FC2ブログ

つかつく砂吐き推進委員です。ヨロシクお願いいたします。

専務と私~天国と地獄・前~

×××前





『・・・・れで、カシハラ君・・・・階段で・・・・・牧野さん・・・・・・・総務の子が見たって・・・・・』
『うっわ~・・・・・っちゃった・・・・・・・・専務が・・・・・・無理・・・ねぇ・・・』

『なに、結局玉砕?』

ったく何で女の噂話ってのは、こんなに神経ガリガリ引っ掻いてくるんだ。
・・・・・・・・イラつく。
ピーピー鳴く噂好きの女どもも、その内容も。


・・・・・・・・・・・・・。
何もかも上手くいかない一日ってのは、確かにある。
例えば今日とか。
一週間の出張で、出発前にたっぷりしてったはずの充電なんて1日で消費、もう牧野切れでどーしよーもねーみたいな感じのところにジェットの整備がどーとかでさらに帰国が延びて、それを待ってる間、取引先とメシ喰ってたら何故かそいつの娘まで同席しててヘンな目くばせしてきやがったり。
西田は現地での調整があって一日遅れで帰国するから、明日一日は慣れねぇ第二秘書、なんつったけ、名前。まあいいか、そいつと動かなきゃなんなかったり、ヒコーキ遅れるって牧野に電話したら出なかったり。
まあ、仕事中は切ってるから予想はしてたが、俺が海外出張の時くらい入れとけ電源、みてぇな。俺に何かあっても連絡取れねーじゃねぇかよ。
再三言ってるのに聞きやしねぇ。
「俺に何かって、例えば何?」
「ビョーキとか」
「淋しい病?」
「るせぇ」
あははと笑った口に咬みついたら、もっと笑いながら咬み返してきた。
「やだよ、あんた空き時間たんびに電話してくるんだもん。仕事にならない」
するに決まってんじゃねぇか、バーカ。フツーすんだろ?
まあいい。カワイクねー強がりなんていつもの事、と笑っていられた。
ついさっきまでは。

・・・・・んだよ、今の。
げっそりするようなシゴトこなしてきた俺に、あったかい歓迎してくれるじゃねーか。
エントランスを横切ってエレベーターへ向かう。
おかえりなさいませ、と頭を下げてくる奴らを睨み回したら一斉に後ずさった。
ボタンを押して、52階。
牧野はそこにいる。


ガンッ!
バンッ!
ガチャッ!
「いひゃあ!」

一連の物音に、横の小さな部屋からどんがらがッシャンみてーな音がして、続く牧野の奇声。
「ファイルがぁ~~~~!!!」
つーか、一週間ぶりに聞く愛しい女の第一声が、いひゃあって何だよみたいな。
まっすぐ覗きに行くと、確かにいひゃあな光景が広がっていた。
バラけたファイルで床見えねぇ。
「ドアが壊れる!」
一週間ぶりの牧野は、まるで今朝も会ったみてぇにフランクな感じで笑った。
ファイルの海をピョンと跳び越えこっち来て。
グラッとなって腕に飛び込んできた。
「わっ!・・・・・あはははは、おかえり、出張どうだった?」
腕の中から見上げる顔に堪らなくなってキスをする。
牧野は笑った形のまま応えてきて、俺を映していたデカイ目が、ゆっくりと閉じられた。

ああ、やっぱすげぇ気持ちいい。
まだ舌も入れてないのに、くっつけてるだけなのにゾクゾクするほど気持ち良くて。
幸福感で胸が溢れて全身に甘美な苦痛が広がっていく。
久しぶりのその感覚に夢中になって、背中に廻した腕に力を込めた。
ぴったりと沿ってくる細い身体はまだ硬い。
ホントは一気に深めたいところを、自制心総動員でゆっくり味わっていく。
くちびるに軽く吸いつくと
「あま・・・」
「ああ、ゴメン、今日グロス間違えて味付いてんの」
「すげぇ甘い」
「ゴメンって、じゃあやめる?」
「やめねぇ」
ピチャピチャと音をたてて甘さを全部舐めとると、やっと出てきたヌードの唇と小さな吐息。
舌で割り入ると柔らかく応えてきた。
「舌が、甘いね」
くすくす笑う。
愛撫に応える柔らかさが、しがみついてくる腕の力が、ふにゃっと力を抜いてもたれかかってくる身体が、会えなくて淋しかったって言ってるみたいで、愛おしくてしょうがなくなる。
 
今すぐ抱きたい

強い衝動が沸き上がってきて頭を占めた。
それしか考えられなくなって、キスしながら笑った。
10代のガキか。
頭ん中はスケベな事でいっぱい。
いくらアレだからってマズイだろ、もうちょっと待て。せめてホテルの部屋まで。
ドア一歩でも入ったら何しても許すから。
まあ、俺が許しても牧野は許さねーかもしんねーけど。

