ついて来て下さりありがとうございました。
嬉しいお言葉まで頂いてしまって、まったく・・・書いてて良かったですe-415
ありがとうございましたe-420

2010/06/16(水) 14:29 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/16(水) 16:16 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/16(水) 17:09 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/16(水) 17:46 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/16(水) 18:10 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/16(水) 19:22 | | #[ 編集]
とても楽しみにしていたお話でした♪
とば様、本当にお疲れ様でしたv-425
私はとば様のページには先月からお邪魔している新参者なので、他のお話追いかけながら、平行してハニイハントを読ませていただいてました。

もう終わってしまって悲しいv-406ですが、本当に楽しませていただきましたv-344

まっすぐなクルクルパーマのエロ坊ちゃんと、何でも考え込んでグルグルしちゃうつくし、二人の掛け合いも楽しかったですし、どうなっちゃうの?って思うところもあり、F3やFF3達、西田(最後に蹴り落とされているしv-411)とタマさんが端々でいい味だしてくれたりして、どきどきしながら更新を楽しみにしていました。

>「みんな見てる、みんな見てる、みんな見てる」
>幸せに なればいい
 うんと 幸せになればいい
 溺れるほど 幸せになればいい

↑今回もこの3段活用?の言い回しに堕ちましたv-347

そして、そうだったらいいなと思っていた、つくしもジェットに一緒に乗ったところがあったので本当幸せな気分になりました。

ずうずうしくもいつかSSで、今回のこととは別にしても、司とつくしのジェットでの移動中のお話をアップしていただきたいなああ。

機内サービスが終わって照明も落ちた後、
「もそっとこっちへ来い!」とか言って二人並んだシートであんなことや、こんなこと・・・v-355

また新しいお話も楽しみにしています。
本当にお疲れ様でした。
私はこれから、再度ハニイハントを最初から読んで気分良く落ちますv-415
2010/06/16(水) 22:28 | URL | くりん #sCj5cBmo[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/16(水) 23:33 | | #[ 編集]
ハニィハント
毎回更新楽しみに
させていただいてます
『真っ直ぐな恋だった』
ってところにぐっと
きちゃいました
エロあり笑いありで
おもしろかったです
過去作品の続きとか
めちゃくちゃ気になります
これからも作品
楽しみにしています
2010/06/18(金) 14:11 | URL | ぴ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/18(金) 16:39 | | #[ 編集]
hiroさま
こんばんは
早々にコメントを頂いておりましたのに、遅くなりまして申しわけありませんe-452
とても嬉しいお言葉を頂きましたe-266
伝わりました。ありがとうございます。
ひとつ終わって、ちょっと気が抜けております。
ちょっとゆっくりになるかと思いますが、宜しければまたおつき合いくださいませe-415
2010/06/18(金) 22:40 | URL | とば #-[ 編集]
LUCAさま
こんばんは
調子どうですか?
なんだか全然咳がとれなくて、ホント、悪い風邪ですよね~v-17
でも頭に来るのは、こんなに咳してるのに(咳は結構な運動量です)全然痩せない・・・e-456ところで、終わりました。
ずっと見守ってくださり、ありがとうございました。
お忙しいのに、毎回たくさんのコメントもありがとうございましたe-420
あ、はい(笑)。
じゃあ次、専務を・・・。
実は次の専務は、清水いいち子さま(大好きー!!)の書かれた、裏のアホウドリの坊ちゃんに萌えて萌えてどうしようもなくなって書いた話なので、ちょっと感じが違うかもです。
UPの際は、どうぞヨロシクお願いいたしますe-420
2010/06/18(金) 22:51 | URL | とば #-[ 編集]
ayuさま
こんばんは
感動的でした(笑)←この(笑)が嬉しいですね~(笑)。
最後までありがとうございましたv-343
あたたかいお言葉に何度も励まされました。
今回で、駄々坊ちゃんにひどく萌えてしまい、元に戻すのがなかなか大変です(笑)。
しばらくちょっとヘンかもしれませんが、お許しください(笑)。
ではv-344
2010/06/18(金) 22:58 | URL | とば #-[ 編集]
みかんさま
こんばんは
す…すっごいハグ…と、圧力きたぁぁぁぁぁぁぁぁっ(笑)!
