FC2ブログ

つかつく砂吐き推進委員です。ヨロシクお願いいたします。

ハニィハント 10


招待されたイタリアンレストランは、マル書いてテンテンテンの息子の店にしてはいい雰囲気で。
次々とサーブされる料理にきゃあきゃあと声をあげ、酔った滋が何度も
「カンパーイ!」
と、大声を上げるが、まあいいかの個室。
「つくし、グラス空だよ~」
「ありがと~。はい乾杯~」

チン
うふふあはは

いつ司の話題が出るかと警戒していたつくしも、重なるグラスと軽い会話、俳優の誰それと誰それは絶対デキてるとか(男同士ですが?)、この前歯磨き粉と間違えて洗顔で歯、磨いちゃったとか(おえ)そんなのに、ずっと緊張状態にあった気持ちが緩む。
「ああぁぁぁ・・・なごむぅ・・・」
お腹いっぱいで満足だし。
いっぱいお酒飲んだし。
頬杖ついて呟いた顔は、程よく楽しげ、程よくふわんとしていて。

「それで、先輩?」
キレイな顔に覗きこまれて、
「道明寺さんと何があったんでしょうか」
とか聞かれた時は、何も考えずに昨日の衝撃的な再会からついさっきの事までをべらべらと話しきっていた。

「スゴイ!司、やる事はやっ!」
「その秘書も道明寺さんの味方なんですね。・・・・なかなかやりますね。思ったよりずっと計画的」
「外堀埋め埋めじゃん」
「展開が早いですからね。ぼんやりしてたらその西田とか言う人にベッドの準備までされちゃうかもしれませんよ」
「ああ、至れり尽くせり?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・滋さん・・・違う・・・」

「あのぅ」
僅かに舌足らずになった声が、2人にかけられる。
「2人は、道明寺に会ったの?」
目をパチパチさせながらつくしが言う。

「うん、それがあたしたち、昨日司の家・・・っていうかほら、つくしのアパートの。そこ呼ばれたのよ。F3も一緒に」
それで司の方の事情聞いてさ、とか。
でもあたしたち言ってやったんだよ!勝手だって言ってやった!とか。
あたしたちは、つくしの味方だから、司の事が迷惑なら言いなよ、妨害しまくってあげる、だってあたしたち、つくしの苦しむのをずっと見てきたし、つくしが幸せになるように助けたいんだよ~、とか。
滋が一生懸命話しているのを、つくしも一生懸命うん、うん、と聞いて。
感極まって手なんか握り合っちゃって、目をウルウルさせて。
最後には
「しげるさぁぁん!」
「つくし~!」
と、がっちり抱き合った2人を横目で見ながら、桜子はにこにこと微笑む。

「先輩は、どう思いました?」
キョトン・・と、つくしが美人の方を向く。
「どうって道明寺の事?メーワクに決まってるじゃん。6年も経っててさ、今さら何言ってんのって感じだよねぇ」
「ですよねぇ?」
「勝手なんだよ。あの自己中、全然まんま。せっかくアイツの事なんて忘れて、これから幸せ探そうと思ってたのにさぁ」
そうだよねぇ~つくしぃ~、抱きついた滋に揺さぶられて泳ぐ目を笑う。
「もう、司の事なんてキライだよね~」
「うん、キライキライ」
酔っぱらい即答。
「また好きになんかなんない。なるわけない。ありえない」

「それじゃあ先輩」
にっこり笑うお人形みたいにキレイなカオ。
「私たちも協力しますから、何とか道明寺さんに諦めて頂きましょうか」
目の奥に隠れる楽しげな光に、酔っぱらい気付かず。
こっくりと頷いた。



***


女子チームが密談している間。
司の部屋に通された総二郎とあきらは、本日の経緯を聞き出すと、いちいち腹を抱えて笑った。
「すっげぇ、秘書西田!いい仕事すんじゃん!」
「はははは!んで牧野どーだった?」
「すっげ怒ってた」
「だよなぁ、ははははは。毛ぇ逆立ててたろ、はははは」
「口説くどころじゃねーんじゃねーの。ははははは」
「るせぇな。お前ら何しに来たんだよ。聞いて笑ってるだけなら帰れ」
ゲラゲラと楽しそうな2人を、司が不機嫌に睨む。
「悪りぃ。だけど相変わらずお前、牧野怒らす天才だよなぁ」
「笑ってんじゃねーよ」
吐き捨ててソファーに沈む司に、総二郎が
「ところで、大事な話」
とか、身を乗り出す。