ちゅ、と小さく音をたてて離れると牧野が密やかに息をつく。
すっぽりと胸の中にしまいこんで、毎晩夢に見た感触を味わった。
「西田さんからメール来てた。明日、カシハラさんが代行だけど、困らせないようにって」
ああそうだ。樫原だった、第二秘書。
樫原だった。
・・・・・・・・・・・・・樫原・・・・・

ウワサ話、総括。
『カシハラ君、牧野さんに告って玉砕だって~』
多分、絶対。

「・・・・なあ牧野」
「ん?」
「お前社内でカシハラっつー知り合い何人いる?」
「え、カシハラさんは一人でしょ。カシワバラさんなら総務にいるけど」
「へえ」
じゃあ、あいつだ。確定。
「・・・・・・・・・・・なに赤くなってんだよ」
「えっ!ああ赤くなんかなってないよ」

ゆっくりと、身体の中で蠢きだす。
ドロドロとした熱の塊。

「牧野」
多分、造り物みてぇな顔になってるんだろう。
顔を上げた牧野が一瞬ひるむ。
「・・・・・・・・・なに?」
「俺のいない時、何かあった?」
「べ別に何もないよ」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・へぇ」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・どうしたの?」
ごくんと、牧野が息をのみ込む。
「カシハラとは?」
言ってやると目を見開いて視線を揺らした。

ああ、牧野。

いつもはそんなこと思いもしねぇってのに、この衝動は何だろうな。
嫉妬とか独占欲とか、そんなんじゃねぇ。
例えて言うなら。
苛めてやりたい、みてぇな。
背中を抱いていた手を、するすると上にあげて頭の後ろから固定する。
「ちが・・・」
何か言おうとした口を、無理矢理塞いだ。
腹の底から昇ってきた黒い熱を、全部牧野の中に叩きこむ。
「んっ・・・んんん~・・・んぅ・・・」

なあ、牧野。
別に怒ってる訳じゃねぇ。
ちがうって何だよ。浮気してねぇとかそういう事?
ちゃんと断ったとか?
・・・・・・・・当たり前の事言ってんじゃねぇよ。

ぐちゅぐちゅと、響く中に牧野の苦しそうな呻き。
さっきの名残で充血した唇を大きくあけさせて、顎を無理矢理押さえつけて、捕食みたいなキスを繰り返す。
どんどんと背中を叩く拳を無視して、ブラウスのボタンを外しだしたら身をよじって抵抗するのが何か頭にきて、ちょっと力入れたらボタンが飛んで床にカツンと音を立てた。
「んんっ!んんっん~!!」
「ッ・・・」
抵抗する手がガリッと手首を引っかけて、尖った痛みに思わず離した。

「やだって言ってる!このバカ男!何してくれてんのよっ!」」
唇が離れた途端に悪態つきやがってカワイクねぇ。
愛撫だよ、文句あっか。
「・・・・・・・・・何回、笑いかけてやった?」
「は?」
「樫原惚れさすまで、何回笑ってやった?」
「なに?意味わかんない、ちょっと、やだって」
大きく開いたブラウスの胸元から手を突っ込んで、頼りない細い紐を落としてやる。
「何回目ぇあわした?何回喋った?なあ」
「知らないよ、そんなの。やめてって言って・・やっ!」
グッと引き下げて喰いついたら、悲鳴みたいな声を上げた。
「俺がいなくっても結構楽しくやってんじゃねぇ?」
途端にぴたりと、牧野の動きが止まる。
息を呑む気配。
そしてヒュッ・・・と空気を切る音が耳に届き。

ガンッ!!

「ってぇ~~~~~~~!!!」
頭のてっぺんにゲンコツ落とされた。




             後編へ

                                 


0574.gif




コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/14(土) 12:56 | | #[ 編集]
「理不尽」と書いて・・・それは司坊ちゃんとも読む?
こんにちは!!e-454

更新ありがとうe-415

出ました!
坊ちゃんの理不尽なヤキモチe-269
つくしも負けずにやり返してるけど・・・e-329e-281

つくしは隙が多いんだろうけど
惚れられるのは、防ぎようがないよね。

しかし、告った奴はチャレンジャーだねェ・・・
司とつくしがつきあってるって知らなかった?
暗黙の了解ってやつ?!
きっと、そういうのに疎い人なんだろうね。

でも坊ちゃん、告った男まちがえてないか?
“総務の”を忘れてる・・・。

つくしも大変だろうけど
第二秘書の樫原さん、理不尽な目にあうんだろうなあ・・・    

後編も楽しみです!!