ホントにみかんさまには、毎回萌えを頂いて…思い出します。
速攻100回プロポーズして道に跳び出す坊ちゃん…
グルグル巻きついて離れない坊ちゃん…
チンピラの因縁かっつーくらいに訳わかんなくからんでくる坊ちゃん…
いやあ、ホント迷惑な人ですねぇ(笑)!
また、近いうちにお目汚しする機会もあるかと思いますe-415
どうぞ萌えツボ射ぬけますようにe-272
2010/06/18(金) 23:07 | URL | とば #-[ 編集]
紫紺さま
紙が勿体ないのでおやめ下さい(笑)。
こんばんは。
誉めていただきまして…e-449
嬉しい、ありがとうございます。
アレだけつくしちゃんが頑張って説得したのに、聞いてるふりして無視かい…坊ちゃん…
意外と『つくしちゃんの気持ちを無視して無理矢理連れて行くなんて、坊ちゃん、ひどいわ!』という意見がないので、肩すかしをくらっております(笑)。
みんな、そういう人だと思ってるんだ(笑)。
って言うかラブコメだから、いいんですね(無理に納得)!
今回も、赤面するくらいあたたかいお言葉を頂きましたe-272
タイムズスクエアはプレーンが好きです(聞いてねぇよ)。
ありがとうございましたe-420
2010/06/18(金) 23:17 | URL | とば #-[ 編集]
くりんさま
こんばんは
この後、本当に読んでいただけたんですね!
拍手コメ見てビックリしちゃいました(笑)←笑ってスイマセン
3回の言いまわしは私もなんか好き・・・というか、3段活用しないと寂しい気持ちがするので、これからも出てきちゃいます(笑)。
ホントに溺れるほど幸せになればいいのに。
なるけど。
ジェットの中の様子をリクエストいただきましてe-449
うはははははははは!!・・・・タマさん、おりますが・・・?
何度も嬉しいコメントをありがとうございました。
これからも3回繰り返しで頑張りますe-415←くどい
2010/06/18(金) 23:27 | URL | とば #-[ 編集]
煌々さま
こんばんは
>「もうすぐボーナス出るのに、残念だったね」
・・・・・殺し文句じゃないですか!
ホント、こんなの言われたら絶対やめない(笑)。
ねぎらって頂きありがとうございます。
煌々さまにも、毎回爆笑(失礼)コメントを頂き、おかげ様でFinをうつ事ができました。
でもすごいですね~。
わたし、キーボード打つのすっごい遅くて(はい、未だに人差し指2本で打っております)、そのためかレスもあんまり長く書けないんです(スイマセン)。
たくさんのコメントを頂くたびに、どれくらいお時間取らせてるのかな~と申し訳ないやらありがたいやら。
本当にどうもありがとうございます。
次も楽しみにして頂いてありがとうございます。頑張りますv-344
2010/06/18(金) 23:38 | URL | とば #-[ 編集]
ぴさま
こんばんは
エロあり笑いあり…(笑)!
涙あり笑いありじゃないんだ!と、かなりツボに入ってしまいました!
そうですね~。
今回エロ30%くらい増量でしたもんね~(笑)。
なんか、前半あんまりにも糖度の低い展開だったので反動で・・・(笑)。
面白かったのお言葉が嬉しい~です!
ありがとうございましたv-344
2010/06/18(金) 23:43 | URL | とば #-[ 編集]
meguさま
こんばんは
坊ちゃん誉めていただきましたv-344
わたしも、腕を怪我した坊ちゃんが好きですe-415
実際ヤツは入院してたって、言う事は聞かない薬は飲まない点滴は抜く看護師に凄む、まあロクでもない患者になるんでしょうが・・・←考えてウンザリしている
えーと(考えるのをやめたらしい)、半年もおつき合いありがとうございますe-415
実は、最後までできていない状態で連載って、初めてだったのですごく…そうですね、焦りました(笑)。追いつかれる~~みたいな(笑)。
でも楽しかった~!←記憶の書き換え
ありがとうございましたe-420

2010/06/18(金) 23:55 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/19(土) 14:18 | | #[ 編集]
usausaさま
こんにちは
最後までおつき合い、ありがとうございましたe-415
ラブコメです、と言っていた割に最後あたりロマンポルノみたいになってましたが・・・ゲラゲラ。
皆さまに大変煽られました(笑)←他人のせいにしてるよ~
ありがとうございましたv-344
2010/06/19(土) 16:06 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/20(日) 17:57 | | #[ 編集]
お疲れさん!!!ありがとうっ!!!!!
  
   こんばんは!!

 とばしゃんんんんんん

完全に!かなり!乗り遅れてしまいましたがe-455

ハハハ・・・e-442

最終回もこれでもかってくらいドタバタしてくれてありがとうっ!!!

結局、デビ西田氏は恋人との逢瀬を楽しんだのか・・・・・・?


切なくってドタバタして(つかつくはこれがなくちゃね!)e-420そして最大のお楽しみ?エロありe-420で、ものすご~~~く楽しまさせて頂きました!!!

