FC2ブログ

つかつく砂吐き推進委員です。ヨロシクお願いいたします。

出発の日

新緑の眩しい晴れた場所に、つくしはただ黙って立つ。
光の中、白く白く光る壁と、曇りひとつない、何百枚あるのかわからないガラス窓。
振り返れば、どこまでも続く芝生と、右手にはこんもりと茂った立木。
緑の果てを探そうと目を凝らすと、眩しさでじんわり痛んだ。
両眼を押さえて仰向くと、頭がトンと当たる。
硬いスーツの胸。

「泣いてんのか」
彼がすっと俯くと、丁度よく顎が頭に載る。
「泣いてないよ」
低く響く、心地よい声に微笑む。
そのまま軽く体を預けると、逞しい腕が、その強靭さからはかけ離れた柔らかい力で、すっぽりと抱き込んだ。
「ねぇ」


「雪だるま、作ったよね」
「ああ」
東京には有り得ない雪の量に大騒ぎして、子供たちと一緒に外に飛び出して、雪だるまを作りまくって、笑って笑って笑って笑って、笑った。
調子に乗って雪合戦まで始めたら、全身びしょ濡れになって、
その後全員熱出して、タマにこっぴどく叱られた。

そっと、腕をすり抜けて歩き出す小さい身体。
歩調を合わせて肩を包み込むと、甘えるように寄り添ってきて。
部屋の壁にかかった写真をじっと見て
「遺影」
と笑った。
「ああ」
額の中には、2人並んでめちゃくちゃ笑っている写真。
ずっとずっと前の。
まだ2人きりだった時の。

『お前、ぜってー俺より早く死ぬなよ。わかってるよな。ちゃんと俺が逝ったの見届けてから、すぐ追っかけて来いよ』
『ジョーダン!絶対あたしが先!アンタがあたしにすがって大泣きするとこ、上から見てやるんだから』
『るせぇ!俺が先だっつってんだろ!』
『あたしが先だってば!』
大ゲンカして、大騒ぎして、あげくの果てに協定結んだ。
『わかった。じゃあ、同時に。いちにのさんで、一緒に逝こう』
『おう』
『したらお葬式も一緒だからね。遺影、一枚でいいかな、折角だから』
『は?』
『ん?』
『ははははっ、お前、折角だから、って何だよ』
よくわからないが、その時は遺影一枚っていうのがお互いどこかのツボに入って、ゲラゲラ笑って、夜中だというのに写真屋を叩き起して、撮っちゃった。遺影。
ああ、若いって本当にバカだ。
『笑ってる写真がいいなぁ。残った人が安心するように』
まだ、あっちに逝く予定はないけど。
っていうか、ゲラゲラ笑い過ぎだけど。遺影。
「でも、いいよね。あたしはいいよ?」
「俺も」



部屋から廊下に出ると、どこまでも続く赤ジュータン。
「ライスシャワー・・・」
思わず呟く司に、
「そうそう」
大きく頷いて、それから噴き出した。

どこで見たんだか、ライスシャワー。
やりたくなるのはわかる。
楽しそうだ、確かに。撒く方も。

『あんたたち、何やってんのっ!!』
廊下に響き渡る大声。
直後に3人分の号泣。
食べ物を粗末にした。
料理長が拒んだのに、無視して米を持ちだした。
メイドが止めたのに廊下に米を撒きまくった。
結果。
ゲンコツ一個ずつと、
『全部拾いな。3人でだよ。誰かに手伝ってもらったらダメだからね』

うわぁぁぁぁん、うわぁぁぁんと泣きながら、小さい手で、一生懸命小さい米粒を拾う子供たちを、見ないふりなんて誰ができる?
ひとり、ふたり。
こっそりと使用人たちが廊下に集まりだす。
シーッ
『若奥様には内緒ですよ』
小さな粒を拾い集めながら、どうして怒られたかを穏やかに言い含める。
いつの間にか、押し合うくらいに集まった使用人が、それぞれに諌め、慰め、励まし、笑わせる。
ようやく末っ子があどけなく笑った、その時。

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・
廊下のあっちに仁王立ちの小さな影。
効果音が出そうな怒りのオーラをまとってずんずん歩いてくる。
それが、息を吸い込み、特大級の雷を落とす、
瞬間。
ドアがガチャっと開いて、長身の主人が顔を出した。
『俺が、手伝うように、言った』
ザッ・・・
音がするくらいにその場の全員が振り返り、見上げる。
救世主を見る眼差しで。