     では、また・・・e-269
2009/11/14(土) 15:17 | URL | magenta #-[ 編集]
ありままさま
こんにちは。
コメントありがとうございますv-535
次で切り替えせるでしょうか(笑)
専務、ジェラってる時、話通じませんよ~。ははははは←笑うとこ?
つくし切れで禁断症状が出ているんだと思います。
補給すると大人しくなる。多分(笑)。


2009/11/14(土) 16:21 | URL | とば #-[ 編集]
magentaさま
こんにちはe-269
燃えてますねe-269
そう!ぴったりです『理不尽』v-218ゲラゲラ
ええ、でもそんな所も・・・e-415←エッ
樫原さん、せっかく坊ちゃんのいない隙を狙って告ったのに、お断りされるは噂になるはでかわいそうv-406
後半もっとひどい目に会うのか合わないのかe-270

今日もありがとうございましたv-344
2009/11/14(土) 16:33 | URL | とば #-[ 編集]
待ってました
専務と私シリーズv-398いいですね。
坊っちゃんの嫉妬、好きなんですよ~v-398

後編、楽しみですv-343
さらに、暴走e-282してくれるかな~。
2009/11/14(土) 19:48 | URL | usausa #-[ 編集]
magentaさん、ナイス!ピッタリです。
つかさ
理不尽かぁ~!
ピッタリ!

まったく、つくし不足の時ってば・・・
冬眠から目覚めたばかりの熊くらい?
つくしが食べたくてしょうがないんだもんね❤
グルルぅ~~ちがった!
グフフ (#^.^#)

カシハラさん、残念だったねぇ。
せっかく、司の第二秘書だったのにねぇ・・・
アラスカ・・・アブダビ・・・カラチ?
あぁ・・・奮戦地域だけは避けてあげてね♪
司坊ちゃん。
つくしにげんこつ、『また』また落とされちゃうヨ!
2009/11/14(土) 19:51 | URL | ちふゆ #-[ 編集]
暴走!
更新、お疲れ様です~
お待ち申し上げておりました。


いいねえ、いいねえ。
俺様、妄想炸裂、暴走中って感じ。

このスンドメ感、くせになってます・・・

ちふゆさん同様、カシハラくんの今後の勤務地が非常に気になるところです。
2009/11/14(土) 21:57 | URL | やのえ #-[ 編集]
usausaさま
こんばんは。
私も好きですe-350
後編に向けて専務室の鍵も(坊ちゃんが)かけたし(ガチャっていってましたね)準備万端です。なんの。
2009/11/14(土) 22:17 | URL | とば #-[ 編集]
ちふゆさま
こんばんは。
ホント理不尽、ナイスv-218ですよね(笑)
っつーかカシハラさん、もうトバされること決定ですか!e-270
第二秘書だったって既に過去形になってる事にウケました。
2009/11/14(土) 22:22 | URL | とば #-[ 編集]
やのえさま
こんばんは。
ホント寸止めばっかりでe-16
久しぶりに専務シリーズの基本系の坊ちゃんを書いたら(嫉妬深く、すぐ襲いかかる)
ホントしょーもないヒトだなぁってちょっと笑っちゃいました。
暴走しておりますv-355
2009/11/14(土) 22:32 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/15(日) 01:09 | | #[ 編集]
待ってました
いいですね司君の嫉妬&暴走そんでもって何気にエロっぽいトコロ・・・・でもまたつくしちゃんに翻弄されてゴメンかな後半楽しみにしています。
2009/11/15(日) 17:22 | URL | yoshiyoshi #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/15(日) 17:28 | | #[ 編集]
いろはさま
こんばんは。
コメント頂きどうもありがとうございますv-345
暴走中。
出張帰って来てさっそくヤキモチ妬いてドタバタして、忙しいですね。
後半はいつものイチャイチャで(笑)。
2009/11/15(日) 23:53 | URL | とば #-[ 編集]
yoshiyoshiさま
こんばんは。
ふふふ。スイマセン。専務謝らせられるシリーズ(笑)
もちろん今回も。
後編で男らしく謝ってますe-287
2009/11/16(月) 00:00 | URL | とば #-[ 編集]
明けカラスさま
コメントありがとうございますv-22
体調の方はいかがでしょうか。
寒くなってきましたので、どうぞ御自愛くださいませ。
最近あまり、ほのぼの脳にならなくて困ります(笑)。
2009/11/16(月) 00:23 | URL | とば #-[ 編集]
待ってました\(≧▽≦)丿
ちょっと出かけてて二三日見ない間に…更新が(*‘‐^)-☆

妬気持ちやく司くん、とってもツボです

後半もとっても楽しみ、わくわくしながら待ってます


2009/11/16(月) 17:37 | URL | まあまま #-[ 編集]
まあままさま
ありがとうございます~e-415
今、後編をUPしたところで、ビクビクしております。
えーと、Rとか大丈夫でしたらどうぞe-68
2009/11/16(月) 23:01 | URL | とば #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する