「お前、あっちで童貞捨ててきた?」
「うっお、総二郎、直球かよ」
わざとらしく驚くあきらと、ニヤニヤ笑う総二郎をジロリと眺めて一言。
「しねーよ」
と言った。

は?
二ヤリ。

相対する表情は2種類。
「奢れよ、総二郎」
「っあ~~~っ!!クソッ!」
「てめぇら、またくだらねぇ賭けでもしてたんだろ」
ソファーをバンバン叩いて騒ぐ総二郎と、してやったり、みたいな顔のあきらを等分に眺めて、司が言う。
はぁぁぁぁ~・・・総二郎は大きくため息をついた。
賭けに負けたとかそういう事より。
目の前の親友を、不思議な生き物、とでも言うようにジロジロ見る。
「お前さ、信じらんねぇ、マジで」
声は完全に呆れていた。
全然わかんねぇ。やりたい盛りの若い男が。女にモテない訳でもあるまいし。いーや、どんだけの女が虎視眈々、狙ってっかわかんねーっつーのに。惚れた女に義理立てしてキレイな身体守ってるとか、しかも女とは別れちまって恋人でも何でもねーのに。はっきり言って理解不可能。てめぇは乙女かよ!と、心の中で突っ込む。
口に出したら手とか足とか出て来て、怖くはないがめんどくさいから。

「また『俺は牧野しかいらねぇ』とか言う気だろ、お前」
「お前もいい加減わかれよ、総二郎」
笑いながらあきらが言う。
「パンダは笹しか喰わねーし、コアラはユーカリしか喰わねーんだよ」
「そんで司は牧野しか喰わねぇってかよ」
ぶはっ、と思わず吹き出した。
「ぶ・・・ぶぶぶぶぶ!!貫いてんな~!司!」
ははっはははははは。

「るせぇな」
「ホントに正常な男か、お前は」
「いや~、異常だろ?」
「マジでなかったのか。やるまで行かなくても、そーゆー雰囲気になったり迫られたりとか」
聞きながらも、愚問か、と思い、質問を引っ込めようとした総二郎は、しかし司がイヤな顔で黙りこんだのを見て身を乗り出した。
「あったのかっ!」
「おいおいおいおい!」
一気に盛り上がりを見せるお祭りコンビ。
「言え!司、早く教えろ!」
掴みかかりそうな勢いで聞くと、司はイヤそうに
「お前ら喰いつきすぎ」
と、溜め息をついた。
「・・・・・・・・・・・夜中に目ぇ覚めたら、隣りに裸の女が寝てた事はあった」
「うおおおぉぉぉぉっ!!」
「マジかよ!んで?どーした?」
「なんか、SP買収して入りこんだらしくてよ。すげぇビビった」
「いや、ビビったのはいいから、そんでどーしたんだよ」
「どーもしねーよ。そのまま外に捨てといてやった。後は弁護士がなんかやってんじゃねぇの?」
「・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・お前、相変わらず容赦ねぇよな・・・・・・」
「裸で外に捨てるとか、オニかお前は」
可哀想に。多分それなりにいい家のお嬢様だろうに。それが裸で外に放り出されて、人目に晒されて、とか考えると、元々フェミニストの2人はゲンナリするしかない。

はあぁ~~~・・・溜め息2乗。
やれやれやれ・・・首振り2乗。

相変わらずのコンビネーションに感心する様子もなく、出会った17からただ一人の女しか目に入らない単食動物は吐き捨てる。
「何が可哀想だ。ブチ殺してやろうと思ったぜ。ベタベタあちこち触ってきやがって。くそっ、思い出してもムカつく」
「ほー、ベタベタ」
「へー、あちこち」
「ムラッとこなかったんか?」
「反応しなかったんか?」
「お前らはイヌネコに反応すんのかよ」
「「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」」
見かわす視線は『だめだこりゃ』。
ぐったりと、脱力した2人はソファーに沈む。

「なんか、久しぶりに聞くと感慨深いもんがあるよな~」
「高校のうちならギリ純情とかで片付いたけどな~」
「牧野以外はイヌネコと一緒だってよ」
「フェチだ。コイツ。牧野フェチ」
「ビンゴ!ははははっ!」
「あ~あ、突き抜けてんな~!司ぁ~!」
何だか、呆れるよりおかしくなってきて、笑った。
不機嫌な親友の肩を叩きながら。
「マジで牧野オトさなきゃマズイぞ、司。たった一人にしか反応しねーなんてなぁ?そいつがいなかったらただの不能じゃん」
「ぶっ!だよなぁ!はははは」
ぼごっ!
がすっ!
「「いってぇな!」」