「あの時、俺初めてガキ共と使用人からソンケーされた気がする」
「それってどうなの」
まあ、あたしも後で聞いて、ちょっと惚れちゃったけども。言わないけども。
見下ろして、見上げて緩やかに絡まる視線。
「あんなに小っちゃくて、ビービー泣いてたあの子たちがさぁ」
「何年前だよ」
もうとっくに全員に越されたくせにと、ポンポン頭を叩いて言うと昨日みたいな気がするよと笑った。

「そろそろ行くぞ」
「うん」
長い長い廊下。
「いろいろあったねぇ」
長い長い・・・あっという間の時間。

たくさん喋って、怒って、ケンカして、仲直りして、笑って、泣いて、抱き合った。

おはようのキス。

ただいまのハグ。

歓喜に抱き上げて、振り回して明の花瓶を再破壊した夜。

大好きって何度も言った。

愛してるって星の数ほど囁き合った。

ケンカして、タマの部屋に立てこもった。

ありったけのクッションぶつけて泣き喚いた夜さえ。


   どうして全てが愛おしく思えるんだろう


「この家が大好きだった」
「俺も、お前が来たから好きになった」
「ホントにいろんな事あったよねぇ」
「騒動は主にお前が原因だよな」
「あんたでしょ」


泣きそうに笑いながら行くと、エントランスでは3人が並んで待っていた。
「ねぇ、あんたたち、本当に一緒に行かなくていいの?」
つくしの最後の未練がましい誘いに
「行かねぇよ、今さら親が恋しい年でもあるまいし、なぁ?」
「せっかく親の監視なしで遊べるっつーのに、手放すバカいねぇよなぁ?」
「それに、学校あるし」
中高生なんてこんなもんだ。
「かっわいくなぁい」
「俺らが行かない方が、オヤジは嬉しいんじゃねぇの?」
「やっと独り占めだもんな」
「わかってんじゃねぇか」
同じ顔が4つ。それの大ボスが人の悪い笑みを浮かべる。
「今まで散々お前らに貸し出してやったんだからな。もう邪魔すんじゃねぇぞ」
「あ~、ヤダヤダ、この万年ラブラブ夫婦」
「年考えろよな」
悪態をつきながらも、それぞれがつくしに寄り添って周りを固め、ドアへと進む。
「高校卒業したら、来いよ、お前ら。NYで待ってる。シゴいてやっから」
「うん、ばーちゃんにヨロシク」
「ばーちゃんも、引き継ぎ済んだらこっち帰って来るからな。お前らが小せぇうちは自分に任せろっつって、今まであっちで頑張ってくれてたから。労れ」
「うん」

扉を大きく開けて外に出ると、明るい明るい光の中、ずらりと並んだ使用人。
すすり泣きの聞こえるメイドチーム。直立不動のSPチーム。コックコートを脱いだ料理人チーム。さっき庭で剪定してたはずの庭師チーム。
「見送りはいいって言ったのに」
小さく呟くつくしの横に、トンと杖を鳴らしてタマが立つ。
「無駄ですよ。持ち場に戻るように言ったのに、誰も聞きゃしない。使用人頭のあたしの命令なんて無視ですよ、無視。ああ、年は取りたくないもんだ。昔なら一喝して蹴散らしたものを」
聞えよがしに言った言葉に、静かな、あたたかい笑いが打ち寄せる。
「そろそろ引退するか?タマ」
「冗談じゃない。身体の動く限りは譲りませんよ」
「ははは。100の誕生日は盛大に祝ってやるから楽しみにしとけよ」
笑って見下ろす主人と、その隣りに寄り添うつくしと、2人を囲む3人の子供たちを仰ぎ見て、
しわくちゃの顔がほころぶ。

その細めた眼から、すぅっと涙が落ちる。

「タマさん・・・・・」
駆け寄ったつくしが支えると、軽い身体は何度も震え、小さな小さな声を漏らした。
「あんたが・・・・あんたのおかげで、幸せだった。ありがとう、つくし・・・・・・」
「あたしこそ・・・あたしのほうこそ・・・」

