FC2ブログ

つかつく砂吐き推進委員です。ヨロシクお願いいたします。

エンジェリック~1年後・後~

ヌルイですが18禁です。年齢に達しない皆様はお控えください。成年でも、そういった表現がお嫌いな方はお戻りください。頼むから。






飛んだデータはどこに?
つくしがパソコンと格闘していると、司が目を覚ます。
むくり、と起き上がって。
「うわ、すげぇ」
ビッショビショ。
気持ち悪そうにパジャマをつまむ。
「おはよ、っつーか夜だけど」
顔色がだいぶ良くなったのにほっと息をついた。
冷蔵庫からポカリを取って手渡す。
「多分、熱下がってる。7度以下だったらシャワー入っていいよ」
勢いよく起き上がった彼は熱が下がって楽になったのか、さっきまでの弱ってた感じは微塵もなくて。
良かったって言うか残念っていうか。
カワイかったんだけどな。
こっそり笑ったら、何だよみたいな顔で睨まれた。。


ピピピッ・・・と鳴った表示は6度9分。
「ギリギリセーフ。お腹すかない?何か食べる?」
「先にシャワー行く。キモチ悪りぃ」
注意して見たら気づいたかもしれない。
形のいい唇が、微かにクッと端を上げたのを。
でもつくしの頭の中は8割が『健康診断のデータはどこに飛んだか』で占められていて。
「ふらふらする。肩貸して」
「うん、大丈夫?」
簡単に、嵌まった。


バスルームまで司を連れてきて、それじゃあと部屋に戻ろうとしたところを

グイッ

「え?ちょっと?ちょっとちょっとちょっと!!」
目を丸くするつくしの腕を掴んでパジャマのまま、白衣のまま、
バスルームに入って思い切りシャワーコックを捻った。
「ちょっとって~~~!!!」

ザアアァァァァァ・・・・・・
  ザアアアァァァァァァァ・・・・・・・

一瞬でびしょ濡れずぶ濡れ2人とも。
あんぐりと口を開ける顔を、二ンマリと覗き込んで笑ってやった。
「身体つらいから手伝えよ」
「濡らす前に口で頼めっ!」
ビシイィッ!!
手の平返して突っ込んだ。
笑った司はザーザーとお湯が降る中パジャマを脱いで放り投げ、
今度はつくしの白衣に手を掛けてくる。
「いいっ、あたしは!」
「ああ?おかしいだろ、服のままシャワーとか」
「あんたのせいでしょっ!」
伸びてくる手を引き剥がそうと上から掴むと、大きい手がいきなり
くるりと返されて、両手がやんわりと掴まれる。
そのまま彼の首まで持ち上げられて、抱きつく格好にさせられた。
「お前、ちょっとここ持ってろ」
「持ってろってんんんん・・・・ぅ」

ザアアアアアァァァァァ・・・・・

水音が響く。
紛れるように、くち・・・ちゅ・・・・と不規則な音が立つ。
何度も、手を離しては戻されたつくしが、徐々に深くなるキスに震えながらしがみつく。
変化を感じ取った司のくちびるが喉元を辿り、下へ降りて行くのと
同時に白衣のジッパーが下ろされた。
「やぁ・・・・だ」
力なんて入ってない。
ああ、こうなったらもうダメだ。
伏せた睫毛の隙間から見える熱っぽい瞳を見ると、どこかのスイッチが入る。
だって、こういう目をする時はいっつもいやらしい事ばっかりするから。

  だから

     条件反射みたいに身体が反応するんだ。

わざとみたいに音をたてて舐めまわしながら、器用な両手が剥がしていく。
布と理性。


ビチャリ

たっぷりと水を吸った白衣が放り投げられ、その音につくしの注意が向く。
ん?
・・・・・・・・・・・・・・
「・・・・・・・・・・・・・・・・・あ・・あああああっ!!」
「チッ、正気づきやがった」
見下ろせばすでに下着姿で、ホックに手がかかっているところで。
「やめなさいあんた!病人が何してんのよっ!」
ぷちん
「ああやっと外れた。濡れてると取りづれぇな」
「聞けぇぇぇぇぇっ!!ダメだってもう!離れろっバカ!」
膝立ちになって巻き付いてくるそのバカを、どうにかしようと暴れるが全く効果はなく。
「道明寺っ!病気悪くなるからっ!」
「これ以上悪くなんねぇよ。もう末期だ」
艶を含んだ視線を向けられ動きが止まる。