次回作も期待を大・大・大にしてお待ち申し上げておりますe-466

まずは、お疲れ様でした。。。

    では、また・・・e-463
2010/06/20(日) 21:54 | URL | magenta #-[ 編集]
Piscesさま
こんばんは
読んで頂けていたんですね。ありがとうございました!
もちろん覚えておりますとも。
以前コメントを頂いていた頃は、大変お疲れのようでしたが…今も、大変そうです、ひゃあ。
お忙しい中ありがとうございますe-420
わたしの方は、いっこ終わったのでなんとな~く気が抜けて、それでも5日くらい経つと『あ、そろそろ更新しないと』と思ってしまうヘンな癖がついてしまいました(笑)。
ね、今回なんか長かったですねe-351最後までおつき合いいただいて
ホントにありがとうございましたe-415
2010/06/21(月) 02:51 | URL | とば #-[ 編集]
magentaさま
こんばんは
どうも、いろいろありがとうございました。
e-420大層煽って頂きましてe-420ゲラゲラ
実は番外編で西田さんと彼女を書こうと張り切っていたんですけど、全然ダメでした(笑)。
デビさんはラブに向かない…e-456←またヒトのせいに
・・・というか、つかつくが出てこないので萌えなかっただけなんですけど(笑)。
ねぎらって頂いてありがとうございましたe-415
近く、またお目汚しするかと思いますがその時はヨロシクお願いいたしますv-343
2010/06/21(月) 03:04 | URL | とば #-[ 編集]
はじめまして、
今まで読み逃げごめんなさいです。

涙がでますね・・・。
心情描写が切なくて切なくて・・・・。
あぁ、文才の才能の有る、読んでて本当に思います。羨ましい。。。。。

厚かましくも、リクエストなんですが!
思いっきりブラックな司書いて下さい!
奪われたツクシを取り戻すのに、ブラックに染まった司!!
相手は類でも、何でもいいです!!
「絶対取り戻す!!」
信念に燃えたブラックな司!

平に平に、お願いいたします。。。。
2010/10/21(木) 21:39 | URL | 姫ママ #mQop/nM.[ 編集]
姫ママさま
こんばんは
初めまして、とばと申します。
コメント頂きありがとうございますe-420
リクの司、想像して『ギャッ!』ってなりました(笑)。
怖いよ~~e-447
いつもアホみたいな話ばっかり書いているもので(笑)スイマセン。
えーと、もしも黒い気分e-277(どんな)になりましたらと言う事で・・・e-466
2010/10/24(日) 03:01 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/09/23(金) 22:53 | | #[ 編集]
オスルコちゃんさま
こんにちは
初めまして、とばと申します。
褒めて頂きありがとうございます~。
嬉しかったです。長いのを読んで頂いて~e-330
これは長いので、なかなか自分でも読み返さないので、最早どんな(脱力の)話が展開されたか定かではないんですが//////
まだ頑張っています。読んだ後、ぐったりするような話ばかりですが、どうぞ宜しくお願いいたします。
2011/09/30(金) 11:41 | URL | とば #-[ 編集]
最高でした。
マーガレット第一話から花男のファンですが原作と同じ位あなたの小説のファンです!

ありがとうございましたm(__)m
2012/09/10(月) 12:13 | URL | 明日香 #-[ 編集]
明日香さま
こんにちは
初めまして、とばと申します~。
ホントにホントにすいませんe-330
大変誉めて頂いたのに、こんなに遅くなってしまいまして~~!!
コメントありがとうございました。
頑張ります。
2012/11/30(金) 14:13 | URL | とば #-[ 編集]
No title
何度目でしょう、、

あ~またまた最初から読んじゃった位。。

こんなに読ませていただいているのに
簡単なコメントしか残せず
な~~~~んにもお返しできなくて申し訳ないです。。

とばざんの作品、困るくらい大好きです(´Д` )
2013/03/17(日) 06:41 | URL | Rietje #-[ 編集]
Rietje さま
こちらこそです~~!!
いない間も読んで下さって、本当にいつもいつもありがとうございます。
・・・もう、やめたかと思いました(笑)?
いえいえ、まだまだやめたくないです~。
なんか、数か月前に書き始めたやつが思いのほか長くなってしまって、全然進まなくて、つくしちゃんも坊っちゃんも全然言う事聞いてくれなくて、わあああああって言う感じの数か月でした(笑)。
最後までメドが経ったら、そのうちお目汚しさせて頂きたいので、その時は宜しくお願い致します~。
コメント頂いて、本当に嬉しかったです。
遠くからありがとうございました~。
2013/04/06(土) 21:43 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/11/05(火) 22:55 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/05/12(月) 23:05 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/05/14(水) 00:19 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する