『牧野陥落作戦会議』
まったく進みそうになかった。


***


そのころ女子チームは、グラス片手に演技指導に余念がない。
「違うっ!顔は上げない!目線だけ!そう、まばたきはしないで。はい、もう一回」
「ねぇ、桜子・・・・」
「なんですか?」
「すごい難しい。顔つりそー、ははは」
「笑わない!顔崩さない!さっきの顔に戻して」
「こうだよ、つくし。こう」
「ぶはっ!シゲルさん!うん、カワイイ~!あはははは」
「あははははは!」
「ちょっと先輩、真面目にやって!はい、その顔で『どうみょうじ・・・』。できたら涙の一つも零しなさいよ」
「『どうみょうじ・・・』・・・・・・・・涙は無理っ」
「あはははっ!!カワイイ~つくし!サイコーそそる!あはははは!」
「あはははは!痒い!我ながらカユっ!」

 チッ

呑ませるんじゃなかった。
毒づく桜子の前で、あくまでも陽気な2人。
まあね。
先輩は、かなりヤケ酒入ってるんだろうけど。

嫌いで別れた訳じゃない。
少なくとも道明寺さんは、見てて苦しくなるくらい先輩に夢中で。
先輩も。
多分同じ気持ちだった。
捨てられた後もずっと引きずるくらい。

そんな人が、よりを戻しに現れたらね~。
荒れるわよね~。
この意地っ張りの素直じゃない頑固者は。
ケラケラと、笑うつくしを眺める。


「先輩さぁ」
「ん?」
「ホントに道明寺さん、いいの?ホントはまだ好きなんでしょ?」
「好きじゃない」
「好きじゃないもんね~!」
「ね~!」
酔っぱらい×2め。
肩をすくめてくすくす笑った。
「それならビシビシ行きますよ!酔ってるからって忘れないでよ。せっかくこの私が、効果的な男の振り方伝授してるんだから」
「「はいっ!」」
ぷぷぷぷぷぷっ。

「つくし」

急に滋が真面目な顔でつくしの目を見た。
「わたくし負けなくてよ。ここで白目になってベタフラ」
「あたしだって。同じく白目、顔にタテ線、バックに稲妻」
きゃははははははは!!
あはははははっ!
「この人たち・・・・」
「どうしたの、月影先生」
「「あはははははは!!」」

「私が淑女でなかったら、一発ずつゲンコツですよ」
溜め息は大きかった。


***


司の部屋では『牧野陥落作戦会議』がまだ続いていた。
「だいたい牧野が相手っつーのがなぁ」
「俺だって、あいつ相手じゃまったく自信ねぇな」
「ははは。俺も無理。あいつの萌えツボ、全く予想不可能だもんな」
「萌えツボより、あの鈍感どーにかなんねぇのかよ。ありゃ、押し倒されたって気づかねぇんじゃねーの?」
「ぶはっ!あるな!」
「そーだ、司お前、捨て犬とか拾ってみろ。もしかしたら牧野ときめくかもしんねぇぞ」
「ぎゃはははは!いいな、それ。仕込んどくか、ここんちの前に」
「おい」
「雨の日狙えよ、そんで犬拾ったら話しかけろ」
「『お前も一人ぼっちか』」
「「ぎゃはははははは!!!」」
「てめぇら・・・・・・ふざけてんじゃねぇぞ」
ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・
司の後ろに、どす黒い炎が見える。
あきらと総二郎は慌てて笑いを引っ込めた。
「あ~、牧野のツボ、牧野のツボねぇ」
「・・・・・・・・・・・・・・類しか思いつかねぇ」
「おい!総二郎」
マズイだろ。
慌てたあきらが声をかけるが、総二郎は止まらなかった。
正面から司を見て、はっきりと言う。
「いや、これは知っておけ、司。類は手ごわいぞ。何より牧野がめちゃくちゃ信頼してる」
「・・・・・・・・・」
「時間かけて、類が築いてきたポジションだ。司、言っとくけどな。類は悪くねぇ。お前が6年前に牧野の手ぇ離したのは事実だし、その牧野を支えてきたのは類なんだから」
「・・・・・・俺には何も言う権利ねぇってことかよ」
「・・・・・・・まぁそうだな」
「おい、総二郎、言い過ぎ」
不穏な空気が流れ始めたのを感じて、あきらが立ち上がる。
「そろそろ帰るわ。明日でも、皆で集まろうぜ。連絡すっから」
「・・・・・ああ」