どくん

「牧野病」
きゅう、と紅い印がつけられた。

「治ったら覚えてろって言ったろ?」
上目づかいに見る欲を垂らした視線に、足が崩れ落ちそうになる。
「治ってないし!・・・ダメ、また熱が上がるんだから」
「ダメとイヤ禁止な。一回言うごとに一回追加」
「バカなに言っ・・・・ぅ・・く」
「バカも禁止」

するりと手を差し入れる。
小さな布の中。
この一年で大分覚えた。
どうすれば甘い声を出し始めるかとか。
最終的にはどうであれ、最初は優しくしないとダメだとか。
どこを触ればどうなるかとか。
ココが好きだとか
「だって準備できてんだろ」
ち・・・・・ぴちゃ・・・・
「・・・・・・・・・っ・・・・・・ぅ・・・・」
ほらな、力が抜ける。
後は口開けて待ってれば、ほら。
ゆっくりと下りてくる。

出しっぱなしのシャワーが牧野を伝って流れおちる。
水が纏わる白い細い身体を、本当に綺麗だと思う。
何より大事な俺の奇跡。

「なあ、牧野?」

ふくらみに喰いつく寸前。
「ビョーキで弱ってんのにセックスしたくなるのは何で?」
煽るつもりで聞いてやったのに
「・・せ・・生物としての一個体が危機的状態に陥ると、
種の保存のための本能が働いてあああんんんっっ!!」
ぐちぐちぐちぐち
「アホが」
萎えさせるつもりかバカナース。

中で2本動かしたまま抱き上げる。
背中につ・・とした痛みを感じて、それすら嬉しくてくちづける。
ベッドにおろした時はもう限界。
ぐちり、と
アツい場所から指を引き抜くと、追い縋るみたいに絡んできて、
かわりに塞いだものが一気に引きずり込まれた。
苦痛なのか充足なのか、ひときわ高くなった声が脳を掻きまわして、
理性とかそんなのがぽろぽろと剥がれおちていく。
「ふ・・・ぁ・・・ダメ・・・・ねつ・・・ぁ・・・」
ナース魂っつーのか?
こんなぐちゃぐちゃになってる時まで顔出しやがって、余計な事考えてんじゃねぇよ。
お前なんか気持ち良くなる事だけ考えてりゃいい。
「・・・だ・・め・・やぁ・・・」
「ダメとヤダ禁止だっつったろ」
ぶっ飛んだ脳じゃ、ブレーキが効かなくて。
衝動に従った。

背中に手ぇ掛けて引き起こす。
いきなり入れ替わった位置関係に、びっくりしていた顔が、
その体勢に思い当ったのか一気に茹だる。
「やだっ!いやだ、やだやだやだやだ・・・あぁ・・・っ・・・」
深さに、思わずって感じで声を漏らして恥ずかしがって更に赤くなる。
「お前、マジそそる」
ゆっくりと、押し上げると、きゅーみたいな顔して震えた。
「おろして・・・やだぁ・・・」
消え入りそうにカワイイ声でお願いとかして、いつもなら聞いてやるとこだけど。
「追加分、一回で済ましてやるよ」
そのまま一気に揺さぶった。
「やっあ・あ・ああぁぁぁ・・・・っ・・・・・!」
また熱が上がってきたのか、ゆるく霞んだ視界の中で牧野だけがいっぱいになって。
幸福感にぶっ飛びそうになる。
病める時だって、幸せで仕方ねぇ。


   ああ


   『早くこの女が俺だけのものになりますように』


お願いなんてしたのは多分熱のせい。
お前も一緒の気持ちならいい。
愛しくて愛しくてたまんねぇ女。
一緒に行きたい。
人生のずっと先とか未来とか将来とか何でもいいけど。
ずっとずっとずっと。






でもまあ取りあえず今は

「ほら、一緒に・・・行こうぜ・・・・・」
      天国

見つめ続ける瞳からポツンと雫。
陶然と、蕩けた表情に更に追い上げられて追い上げて
頭ん中空っぽで訳わかんなくなってただアイシテルしか考えられなくなって
その果てに




         天に昇った








***


そのまま司の熱は下がって全快し。
代わりにというか宣言通り、つくしが熱を出した。
翌日の夕方。

「感染ったな」
「宣言通りでしょ?」
熱に強いのも言ったとおりでしょ?
ベッドに入って笑う、38度8分。
司の手にはメロンとアイスクリームとびわゼリーとモモ缶。
「喰えんのか?」
「ヨユーだよ」
「ぶっ・・・すげぇな雑草パワー」
「るさい。アイス食べたい」
そのまま、あ~んと開いた口にアイスクリームを入れてやって。
すっごく美味しいと満足そうな笑顔につられて笑う。
すっげぇすっげぇすっげぇカワイイ。
ああ、どうしてくれようかこの女。
うっとりと、見ていた司につくしが言った。