人生で一番悲しかった雨の夜、一緒に泣いてくれた。

結婚式の前夜、坊ちゃんをよろしくって、痛いくらいに手を握った。

新しい命を生み出した朝、よく頑張ったって頭を撫でてくれた。

ずっとずっと、支えてくれた。

この小さな身体で、いつもいつも守って、導いてくれた。

どれだけ感謝したって足りないから

今だけ、あの頃みたいに。

「ありがとう・・・ありがとうございました、センパイ」



後から後から涙が溢れてきて、お互いの肩を濡らす。
メイドたちのすすり泣きが大きく響く。
「どっちか死ぬみてぇな別れ方すんじゃねぇよ」
つくしとタマを包み込むように、大きい手が二人の背中に添えられた。
「留守を頼むぞ、タマ。ガキ共がっちり監視してやれ。ヘンな遊びしてたらすぐ教えろよ。小遣いストップしてやる。そんでNYに強制連行だ」
後ろから、え~とか横暴だとか非難の声が上がるのに噴き出して。
涙を拭きながら上げる顔は笑っていた。
「自分の事を棚に上げて・・・」
「何がだよ。シツレーだな。俺が悪いガキだったみてぇじゃねーか」
つくしと、当時を知る使用人が爆笑する中、タマがシャキンと背筋を伸ばした。

「行ってらっしゃいませ。若旦那様、若奥様。御留守は私どもがしっかりお預かりいたします!」

空気を震わせるような声が響き、ザッと居ずまいを正した使用人たちが、続いて頭を下げた。





「「「「行ってらっしゃいませ!!」」」」

鷹揚に、頷く父。
全ての使用人の忠誠を一身に受けて、微笑む母。
それはまるで絵みたいな光景で、見守る子供たちの中に強烈な印象を残した。




とうとう車が発進して、愛する邸が、愛する人たちが遠ざかって行くのを見ながら涙を止めないつくしに、司がぼそりと声をかける。
「残れば良かったとか、思ってんじゃねぇの?」
「どうして?」
思いもよらない、といった風につくしが振り返る。
「あっちに行ったら、俺しかいねぇ」
「あんたがいるから行くんじゃん」
バッカだねぇ。
心底呆れかえったように言って、泣いたまま笑う。
「しょっちゅう帰ってくるつもりだし。あ、あんたは忙しいから無理かもしれないけどさ。電話もメールもあるし。それにNYでも、きっといい友達とかできるよ。大丈夫、あたしはどこだって生きていけるの。だってあたし」
「『雑草だもん』。っつーかお前いつまで雑草な訳?」
「うん、一生かな」
「ありえねぇし」

目を細めて、嬉しそうに笑った司は、なによ、みたいな顔した最愛の妻に日本で最後のキスをした。




                                  Fin





0574.gif
コメント
うわ~ん
コメント一番乗りっ!
やったあ!!とば様大好きです~~!(初コメなのに調子こいてすみません)
「いちにのさんで一緒に逝こう」ってとこで泣きそうでした!!つーか、この2人なら実現させそう…
お屋敷を離れる2人なのですね!!すっごいやさしい気持ちになれました!!更新ありがとうございました!!
2009/11/25(水) 12:38 | URL | 清水いいち子 #-[ 編集]
とばさん好きです。
なんだか、ほのぼのした感じでいいですね。司とつくしの子供は絶対3人以上はいるって私も思っていました。
つくしなら、楓さんと違って毎月戻ってきそうですね。
2009/11/25(水) 12:53 | URL | ありす #-[ 編集]
清水いいち子さま
きゃああぁぁぁぁっv-345
いいち子さまだああぁぁぁぁっe-420e-420
    ↑
  錯乱中
お越しいただきありがとうございます。
大好き~を3倍返し、えいっ!
この前から、つくしのパンツの事が頭から離れません。
いいち子さまのせいですよおぉ?(笑)e-272
2009/11/25(水) 13:12 | URL | とば #-[ 編集]
ありすさま
こんにちは。
コメント、ありがとうございます。
子供、もっともっと居てもいいですよね。10人とか←え
みんな男で同じ顔なの(笑)クローン?
2009/11/25(水) 13:20 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/25(水) 13:22 | | #[ 編集]
涙ぁ~~~
男ばっかり?
はぁ・・・最初、どんな旅立ちなんだろう??って、ソロソロ・・・っと読んでました。

でも、いいなぁ。
せ~の!で一緒!
遺影も一緒!
それがいい!
ぜったいそうしてほしいなぁ。
もしも・・・・もしも、万が一そうなれなくても。
遺影は一緒にしてほしいな。
待っててって。
そっちに行くまで、待っててねって。
飾らずに。
う・・・涙が、こぼれる・・・

お屋敷の方全員の忠誠心かぁ。
そりゃ、つくしちゃんだもん。
当たり前だよね。
っていうか、たまさん・・・まだがんばってたんだ。
やっぱり妖怪?かも・・・
でも、誰よりも二人の幸せを祈ってるタマさんだから、ずっとずっと長生きしてほしい。
そう思います。

二人でNYかぁ・・・v-10
もうヒトリ?
女の子がほしいなぁ~わ・た・しp(^^)q

ん?
大丈夫でしょ?
だって、司とつくしだもぉ~ん。
日本で、息子たちがなんと言おうと?
万年ラブラブ夫婦でしょ?