ソファーに沈む司を残して、2人はアパートを後にした。

「どうしたよ、総二郎」
最後はほとんど挑発だった。
司が乗って来なかったからそれで済んだが、そうでなければ確実に殴り合いに発展するくらいの。
「お前らしくねぇ」
「一言、言ってやりたかったんだよ」
と、総二郎は長い足で小石を蹴った。
「司の事情もわかってるけどな、牧野だって俺らのダチじゃん。どうせ牧野はアイツに恨みごとなんか言う訳ねぇんだから、代わりに言ってやったんだよ」
「そっか」
「言ってやったから、後は司に協力してやる。ってかそっちの方が牧野に恨まれそうだけどな、はははは」
「はははは。だな。けどな~、俺はやっぱり司には牧野で、牧野には司だと思うんだよな。牧野だって、6年も経ってんのにオトコの一人もいねぇってそーゆー事じゃねぇの?」
「だよなぁ」
「ま、どうしたって巻き込まれるんだから、楽しんじまおうぜ」
「クッ・・・牧野に聞かれたらケリ飛んできそうだな」
「ははははは」

「よし、んじゃ」
「やりますか」
拳をぶつけて笑い合った。
「っつーか、ちょっとワクワクしねぇ?」
「・・・・・・言えねーな。野獣と雑草にボコられる」
出てきたアパートを振り返って、また笑った。





              11へ

0574.gif



コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/25(木) 00:49 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/25(木) 09:08 | | #[ 編集]
ayuさま
こんにちはv-278
早々にありがとうございましたv-344
男子チーム、女子チーム、それぞれ交流を深めました。
というか、坊ちゃんとつくしが顔を合せないと穏やかだなぁ。←いいのかよ
またヨロシクお願いいたします。
2010/02/25(木) 11:04 | URL | とば #-[ 編集]
いろはさま
こんにちはv-278
西田さんが(笑)お好きなんですね(笑)。
じゃあ西田さんに捨て犬を仕込んでもらって。
意外と犬好きだったらどうしよう。
きらりと光るメガネの奥で、慈愛に満ちた目で子犬見たりしたらどうしよう←どうもしない
笑っていただけて私も嬉しいです。
ありがとうございました。

2010/02/25(木) 11:20 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/25(木) 11:28 | | #[ 編集]
みかんさま
こんにちはv-278
会社からありがとうございます(笑)。
賭けにも勝たれ、おめでとうございます・・・って言うか、やったはやっぱり総二郎一人でした←孤立無援。ひゅーカッコイイe-272ゲラゲラ
女子チームの陰謀、チームワークはいいけど、滋さんが無意識に激しく足を引っ張りそうな気がしませんか(笑)?
午後も頑張ってくださいe-271

2010/02/25(木) 12:20 | URL | とば #-[ 編集]
惚れたかも?
総二郎に、堕ちたかも?「どうせ牧野はアイツ・・・・」イイ!総チャンメチャメチャ男前のせりふ 心がジーン 涙がポロ 細胞一個一個に「牧野命」なんて記憶されてそうな司君もすごいけど総ちゃんもイイ! やっぱF4凄い凄い。  えーとここで月影先生にお会いできるとはツクシちゃんはデンジャラスビューティ桜子ドンナ仮面を、被せられるのかな?デモこのお顔、男を振るテクといゆより、男を煽るテクの様な気がするのはワタクシダケカシラ(by月影) どんな作戦にでるにか次回もトバさんよろしくおねがいします。楽しみ楽しみ。
2010/02/25(木) 18:59 | URL | yoshiyoshi #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/25(木) 20:34 | | #[ 編集]
動物オンパレード?
とばさま、こんばんはぁ~

ちょっと疲れる2日間をすごして
お風呂に入って、おふとん敷いて亀になって・・・
足の裏にシップはって・・・
さって!っと遊びに来たら、10になってて・・・
ゲラゲラ読みながら大笑いして。
閉じそうだったまぶた全開になっちゃった。

でもって、思ったこと。
今回は、動物よくでてくんなぁ~

ユーカリのコアラに
パンダの笹に
司のつくしに
イヌネコ
虎に乙女に
捨てられた司・・・じゃなくて、子犬。
野獣と雑草っと!

ちょっとした動物園が作れそうですねぇ~
あれ?中にちょっと動物じゃないもんも混じってたかも・・・「乙女」?

いやいや、司とつくしでしょ!
コラコラ私!
思わず、檻の中に座ってる 司とつくしちゃんを想像しちゃった・・・``s(・゛・;)

あぁ~~肝心のアヒルちゃんがいない!!