「いつもすまないねぇ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・マジかよ

言うつもりなんてなかった。
だって、まるっきりアホじゃねぇか。
聞こえねぇフリしてスルーするつもりだったのに。

熱のせいかほんのりと頬を染めて。
目をキラキラさせて。
にっこり笑って。
すっげぇ期待している感じで見られたら。
そんなカワイイ顔してねだられたら。

   もう観念するしかない


蕩けるような優しい顔で、言ってやった。

「それは言わない約束でひょ・・やべ、噛んだ」
「芝居が甘ぁいっ!!」
ビシッ!
「いてぇっ!」





                     Fin




0574.gif
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/02(月) 11:17 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/02(月) 12:45 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/02(月) 13:15 | | #[ 編集]
笑った!!
こんにちは!!e-454

ブッワハハ…爆・爆

やった、やってくれましたね
つくしちゃん(ていうか、とばさん)!
それにつきあう司もいいねぇ。
蕩けるような優しい顔って、どんなの
見・見たい。この現場!!
おまけに司ったら噛んじゃうし
一人笑い転げてます…家にだれもいなくてよかったよ。

あま~い、天国への2人もこれでぶっ飛んじゃった!

しかしさすが猛獣、司。
熱が引いたとはいえ、病み上がりで
あ~んなことや、そ~んなことしちゃって・・・
司に愛されすぎちゃって、大変ね。つくしちゃん!!
案外、熱は風邪のせいだけじゃなかったりして。。。

そんなとばさんのお話、大好きですe-266


+ + +

寒くなってしまいました。
雪かきの季節が来ます(した、かな?北海道は)
朝、見たニュースじゃ、札幌なんか結構雪降ってましたね。
こっちは地面が濡れる程度です。(小雨なのかなぁ)
山の方は降ってんだろうけど。

新型、季節性インフルもありますので、お体ご自愛ください。


      では、また・・・e-463
2009/11/02(月) 15:00 | URL | magenta #-[ 編集]
やっちゃってください(笑)
後編待ってました!

坊っちゃんたら熱が下がったとたん、野獣に変身。
さすがです(笑)
そんな事するからつくしちゃん熱出しちゃったのでは?

最後のドリフのオチがいい味だしてます。
ごちそうさまでした。
2009/11/02(月) 15:05 | URL | shu #-[ 編集]
いろはさま
こんにちはv-278
コメントありがとうございます。
v-11噛んじゃった。
プレッシャーに弱いのでしょうか?意外に。
いいえ、つくしのカワイイ様子にドキドキって事で…・
2009/11/02(月) 15:31 | URL | とば #-[ 編集]
keikoさま
ぶうっe-449e-449e-449
き、聞いちゃいましたよ?
ゴチソウサマです。
ドリフまで行けて、嬉しかったです。
途中坊ちゃんが、なんかポエム呟きだしてどうなる事かと…
2009/11/02(月) 15:36 | URL | とば #-[ 編集]
くろうさぎさま
鼻血ぶー高木ブーe-420
コメントありがとうございます。
司の逆襲編でした。
すっごい甘えてたくせに、ちょっと良くなったら・・・・ねぇ?
つくしも大変。
2009/11/02(月) 15:43 | URL | とば #-[ 編集]
magentaさま
こんにちは。
私も見たい~~e-350蕩けるような笑顔~~~e-266むはー。
多分近くで見たら悶絶、なのでカーテンの陰くらいで←覗きかよ
司、セリフ噛んじゃいましたね。
やっぱり、お坊ちゃまにはハードルが高かったのでしょうか。

v-276v-276
雪ね、今日降りましたよ~。
e-125車のタイヤ交換が面倒です。
2009/11/02(月) 15:57 | URL | とば #-[ 編集]
shuさま
おそまつさまでした。
熱が下がったとたん、騙すように・・・・・e-449e-449
濡らしちゃえばいいか、みたいな

普通の方の意味です。
なんか、久しぶりにR書いたら楽しかったですv-344
ありがとうございました。
2009/11/02(月) 16:05 | URL | とば #-[ 編集]
久しぶりなエロ坊っちゃんv-346
最高でした。
とばさん、天才~v-438
2009/11/02(月) 19:07 | URL | usausa #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/02(月) 20:08 | | #[ 編集]
待ってましたわ♪
エロいけれど、愛があって、つくしはどこまでもつくしらしくて司もどこまでも司らしくて何も変わってないところが素敵v-20

オチがまた、いいですわ~。
R18…ちょっと好きと言ってましたが、とばさん作に限ってはかなり好きですv-238
2009/11/02(月) 20:54 | URL | 紫紺 #v9aI.q/w[ 編集]
それは言わない約束でひょ・・
それは言わない約束でひょ・・・ひょ・・・ひょ・・・
グハハハハ~~~!
噛んだってアセアセしてる司がおかしぃ~~~

エロエロ司との対比がたまんなぁ~~い。
前半と後半の司は同一司なんだろうか・・??