つくしにそっくりな、女の子がいいなぁ~!
ね?司ぁ~~
女の子ほしぃ~!ほしぃ~ほしぃ~~~~!
2009/11/25(水) 14:11 | URL | ちふゆ #-[ 編集]
明けカラスさま
こんにちは。
ありがとうございます。実は私も恥ずかしながら涙が出てしまいました。←アホ
司とつくしとタマさんと使用人軍団と、もちろんF3T3も!
皆がすごく好きなので、一旦だけどお別れ、とか考えると切なくて。
やー。湿っぽくなっちゃったな~すいません。ははは。
2009/11/25(水) 14:53 | URL | とば #-[ 編集]
ちふゆさま
待っててねって…・だ、ダメですよおおぉぉぉぉ~e-330
なんと切ない事を言い出すのか、この人は。
うわあぁぁぁぁんe-452
取り乱し。
気を取りなおて、そうそう。タマさん頑張ってます。頑張ってほしい。
いつまでも元気で、もしNYで女の子が生まれたら(笑)お世話に駆けつけてほしいと思います。
2009/11/25(水) 14:59 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/25(水) 15:47 | | #[ 編集]
sukisuki
とばさん、いつもいつも素敵なおはなしおりがとう御座います。出発の日最高・・・遺影もかわいく、切ないし、オメメウルウルです。ライスシャワーつぼです。何かファブ○ーズの3兄弟が頭に浮かんできました。二人の子ならイイ男だろうなーーーーー
2009/11/25(水) 16:18 | URL | yoshiyoshi #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/25(水) 16:52 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/25(水) 17:14 | | #[ 編集]
もう…
あ~とばさんってなんでこんなに素敵なお話書けるの

もう最初からウルウルしてきちゃいそうでした

二人ならきっとずっと一緒に逝きそうよね!
司くんそっくりの坊ちゃん達に囲まれたつくしの姿や、すっかり優しいパパになった(でもつくしが一番の)司くんの姿がそのまま浮かんできます!

ホント幸せなひと時ありがとう!

とばさん!(^з^)-☆Chu!!
2009/11/25(水) 18:05 | URL | まあまま #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/25(水) 22:20 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/26(木) 02:21 | | #[ 編集]
(ゆ)さま
おはようございますv-281
いちにのさんであの世に行く時の話、って、ゲラゲラ笑っちゃいました。
そんで出発の日って・・・心中旅行?とか思ってe-447
ははは。
えっと、事故でも、心中でもなく、そこは気合で←無茶言うな
ところでe-449
ごちそうさまでしたe-449
旦那様の腕の中で…なんて・・・めっちゃラブラブですねe-266ウラヤマシイe-266
なんか、にやけちゃいました。
2009/11/26(木) 06:04 | URL | とば #-[ 編集]
yoshiyoshiさま
こちらこそ、いつもありがとうございます。
2人の子供でしかも男の子って、司とおんなじ顔しか想像できません(笑)。
かわいいだろうな~v-353私なら、米をまこうが何しようがなんでも許しちゃいそうです。
2009/11/26(木) 06:12 | URL | とば #-[ 編集]
いろはさま
おはようございますv-481
ふふふ。ライスシャワー。
『俺が、手伝うように、言った』←やけに区切ってますね。
そう。司も内心つくしに怒られるのが怖いながらも、頑張ってガキども&使用人を庇った感じ。
きっとこのあと『あんた自分のやった事、自分でちゃんと後始末させなきゃダメじゃないのよ!』から始まって、ガミガミ怒られる。
使用人、陰から見てて『坊ちゃん…ホロリ』ってなってる。
ちょっといい話(笑)ですね。
2009/11/26(木) 06:26 | URL | とば #-[ 編集]
keikoさま
ありがとうございますe-68
でもまぐれです。多分。
だって、ホロリをポロリと読み間違えるほどおバカさんだからです(笑)
センパイが長生きしますように。
2009/11/26(木) 06:33 | URL | とば #-[ 編集]
まあままさま
きゃあe-266
ちゅーをもらってしまいましたe-272むはー。
40代つかつく(笑)。「あなた」「つくし」っていうのもステキですが、やっぱりウチの2人には一緒に逝くまで(笑)「あんた」「お前」で呼び合ってほしいなとか思います。