つくしちゃんのツボなんて・・・
探さなくたって、目の前にいるんだけどねぇ。
そっか、気づけないか。
がんばって、気づけよぉ~司♪
2010/02/25(木) 22:05 | URL | ちふゆ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/25(木) 22:42 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/26(金) 01:00 | | #[ 編集]
yoshiyoshiさま
先生~!月影先生~!
はあはあ。
総二郎さん(さん?)やってくれましたね。
とても直前までぎゃはははとか笑ってた人とは思えませんね(笑)。
あきらの見せ場も作れるといいなぁ~v-280クレセントムーン
またヨロシクお願いいたしますv-344
2010/02/26(金) 11:24 | URL | とば #-[ 編集]
まあままさま
こんにちは。
単食動物ですね(笑)
つくし喰われる(笑)
類、全然出て来ませんね。何してるんだろ←他人事?
なんか、ずいぶん長くなっちゃって、以前、類の誕生日までには…とか言ってたのが全然無理っぽくなってきましたe-327ギャフン
え、えーと・・・スイマセン、宜しければ気長におつき合いくださいe-263
2010/02/26(金) 11:32 | URL | とば #-[ 編集]
ちふゆさま
まあ・・・お疲れのところ、ありがとうございました。
捨てられた司~~e-266←異様に反応
つくしちゃん拾って~!!拾って~!!
『・・・・ウチ来る?』
『・・・・行ってやっても・・・いい』
偉そうに言いながら、後ろでシッポばったばった振ってる司~e-272
びしょ濡れのくせに!
はあはあはあ。
いや、いいツボ突いてもらいました。ありがとうございました。
2010/02/26(金) 11:42 | URL | とば #-[ 編集]
usausaさま
こんばんは。
最終的にはつくしv-59司とゆかいな仲間たちwith西田って・・・・
あの、司とつくし戦ってますよ~~ゲラゲラ!!
それとも、ウチの強情つくしの性格を把握してもらっちゃってるんでしょうかe-420
司フェチ、ブラボーです。
私はなんだろ。幼児のヒョウタンのようなおなか←どうでもいい           
2010/02/26(金) 11:49 | URL | とば #-[ 編集]
LUCAさま
こんにちは。
ぎゅう×1ってメチャクチャうけるんですが(笑)!
かけるいちっ!肌の触れ合い部分・・・(笑・半死)
そうなんですよ。今回、もう10回とかなってるのに、ちゅーもしてないんですよ~v-36つくしが怒ってるので、そんなことしたら半殺しかもしれませんが、そんな事に怯む坊ちゃんじゃないだろう!←お前が言うな
何回も読んで下さりありがとうございます。
e-449ひどく照れております。

2010/02/26(金) 12:01 | URL | とば #-[ 編集]
読み応えタップリ、笑いもたっぷり
こんにちは!!

 つくし、桜子、滋ちゃん
あれ作戦会議になってるのかぁ・・
ただの飲み会でしょ、桜子以外は。。。

つくしも呑気に『ガラスの仮面』やってる場合じゃないと思うんだけど
外堀埋められ、真綿で首を絞められるように追い込まれてるってのに、
でも気付かないのがつくしなんだよね、ハァ~
周りに迷惑、心配かけてんだから
もうちっと素直に心の奥を覗いてみ!

司はチェリーをつくしのために後生大事に守ってたのね、やっぱしー!つくしもだけどね!
しかし、つくし以外には使えない(←なにを?)なんて
ホントに純情オトメンな司坊ちゃんに脱帽だe-420
「イヌネコに反応すんのか」には^。^;プププッ

イヤー、いいねぇお祭りコンビは、楽しそうでe-343
しかも総二郎、司を応援しつつもつくしの辛さも知ってるから
言うことは言ってくれて、カッコイイe-446ポッ

あきらも危険を察知してうまい具合に間に入ったりして
さすが気遣いの人。。。e-454
でも気イ使いすぎて胃潰瘍にならないといいね
疲れる人達だから・・・。みんな素敵な人達なんだけどねぇe-266

両チームの作戦会議は(?)実を結ぶのか?

      では、また・・・e-463
2010/02/26(金) 13:19 | URL | magenta #-[ 編集]
magentaさま
こんにちはv-278
もうすぐウチの小学生が帰ってくる~!という中での慌ただしいお返事をお許しください。
今日もスーパーでコメントを拝見し、ぶはぁッ!
・・・見なきゃいいのに・・・わたし・・・
ただの吞み会ですっ・・ぶふふふふ・・・桜子以外は。ははははは!
きっと外から見てたらアホみたいなんだと思います(笑)。
いえ、今回は男子チームの方がアホっぽかったか…?
引き分けでしょうか←どっちにしろアホ(笑)
2010/02/26(金) 15:37 | URL | とば #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する