やっぱり、たまんないぃ~~♪

エロエロ司も、言わない約束でひょ!の司も
大好きよお~

そして、そんな司をメロメロにしてるつくしちゃん!
あんたはやっぱりぃ~稀有な存在だわ!
司が・・ひょ!だよぉ~

で?次は?次は何をする??
えっとねぇ~東村○音頭とかぁ~
白鳥さんで・・・おどって・・・あ、無理。
想像できないわ。

あれ・・なんか、コメントが変な方向に流れちゃった・・・ごめんなさい。

興奮しすぎ??
2009/11/02(月) 21:22 | URL | ちふゆ #-[ 編集]
usausaさま
こんばんは。
え、エロかったですか・・・e-449
読み返すと、効果音が成年マンガみたいだな~と思いました。
コメントありがとうございました。
2009/11/02(月) 23:24 | URL | とば #-[ 編集]
明けカラスさま
こんばんはv-483
だ、大丈夫ですか。
笑いが乾いてますが(笑)。
よろしければ懲りずにまた寄ってやってくださいe-466
2009/11/02(月) 23:34 | URL | とば #-[ 編集]
紫紺さま
ぐはっe-449
こ・・・・殺し文句…
ありがとうございます。
暴走する坊ちゃん、ちょっとメーワクなつくし。
何年たっても、ウェルカムなつくしって想像できなくて(笑)
嬉しいコメントありがとうございましたe-420
2009/11/02(月) 23:50 | URL | とば #-[ 編集]
ちふゆさま
やっちゃいましたe-420
噛んだけどe-420
本懐遂げました←オオゲサ
ひがしむらやぁまぁ~e-291懐かしいです。
お若い方には何が何だかの世界?
ありがとうございました。
2009/11/03(火) 00:01 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/03(火) 00:56 | | #[ 編集]
nanasanさま
いいえ、全然。
とても嬉しいコメントを頂いてしまいましたe-449
はい。坊ちゃんはつくしがいればどんな時だって幸せ。
私も、そういう2人が好きですe-266
2009/11/03(火) 14:59 | URL | とば #-[ 編集]
待ってましたぁ~
今回も、笑わせていただきました。
…周囲からの冷たい視線を浴びつつ。
もう、2人ともカワイすぎるよ~。
幸せな時間をありがとうございました♪
2009/11/03(火) 15:19 | URL | やのえ #-[ 編集]
やのえさま
v-278こんにちは
こちらこそお寄りいただいてありがとうございました。
嬉しいです~v-343
これからもヨロシクお願いいたします。
2009/11/04(水) 15:45 | URL | とば #-[ 編集]
たまりません
もうもうもう!!
たまりません!!!
二人のイチャイチャは私の何よりの幸せな瞬間です。
しかも本当にお話がステキで上手で・・・
二人の甘い雰囲気を掻いてくださることに感謝です。

はぁ~~~それにしても・・・
司・・・そんなにつくしが好きで・・・
愛しすぎてむしろ死んじゃう??(笑)
2010/07/30(金) 19:29 | URL | rann #sowQq82.[ 編集]
またまたまた…
もう何回目?っていうくらい最初から読み返しちゃいました(笑) 

このお話も、どのお話も可愛くて好きです(*´∀`*)

新しい連載?も始められたようなので、頭を“とばさんモード”に!再び他のお話も読み返した次第で。。。

ああぁ幸せをいつもありがとうございます!!
2011/08/31(水) 01:06 | URL | Rietje #-[ 編集]
Rietjeさま
こんにちは
こちらこそ、遠くからありがとうございます。
わー、初期の話で、懐かしいのと恥ずかしいのと嬉しいのが3割ずつです。
(あと1割はいつか修正しなきゃ、です)
過去のも読んでくださってありがとうございます~。
もう、勢いだけでやっていて(それは今もなんですけど////)文法とかもめちゃめちゃです。
赤面するしかないんですけど、えーと、が、頑張りますe-449

2011/08/31(水) 10:44 | URL | とば #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/21(水) 21:55 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する