2009/11/26(木) 06:46 | URL | とば #-[ 編集]
usausaさま
こちらこそありがとうございます。
いくつになってもラブラブでいてほしいですe-420
坊ちゃんすっげぇ頑固ジジィとかになって、ガーっとなってゴァーってなって
「オヤジ!血圧上がるって!」
「誰か、ばーちゃん呼んで来い!」
とかやっててほしいですe-446
2009/11/26(木) 08:36 | URL | とば #-[ 編集]
明けカラスさま
うん、見たいですね~。十数年後のe-420
楓さんも、多分40代だけどキレイで若いじゃないですか。
だから司もそんなフケなさそう。しわ1本みたいな感じでお願いしたいです(笑)
つくしも同じく(笑)。
大根、まだ頑張ってます。全然先がみえません・・・が!
やったぁ!レシピ、ゲットだぜ!
さっそく今日のお昼にe-460
2009/11/26(木) 08:43 | URL | とば #-[ 編集]
パワフルつかつく
ガーっとなってゴァーってなって 、いいですね~。
ありえそうでv-411
見ている、まわりの人の方が、先に『チーンv-282』しちゃいそうですけど…

2009/11/26(木) 09:33 | URL | usausa #-[ 編集]
usausaさま
てっ!天国っv-282
ぶふぁーっ!どうしよう、笑いが止まりませんe-330
見、見たい!
司ジジィが杖ふるって暴れて、後ろからつくしババァにバシッとかやられてる所。
ホントに見たいです~~~!!



2009/11/26(木) 10:28 | URL | とば #-[ 編集]
涙がポロリの後・・・
こんにちは!!e-454

おおー、いつのまに・・・
かなり乗り遅れてしまった!
なんか悔しいー。

皆さん盛り上がってますねぇ。
わたしのしんみりした気分と
タマさん、つくしの別れのシーンの涙を返してぇー
くらいに盛り上がってますねェ!

「出発の日」っていうから、どっか旅行?とか思った。
そしたら「遺影」とか2人一緒、どっちが先にから
思い出話なんかしっちゃって、あちらの世界に出発?
なーんて思っちゃったじゃないですかぁ・・・。

でも、違ってても泣いちゃいましたけど(テヘッ!)

とばさんのドタバタ素晴らしい!そして楽しいけど
しんみりもいける口なのですね。
今度は、シリアス系どうでしょう?

杖持った司の暴れん坊ぶりと『チ~ンv-282』には笑いました。


次回も楽しみに待ってます!!

      では、また・・・e-463
2009/11/26(木) 13:49 | URL | magenta #-[ 編集]
magentaさま
なんか、あの世への出発の日だと思った方が結構多かったみたいで。
紛らわしくてスイマセンe-351
思いついた時から、しんみりしんみり。
UPしてもしんみりしんみり来てたんですけど、コメント頂いてお返事書いてるうちにあの世への旅立ちでおかしくなるは、杖振り回して司ジジィは出てくるはで、もうタイトル見ただけで噴き出す始末です。
どうしよう~。皆さんスイマセン。
しかも、magentaさまからコメント頂くと、条件反射で笑っちゃうじゃないですか・・・e-350
なのでシリアスは無理(笑)←責任なすりつけ。
2009/11/26(木) 17:08 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/26(木) 17:41 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/27(金) 21:03 | | #[ 編集]
もずくさま
こんにちは。
ふふふふふ。私、結構好きなんです。女児にメロメロ司。
ん~、でも坊ちゃん&男児によるつくしハーレムも捨てがたいかなぁe-272
子供たちの名前は全然思いつかないので(あくまでつかつく中心だから)イチローでもジローでも
どうぞお好きに・・・・←ひでぇ。
またお暇な時お寄り下されば嬉しいです。
どうもありがとうございました。
2009/11/28(土) 11:32 | URL | とば #-[ 編集]
usausaさま
全然大丈夫ですよ~!
っていうか、これこそウチのノリ!って感じでホッとしましたe-271
楽しかった。楽しかった。
ジジィ言い出したの私なのに・・・却ってすいませんでしたe-330
2009/11/28(土) 11:36 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/28(土) 12:29 | | #[ 編集]
じぃ~んとしてきゅ~ん!
もう、なんて素敵な話なんだ!
二人してめちゃくちゃ笑ってる遺影…いちにのさんで一緒に逝こう…でホロリとしてじぃ~ん

親になっても「あんた」「お前」のラブラブバカップル最高っす!
「最愛の妻に日本で最後のキスをした」坊ちゃんにきゅ~んです。完全にやられました

タマさん、道明寺家のスタッフのみなさん、とばさん、本当にありがとう!

・・・・あっ、とばさん、御想像のとおりぴょん太はv-535のほうです
2009/11/28(土) 18:11 | URL | ぴょん太 #-[ 編集]
泣いちゃった…
とばさん…凄い。
愛のエロのあとは、ちよっと硬派な?愛情溢れる家族の物語だし。
子育て一段落の威厳ある道明寺と、彼を支える妻つくしの姿が浮かんでくるようです。
タマさんとのくだりで不覚にも涙しましたv-36

いやはや…とばさんって何者なのですか?????
2009/11/28(土) 19:09 | URL | 紫紺 #v9aI.q/w[ 編集]
ぴょん太さま
こんにちはv-278
道明寺家の使用人の皆さんにまで(笑)
ありがとうございますe-350
一緒に逝けたらいいですよね。
手を繋いでね。きゅっとね。
いい人生だったねって笑って逝けたらいいですね。
おっと~、またセンチメンタルに・・・・・自主規制かけます(笑)
2009/11/30(月) 13:43 | URL | とば #-[ 編集]
紫紺さま
こんにちは。
e-449いえ、あの、私にしてはこの話のほうが気の迷いです。多分。
だって、いつもはくだらないことばっかり考えているのでe-420
ありがとうございました。
               
2009/11/30(月) 13:51 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/02(水) 17:19 | | #[ 編集]
meguさま
こんばんはv-483
(笑)やっぱり思っちゃいましたか、違う世界への旅立ち!
何だろう、遺影が悪いんですね、やっぱりe-350
コメントありがとうございます。
おかげさまでPCに向かう気力をもらいました。
いや~何か最近眠くて眠くて、いっつも家族が全員寝付いてから起きだしてゴソゴソしているのに(そうしないと子供がウルサイ)ここ何日か朝まで爆睡だったのでe-270
これから久しぶりに(スイマセン)更新など。では。
2009/12/02(水) 22:46 | URL | とば #-[ 編集]
名作
今更ですが、コメントさせてください!

何度読んでもじーんと泣ける話です。
とばさまのつくしと司は原作ママなので、つくつか成分キレたときにお世話になってます(笑)

これからも大事に大事に読ませていただきます。
2010/03/30(火) 07:49 | URL | たん #-[ 編集]
たんさま
こんにちは
ありがとうございますv-344うれしい、うれしいv-343
拙い話ばかりでございますが、つかつく成分100%は間違いなしなので、どうぞヨロシクお願いたします。
つかつく成分ってなんかステキですねe-420と言いながら頭の中はアルカリ泉、とか硫黄泉とか温泉の成分表示でいっぱいな私は疲れているんでしょうか(笑)。夜勤明けで~す!
2010/03/31(水) 11:00 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/07(月) 01:11 | | #[ 編集]
けんけんのママさま
こんばんは
ありがとうございます~。
すごくすごく、嬉しいです~。
ホントにホントに嬉しいです~。
何度も読んで頂いちゃったら、アラが見えたりしてちょっと恥ずかしいんですけど(笑)。
こうしてコメント頂くたびに、読み返してヘンなところを直したりしています。
そんな意味でもありがとうございました(笑)。

2010/06/08(火) 02:47 | URL | とば #-[ 編集]
やっぱり号泣でした。
いつもステキな作品をありがとうございます。最新のお話を読んだあと、もう一度こちらのお話を読み返しにきました。

以前に読んだ時も、確か号泣だった。今日もまた号泣で、タマさんの登場から鳴咽がもれる程で。

やっぱり、とばさんの甘くて深いお話が大好きです。
とばさん、大好きです。(←阿呆なことを書いてごめんなさい(笑))
2010/07/24(土) 15:53 | URL | ともり #-[ 編集]
ともりさま
こんにちは
わー!
こちらこそ感謝の気持ちでいっぱいです。
コメントまでありがとうございます。
泣かないで下さい~e-330タマさんまだまだ大丈夫ですよ~。
いつまでもあの杖を振り回しながら、元気に使用人たち(と坊ちゃん)に喝を入れていって欲しいと思います。
ありがとうございましたv-344
2010/07/26(月) 11:31 | URL | とば #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する